スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

みらい建設とマキ製作所を四季報で見てみる。 

先週、みらい建設マキ製作所が民事再生法を申請し、どちらも上場廃止が決定しました。
今さらって感じですが、四季報でこの2社の財務データを見てみましょう。
全部コピペしちゃっていいのかどうか分からなかったので、一部数字のみ抜粋します。四季報を見る事ができる人は、四季報を見てみてください。

みらい建設を四季報で見てみると、有利子負債が163億2500万円
株主持分が19億6100万円。
株主持分比率は3.1%
営業利益は、06.03が8億3300万円、07.03が-17億2900万円、08.03予想が10億
営業CFは3億2000万円 (前期-40億9200万円
ROAが-11.0%

マキ製作所は、有利子負債が94億6800万円
株主持分が45億6500万円。
株主持分比率は26.8%
営業利益は、06.03が2億1400万円、07.03が3億2100万円、08.03予想が3億3000万円
営業CFは-11億3000万円。(前期5億3500万円
ROAが0.7%


建設業は、年ごとの利益にばらつきが出やすい業種ですが。みらい建設は07.03期の大赤字を仮に度外視したとしても、1年間で稼げる営業利益はせいぜい10億円程度。それに対して、有利子負債は163億円。営業利益の約16倍の借金。

マキ製作所の方は、会計上は黒字を続けており配当も出していました。
しかし1年あたりの営業利益は3億円程度。それに対して有利子負債は94億円。営業利益の約30倍の借金。

次に株に強くなる会社の見分け方に載っていた財務データの見方

負債資本倍率=有利子負債÷株主資本(現在は株主持分) 1が理想。3倍以上は過剰債務
みらい建設は、163億2500万÷19億6100万=8.32倍 ×
マキ製作所は、94億6800万÷45億6500万=2.07倍  
みらい建設は完全にアウト。マキ製作所はいちおうセーフ。

有利子負債が営業キャッシュフローの10倍を超えると危険
みらい建設は、163億2500万÷3億2000万=51倍 ×
マキ製作所は、営業CFがマイナスなので問題外。×いちおう昨期の営業CFで計算すると、94億6800万÷5億3500万=17.7倍
どちらも完全にアウト。

株主資本比率(現在は株主持分比率)=株主資本(株主持分)÷総資産×100 50%が理想。低すぎると良くない。
みらい建設は、3.1% ×
マキ製作所は26.8%。
みらい建設はすごく低く、マキ製作所は低め。
(これも金融などは低いですし、業種によって偏りが有るので、同業他社と比べるのが良いと思います)

みらい建設は、財務データ的にはコテコテの危ない企業。
マキ製作所はそれほどではありませんが、ROAの低さが物語っているように儲からない企業。いかんせん有利子負債に対しての利益が少な過ぎ。

まとめ
四季報を見る際は、有利子負債の金額は絶対にチェック。その額と、営業利益や営業CF、あるいは株主持分を比べてみる。相対的に有利子負債が大きいところは要注意! 今回の記事では計算機使って細かいところまで計算しましたけど、とりあえずは大雑把な暗算でも良いかと思います。
例えば、みらい建設の負債資本倍率だったら、160億÷20億で8倍ぐらいだな とか。

それから、マキ製作所は今期、みらい建設は昨期、営業CFが大幅マイナスとなっていた。やはり営業CFがマイナスな企業は注意が必要ですね。(※金融などで営業CFがマイナスなのが普通な業種も一部有ります。)マイナスでなくても、有利子負債や利益の額と比べてみる。

まあ、ファンダメンタルズ投資をする人ならば、どちらも絶対に買わない企業だと思いますが。PERやPBRとかして見てないって人は、次のステップとして、有利子負債や営業CFも必ずチェックしましょう。

CF(キャッシュフロー)に関しては、キャッシュフロー計算書とは1キャッシュフロー計算書とは2 [株式十八番]が詳しくて分かりやすいですよ。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

経常利益しか見てない・・・

>有利子負債や営業CFも必ずチェックしましょう

アルゲッスムニダ(わかりました)m(_ _)m

営業CFとは見比べているのですが、株主資本とは比べていませんでした・・・・。
営業CFを重視しがちなので(汗)
簡単に使うことができるので、ちゃんと覚えておきます!

上場廃止になった企業からもホント、学ぶべき所は沢山ありますね~。

かえるさん
そうですね。上場廃止になる企業を見て、分かる事ってのもいろいろ有ると思います。今回記事に書いたこと以外でも。
私も、有利子負債と比較するものとして一番重要視しているのは、営業CFです。

ダモさん
短期投資に徹するならともかく、長く保有する事も有るなら、ある程度ファンダメンタルズも見た方がいいかと思います。

別記事のコメントへのレス
ほんとに2連続ストップ高になったんですね。良かったですね。
ストップ高の件は、証券会社に電話すれば当然教えてくれるでしょうし、インターネットでも、20分遅れとかでよければヤフーファイナンスとか見れば分かりますよ(売り気配・買い気配)。会社のPCでそういったサイトを見るのは自主規制ならしかたありませんが。

興味深いです。

こんばんは。先日は相互リンクを承諾していただきありがとうございました。
上場廃止企業の財務諸表を題材に勉強できるとは考えませんでした。
いつも四季報をぺラペラとめくっていても、業績欄にマイナス表記がたくさん並んでる企業の欄はすぐ飛ばしますので(苦笑)
勉強になりました。ありがとうございます。

Re:興味深いです

ライトさん コメントありがとうございます。

買う銘柄を探す為に四季報見ている場合は、それが普通だと思います。

こういった駄目な企業を見る事で、逆に、利益などが黒字であってもヤバそうな企業も、どんどん読み飛ばしていけるようになるんじゃないでしょうか。

それから、この記事にトラックバックしている、[株式十八番]のぐっちさんの記事をぜひ一読してみるのをお薦めします。
もっと詳しく分析されています。

ぐっちさんの記事見ました

staygoldさんのおすすめの通り、図入りで詳しく解説されていてとてもわかりやすい記事でした。
教えていただいてどうもありがとうございました。

会計上黒字の会社でも注意して分析することが必要ですね。

それではまた来ます。

Re:ぐっちさんの記事見ました

でしょでしょ。

[株式十八番!]は他にも、良記事が多いですよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/320-82eed341

経営破たんする会社を掴まない方法(決算分析)

久々に決算分析です^^staygoldさんの先日の記事⇒『みらい建設とマキ製作所を四季報で見てみる。』 に触発されました。実際に経営が破綻した企業を分析することは、個別株投資家...
  • [2007/10/04 22:00]
  • URL |
  • 株式十八番!  |
  • TOP ▲

みらい建設のこと

ブログから検索 [建設][金融経済]844億円の売上高の会社を5億円の不良債権発生で潰した上場ゼネコンの倒産は2007年9月の(株)みらい建設グループに次いで20社目となった。 東証・大証1部、真柄建設(株)~民事再生手続開始申立. 真柄建設(株)破綻!北國・北陸銀行によ...
  • [2008/07/12 12:47]
  • URL |
  • WEBの情報缶! |
  • TOP ▲
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。