スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

金投資と金ETF 

金価格連動型上場投資信託(金ETF)が8月10日に大証に上場になりました。1328
金価格に連動する社債等の有価証券に投資することにより、金連動ETFの基準価額が金現物価格に連動する投資成果を目指すETFで、金の現物そのものを購入するわけではありません。
1口=金1g分で、今日(9月21日)の終値が2760円です。投資単位は10口単位なので、2万8000円ぐらいの資金から投資可能です。
信用取引も可能で、信用買い・信用売りともにできます。

ETFなので、手数料は株と一緒で、各証券会社によって違います。イートレードや松井、岡三オンライン証券、などの1日10万円以下手数料無料の証券会社を使えば、手数料0円で買うことも可能です。

税金も株と一緒で、10%の分離課税です。株と損益通算する事もできます。投資信託とも損益通算できますが、条件が有るので、詳しくは投資信託の税金をご覧ください。


  金投資のメリット 三菱商事HPより
金本来の「通貨」としての側面が強く世界共通の価値を持っています。
各国の中央銀行が支払準備金として金を大量に保有しています。
世界市場で公正な価格で取引きされています。
最大の金保有国である米国の保有は約8000トン、世界年間需給の2.5倍にも及びます。
インフレや社会変動に強いです。
換金性がよいです。
希少性が高いです。
永遠に美しい輝きが保持されます。

NY金価格(米ドル建て)(←New York market priceにチェックを入れ、1960年~2005年にして見てください)の推移を見てみると。
1973→1974年と1978→1980年で金価格が大きく跳ね上がっているのが分かります。
この時何があったのか?

オイルショックですね。オイルショックは中東戦争やイラン革命が原因なので、有事の金的な見方もあるかもしれませんが、それよりも原油高によるインフレというという理由が大きいかと思います。インフレに強い金。ただし、1978年193.55→1980年612.56→1982年375.91と、インフレ懸念時には加熱気味に騰がり、それが落ち着くと反動で上がり過ぎていた分が下がる傾向があります。

次に円建ての東京金1982年からの長期チャート を見てみると、1982年に2500前後だったのが、1983年には4000まで高騰、そしてその後は大きく下がり、1995年と2000年前後には1000程度まで下がり、現在は1500程度まで回復しています。
これを見ると、1982年頃に金に投資して持ち続けた場合2500→1500で4割も減った事になります。
この間に何が起こったか?

一番の要因は円高だと思われます。1982年の米ドルの為替レートは1ドル249円→現在1ドル115円と5割減の円高になっています。実効為替レートの数字(大きくなる程円高)を見てみても、1982年130→286と倍以上の円高になっています。
金の価値は不変。
円高になれば相対的に金価格は下がり、円安になれば相対的に金価格は上がる

また、米ドル建て・円建て共に、1999年頃を底に、2005年には底値の1.5倍位に上昇しており、現在も上昇を続けている。
この間何が、あったか?

原油高が進み、コモディティ商品高が有りました。金も当然コモディティの一つですので。この上昇には世界的な金余りの中、ヘッジファンドなどによる投機的マネーの流入っていう側面が大きいとは思いますが。世界的な資源の需要増による資源高。資源高による物価高という側面もあります。

まとめ
金の価値は不変(ただし、相当な埋蔵量の金鉱山が発見されたりとか、何十年後かに月で金が採掘できるような世の中になれば、どうなるか分かりませんが。)
インフレに強い。原油高によるインフレなど、お金の価値が下がる際には相対的に金価格は上がる。
ただし価値は不変でも、価格は行き過ぎて騰がる傾向があるので、その反動には注意。
円安に強い。円安になれば輸入商品などの価格が上がりますが、円安になると(円の価値が下がると)金価格もその分上がる。
コモディティ市場との連動も強い。コモディティ商品の一つなので、それらとの連動、原油価格との連動も大きい。

日本円1万円の価値(1万円で買えるもの)が、これから下がっていくと考えるならば、円で持ち続けるよりもヘッジとして長期で金投資をするのも良いと思う。
またインフレ懸念時には大きく上がる傾向があるので、それを狙った短・中期投資というのも考えられる。ただし、反動には注意。

おすすめ関連リンク
ドル不振と金価格の上昇 [日経平均の見通し 9月12日(水)の記事]
~原油高と金価格の上昇。米国経済との逆相関。

Intrinsic Value  [いちカイにヤリ 投資立国]
~「ドルは駄目ですかねぇ?。」
最近、そういう質問を受けることが多いのですけど、僕はドルは駄目だと思います。
ただ、急いで付け加えないといけないのは
「ユーロも駄目だし、円も駄目ですよ。」

↓続きを読むでは、金ETF以外の金投資との比較です。



金投資は他に積立やスポット購入という買い方もあります。
三菱商事を例とすると。
積立の場合、年会費3150円で、月々3000円以上1000円単位で積立可能です。購入価格と、売却価格には価格差(スプレッド)があります。
1gあたり63円とちょっと大きいです。(この数字は変動します)
積立の他にスポット購入も可能で、最低取引が100万円以上もしくは金500g以上からとちょっと敷居が高いのですが、年会費はかからず、購入価格と売却価格の価格差も、55円程度(この数字は変動します)と積立の場合より小さいです。

金に直接投資する場合の税金はちょっと複雑。
パターン1、営利目的ではなく、5年以上保有していた金を売却した場合
利益が50万円以下の場合非課税。50万円以上の場合、(損益-50万円)×1/2に対して譲渡所得として総合課税されます。
例)10年前に100万円で購入・200万円で売却した場合。
(200万円-100万円-50万円)×1/2=譲渡所得25万円

パターン2 営利目的ではなく、5年未満保有していた金を売却した場合
益が50万円以下の場合非課税。50万円以上の場合、(損益-50万円)に対して譲渡所得として総合課税されます。
例)4年前に140万円で購入、200万円で売却した場合。
(200万円-140万円-50万円)=譲渡所得10万円

パターン3 営利目的で、金を売買した場合(金積立の場合はこれに該当します。スポット買いの場合は状況によって違うのですが、頻繁に取引している場合は、このパターンに分類されるようです)
雑所得として総合課税
他の分離課税ではない雑所得[FX(店頭)、原稿料、お小遣い稼ぎ程度のアフィリエイト等]とのみ損益通算可能です。


金投資としては、商品先物もあります。
普通の金先物は、1000g(250万円相当)単位での取引になります。取引に最低必要な証拠金は9万円です。
日経平均と同じ様に、金先物ミニという商品もありこちらは、100g(28万円相当)単位での取引になります。最低必要保証金は1万2000円。
商品先物の手数料は当然業者によって違いますが、インヴァスト証券CXの場合で、先物1枚140円。金先物ミニだと1枚98円となっています。
先物なので期限が有り、1年後位までしか保有できません。
金先物価格を見てみると、07年10月ものは2720円、08年8月ものは2746円となっており、この差26円が金利相当分となります。1年に直すと26×12/10=33円、年利1%強となります。
また、取引価格の刻みが、金ETFが5円単位(価格が2000円以下になれば1円単位になりますが)なのに対して、先物は1円単位です。
なので、短期投資で有れば、金先物の方が適しているかもしれません。
高レバの商品なので、お気をつけを。
先物は、期日がきて交換相当額の資金があれば金との交換が可能です。先物ミニは、金との交換はできないようです。

税金は、20%の分離課税です。日経平均先物やオプション、FX(くりっく365)との損益通算が可能です。

  最低取引額 取引単位( 往復手数料  1gあたりスプレッド  金への交換 
金スポット買い  100万円以上
もしくは
500g以上 
1万円単位
もしくは
100g単位 
0円  約55円   ○
金積立  月々3000円以上  1000円単位 (年3150円)
売却525円 
約63円   ○
金先物 1000g以上
(最低必要保証金9万円以上 
1000g単位  280円  0円
値幅1円 
 ○
金先物ミニ 100g以上
(最低必要保証金12000円) 
100g単位  196円  0円
値幅1円 
 ×
大証金ETF  10g
約28000円 
10g
約28000円 
0円~ 0円
値幅5円
 ×
東証金ETF           ○

10g買い 買い手数料+スプレッド+売り手数料  税金(50円*10値上がりした場合) 
金積立  年3150円+525+63*10=4305円  500円×総合課税 
金ETF  0+5*10+0=50円~ 500×0.1=50円 

金を10gだけ買うならば、金積立か金ETFとなります。
金積立だと、年会費が3150円。スプレッドが1gあたり63円。売り手数料が525円となります。
ごくわずかな量の積立だと、年会費の高さがネックとなります。

それに対して金ETFの場合、1単位は3万円未満なので、イートレや松井、岡三オンライン、丸三などの1日定額コースを使うと、手数料無料で売買する事も可能です。(1日定額手数料比較)
買いと売りは同値なので、スプレッドとは違うのですが。現在の価格で売買できるとは限りませんが、1ティック上下の価格ならば取引可能だと思われるので、値幅5円をスプレッドとして計算しました。

100g買い    税金(50円*100値上がりの場合) 
金積立  年3150円+525+63*100=9975円  5000円×総合課税 
金ETF  231+5*100+231=962円  5000×0.1=500円 
金先物ミニ 

98+1*100+98=296円
+年金利33*100=3300円

5000×0.2=1000円 

100gだと、金ETFなら28万円ぐらいになります。そしあす証券で片道231円、イートレードの場合で片道450円です。(ワンショット手数料比較)

100g買いの場合、金先物ミニという選択肢もあります。こちらは、片道手数料が98円(インヴァストCXの場合)と安く、値幅も1円単位で、しかもわずか12000円からの証拠金からの取引が可能です。短期投資に向いた商品だと思います。
ただし、期日が有る事と金利負担が年1%程度ある為、長期投資には向きません。

1000g買い    税金(50円*1000値上がりした場合) 
金積立  年3150円+63*1000+525=66675円  50000円×総合課税 
金スポット買い  0+55*1000+525=55000円 

5000円×総合課税
or 0円

金ETF  462+5*1000+462=5934円  50000×0.1=5000円 
金先物 

140+1*1000+140=1280円
+年金利33*1000=28000円

50000×0.2=10000円 

1000gなら、金ETFで280万円ぐらいになります。そしあす証券で片道462円、イートレード証券で片道1500円の手数料になります。(ワンショット手数料比較)

それに対して、金先物では、片道わずか140円です(インヴァストCXの場合)。短期投資にはやはり先物の方が有利。

また金スポット買いは、スプレッドが55円*1000で5万円以上になる為、金価格が2%は上昇しないと利益になりません。
ただし、売却時に営利目的ではない譲渡所得として認定された場合、50万以下の利益は非課税といううまみは大きいかもしれません。


金ETFは、3万円以下の低金額から投資可能。
株取引の為の証券口座があれば、他に口座を作る必要がない。
先物ほどではないが、ネット証券を使えば手数料も比較的安め。といったメリットが有ります。

金ETFができたおかげで、今までより金投資に対する敷居は低くなったと思います。

私は今まで、金投資するつもりはなかったのですが、ものは試しにという事で金ETF1単位だけ買ってみました。金は基本的には配当などはもらえませんが、マネックス証券で購入して貸し株にいれてます。

ここのところ金価格は、アメリカの金利引き下げや原油高によるインフレ懸念で上昇を続けてますので、おかげ様で私の金ETFも含み益となっています。まぁ1単位だけですが。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

staygoldさん、

こんにちは。米国市場はFedの金利引下げによって、先週大きく上がったものの、不安要因は依然として多いと思います。ここにきて、ヘッジの意味合いでも金が注目されており、staygoldさんのエントリーは、タイミングとしても非常に的を得たものだと思います。

この記事で、円の為替レートとの関連性の部分が非常に興味深く、参考になりました。

正直なところ、円との関連性に関しては、私は、まったく考えていませんでした。

米国の投資家の視点では、ドル安、インフレ、株式市場下落へのヘッジ、といった点が金の注目、魅力だと思ったのですが、日本の投資家からの視点では、円の為替動向に対する部分を考慮するのが重要だと思いました。

日本の投資家でも、ドル建ての投資資金をヘッジで、金にまわすのは、米国サイドと一緒だと思いますが、円建てのものを投資する場合は、少し違う視点での投資になりますね。(円安へのヘッジ)

後は、おっしゃるように、投資期間をどれ位に考えるか、といった部分も重要な判断材料になりますね。

すごく参考、勉強になりました。ありがとうございました。

Alphaさん コメントありがとうございます!

この記事ほんとはあと1・2週間位早く書ければベストだったんですが。今まで、それほど金投資に興味が無かったので、勉強しながらだったんで、まとめるのに時間がかかってしまいました。

私も実際調べるまで、為替の影響についてあまり考えてませんでした。
短期投資の場合は、引き際が重要そうですね。
為替市場下落時は、為替が円高に振れやすいので、円建てで考えると、ちょっと利確タイミングが難しいかもしれませんね。

ドル(外貨)資産の一部を金投資に回すと考えると、株とは違った動きをするので分散効果は有りそうですね。

ビヨも金にはかなり興味があります♪
また純金積み立てしようかな・・
(*゚e゚)=3 ハッフンハッフン♪

手数料などで見たらETFの方が有利かとは思いますが。本物の金に換えられるってのは魅力的ですよね。

真似して、(*゚e゚)=3 ハッフンハッフン♪

私も今日、少し昨今高値から下げていたようなので、これを10口だけ購入してみました。

ポートフォリオのメインとする商品ではありませんが、やはり味付けとするには手軽でいい商品だと思いますね。

新幹線さん
コメント&TBありがとうございます。

手数料低めで手軽に金投資するには金ETF良いですよね。

私は、ほんのちょっとだけコモディティファンドを買ってみました。
同じくポートフォリオのメインとする商品ではありませんがね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/315-5c24aa0b

金ETFの購入

さて今日、マネックス証券のモバイル画面を用いて、今年8月に大証へ上場したばかりの
  • [2007/10/24 15:08]
  • URL |
  • 20歳からの投信による資産形成 |
  • TOP ▲

2月の運用成績~「今月も金積立に助けられる!」

 日本株・投資信託・外貨MMF・商品に分散投資する我が「相模太郎ファンド」の2月末の運用成績は、基準価格10969円(評価額を投資額で割っただけの話)、1月末より若干戻した。こんな状況でも戻したのか!と、ちょっと嬉しい気になった。 外国株式ファンドを半...
  • [2008/03/02 14:33]
  • URL |
  • 生活経済研究所~by SAGAMITARO |
  • TOP ▲

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。