スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

2単元投資で気持ちに余裕 

株は、その銘柄によって決まっている数(単元数)の倍数でしか、取引できません。100枚が単元数だったら、10枚とか150枚とかでは売ってくれません。なので、1枚の株価は安くても、1単元では5万~100万円位する株が多いです。もちろんライブドアとかスターバックスとかもっと安い銘柄も有りますけれども。
株を始めたばっかりの限られた予算だと、なかなかたくさんの単元を買う事は難しいと思います。でも興味がある銘柄はたくさん有るので、いろいろな銘柄を1単元づつ買う事が多いのではないでしょうか。私がそうでした。この方法はリスクの分散になりますし、銘柄の数だけそれぞれの値動きをするので、それを毎日見ているだけでも、勉強になると思います。
ただこの方法だと、私みたいな優柔不断な人間だと売り時が少し難しいです。私は長期投資だから何年も持っておくつもりって人や私は短期利益をとにかく追求するとか「かた」がしっかりしている人なら問題無いのでしょうが。
私は基本的に、その会社の株をしばらく保有しても良いなと思うところしか買いません。ただ急に株価が上がったりすると、そこで利益確定したくなる気持ちにもなります。急に上がった後は反動で下がる事が多いからです。でも売った後また上がっていったらくやしいだろうしなあと悩みます。
私の短い投資経験の中でもっとも悩んだのは吉野家のストップ高の時でした。結局このときは、16万6千円で買った株を19万4千円で売りました。その後は18万5000円位まで下がりましたが、その後反発し今日の株価は20万4000円です。結果論でゆうと失敗例ですね。でもあの時はどっちに転ぶか分からないけれども、売って今までの2万8千円の利益を確定するか、もっと上がるのを信じてそのまま保有しつづけるかの2つしか選択肢が有りませんでした。。でももしこの時もし2株(吉野家は単元数が1)保有していれば、1株は売って2万8千円を利益確定し、もう1株は保有しつづけるとゆうもう1つの選択肢が可能でした。いや1株を保有しつづけるので有れば、1株はストップ高の20万1千円にもっと近い所で売れていた可能性も有ると思います。こんなたらればを買いてもしょうがありませんが。

またアークスは2ヶ月近く株価が停滞していましたが、決算の発表を受けて値上がりしました。この時は200株(アークスは単元数が100)持っていたので、あまり迷わずに100株は売り、残りの100株は持ち続けています。アークスの株価はその後も上がり、現在は売ったときよりも50円位値上がりしています。これも結果論からいうと、2単元とも保有し続けるのが正解でしたね。ただ売った時点で私は、ここから上がる確率と下がる確率は50:50だと思っていました。なので私は半分の100株を売りました。もし最初から100株しか持ってなかったとしたら、自分では50:50だと思っていても、そのまま持つ(上がるほうに賭ける)か、売る(下がる方に賭ける)しか選択肢が無かったのです。

自分がいろいろ調べて良いと思った銘柄は、2単元持っておくのをお勧めします。そうすると、気持ちに余裕を持って売り時を考えられます。
1単元は中長期保有し、もう1単元は短期保有、もしくは中長期で持っておいて、売るかどうか迷った時に売る。

ただリスク分散の事を考えても、3銘柄位は保有したうえで資金に余裕が有ればって感じが良いかも知れません。また1度に買わずにまず1単元だけ買ってその値動きを見て、買い増すとゆうのも時間のリスクの分散になります。

もちろんこの方法は、私がこうすれば良かったなと思う方法であって、こうゆう考えも有るんだな位に思っていただけると良いです。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/34-643cad0a

アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。