スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

配当控除 

株の配当金や投資信託の普通分配金は、10%(所得税7%住民税3%)の税金が源泉徴収されているので、確定申告の必要はありません。
しかし、総合課税として確定申告をすると、配当控除を受けられるなど有利な場合も有ります。この記事では、総合課税として確定申告する場合の話です。

平成21年取引分より、分離課税として確定申告する事も可能になりました。
配当金と分配金の税金 も合わせてお読みください。確定申告の入力方法も簡単に記載しています。

おすすめ関連リンク
国内株式配当金 [野村證券 投資にかかる税金]
国内株式の配当金を確定申告する場合のケースです。

株式投資信託の収益分配金 [日興コーディアル証券 証券税制]
こちらの記事は、株式投資信託の普通分配金を確定申告する場合のケースです。株式や外貨建て資産の割合によって、配当控除率が異なります。


Ⅰ、株の配当金や投資信託の分配金も含めた合計所得金額が38万円以下の場合

配当金や分配金も含めた合計所得金額が基礎控除の38万円以下の場合、配当分を申告することで源泉徴収されていた所得税が戻ってきます。

対象となるのは、株の配当金と、投資信託(株式組み入れ割合25%越え且つ外貨建て資産割合75%以下)の普通分配金です。
株式組み入れ割り割合が25%以下の債券型投信や、外貨建て資産割合が75%越えの外国株型ファンドは対象外です。

なお住民税の課税最低限額は市町村によって異なります。
くわしくは、こちらのコメントが大変参考になると思います。基準となる金額に関しては、お住まいの市町村の役場やHPなどでご確認ください。例えば東京都のHPならこちら、課税最低限度額は35万円となるようです。

住民税の課税最低限以下の所得であれば、配当金で源泉徴収された税金が全額戻ってきます。
例えば、配当金が全部で10万円分だったとしたら、1万円源泉徴収されていますが、1万円戻ります。

配当金を含めた合計所得金額が基礎控除の38万円をこえた場合、38万円を超えた分に関してのみ課税されます。配偶者控除扶養控除の対象となっている人は、38万円を超えてしまうと対象からはずれてしまいますので、注意が必要です。


Ⅱ、投資信託の分配金を含めた合計所得金額が195万円以下の場合

分配金も含めた合計所得金額が195万円以下の場合、配当分を申告することで配当金で源泉徴収されていた税金の14%が戻ってきます。

配当控除を受けると得になるのは、投資信託(株式組み入れ割合50%越え且つ外貨建て資産割合50%以下)の普通分配金です。
上記をみたす配当金や普通分配金を配当控除を受けた場合の税率は、8.6%になります。なので、分配金の1.4%(源泉徴収された税金の14%が戻ります。)
例えば、分配金が全部で10万円分だったとしたら、1万円源泉徴収されていますが、1400円戻ります。

ちなみに上記の条件以外で配当控除を受けると、逆に税金が高くなってしまいます。

うまみがすごい有る訳ではないので、分配金を含めた合計所得金が195万円以下で、配当控除がなくても確定申告しようとしていた人や対象となる普通分配金をたくさんもらっている人は、配当控除を受けてみるといいんじゃないでしょうか。

※配当控除を受けると、その分申告所得が増えますので、国保保険料等が高くなってしまう可能性があります。詳しくはこちらのコメントが大変参考になると思います。下記のⅢのケースも同様。


Ⅲ、国内株式の配当金を含めた合計所得金額が330万円以下の場合

配当金も含めた合計所得金額が330万円以下の場合、配当分を申告することで配当金で源泉徴収されていた税金の28%が戻ってきます。

配当控除を受けると得になるのは、国内株式の配当金です。
合計所得金額が330万円以下の場合、配当控除をうけた際の株の配当金の税率は7.2%になります。なので、配当金の2.8%(源泉徴収された税金の28%)が戻ります。
例えば、配当金が全部で10万円分だったとしたら、1万円源泉徴収されていますが、2800円戻ります。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

住民税の記載に誤りがありますよ。

いつもとても詳しい情報をありがとうございます。
住民税の記載に誤りがあると思い、私の知識でもお役にたてるのではと、初めてコメントさせていただきます。

『Ⅰ、株の配当金や投資信託の分配金も含めた合計所得金額』の住民税の課税についての記載に誤りがありますよ。住民税の課税の有無は、基礎控除と合計所得金額の比較のみでは決定されていないのです。下記に、説明していきますね。

1.個人住民税には「所得割」と「均等割」があり、それぞれに別の課税方法があります。そして、その合算された金額が住民税額となります。
2.「所得割」は国税である「所得税」と似た課税方式で、総所得金額等から控除額合計を控除した額に税率がかけられるものです。また、「均等割」は基準額以上の合計所得金額の人に、かかっていくものと説明できます。
3.「所得割」と「均等割」のそれぞれに、課税されるかどうかの境目、いわゆる課税最低限が決まっています。これは、所得と控除の差額だけではなく、扶養に取っている人の人数や障害者控除等の人的控除の有無によっても変わってきます。
4.まず、「所得割」の課税最低限は、均等割の課税最低限を超えた水準に決められていますので、余り考慮しなくても大丈夫です。
5.次に「均等割」の課税最低限は、水準が市町村によって異なっています。例えば、小規模の市町村で、扶養に取っている人がなく、障害者控除等がなければ、合計所得金額で28万円がその境目になります。

つまり、基礎控除33万円を超えていなくても、住民税が課税されることがあります。

詳しくは、それぞれの方が課税される市町村のHPに当たらなくてはならないのですが、一定の知識がないと読みづらいと思います。

今、検索してみたのですが、
下記のサイトに、住民税の基礎的な記載があります。

http://oblivion.sblo.jp/

国税の記載はいろいろなところで探せるのですが、住民税はあまり記載がありませんね。

追加情報です

先のコメントに追加をさせていただきます。

本文中でリンクを張られている「東京都主税局」のHPの中段の『Q.個人住民税】個人住民税の均等割』の「A_3.税されない場合は」の記載が、上で説明している内容です。分かりにくい記載で申し訳ないです。

所得税と住民税の課税方法に大きく異なる部分があることを説明したかったのです。

ちなみに、ここに書かれている東京都の場合だと、基礎控除を超えても35万円までは、住民税非課税となりますね。(当然、外に障害者控除等がない方の場合ですが)

Re:住民税の記載に誤りがありますよ。

netsuheroさん
大変参考になるコメントどうもありがとうございます!

勉強になりました。いかに今まで税制を気にせずに税金を払っていた(源泉徴収されていた)かって事ですね。

Re:追加情報です

ごめんなさい、なんかコメントが行き違いになっちゃったみたいで。
とても参考になりました。本文の方、一部修正いたしました。

早速の修正、ありがとうございます。

小心者なので、コメントして悪かったかなと思っていました。
直してくださってありがとうございます。
また、コメントさせてくださいね。

>小心者なので、コメントして悪かったかなと思っていました。
コメントいただけなければ、ずっとそのまま間違った記述のままになっていたと思いますので、感謝です。

また、税金の話しや投資の話しでも、お気軽にコメントくださいv-14

エントリーの主旨からは脱線してしまいますが、配当控除を受けるために配当所得を確定申告すると総合課税所得に加算されますので、国民健康保険に加入している方は保険料の増加にも注意する必要がありそうです。

国民健康保険料の計算で所得割を採用している自治体のほとんどで控除は基礎控除分しか認められませんので、ⅡとⅢのケースでは申告した分だけ保険料が増加すると思われます。この影響は介護保険料にも及びますので、所得割を採用している国民健康保険に加入している方は税金の還付以上に保険料が増加してしまう可能性が非常に高いと考えられます。

おやじダンサーさん こんにちは。

おっしゃる通りですね。
それについても触れた方が親切だと思いますので、記事に追記しました。

皆さんのコメントのおかげで、記事の完成度があがります。どうもありがとうございます!

配当がでますー

予想より多い!わーい♪
そういえば、税金はまだ10%だっけ?もう特別減税、去年で終わっちゃったんだっけ?
ってわけで、コチラの頁を開いてみました。
H20年12月までですか。やったヽ(^。^)ノ

ダモさん こんにちは。

配当多かったようで、良かったですね!
今期の収益見通しについては減益の予想を立てているところが結構有りましたが、減配よりも増配している企業の方が今のところ多いようですね。

e-TAX

今年はe-Taxでこれをやろうとやっとソフトをインストールしたのですが、ふっと気付いたことが一つ。
それは、特別分配金ばかりになっており、徴税された額が少ないということ。。。。
株安での「たこの足切り配当」になっていることを改めて実感しました。

ゆうちゃんパパさん
こんにちは。e-Taxにされたんですね。

確かに、私も昨年は特別分配金が多かったです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/376-e6f29e9f

e-Taxでお得な確定申告 (5,000円税金バック)

さて、確定申告はお済みですか? 主婦の方の配当控除や、学生アルバイトさんの源泉徴収を取り戻す方法などをご紹介しました。今年は泣く泣く...
  • [2009/03/08 15:00]
  • URL |
  • 我が子のために株式投資 「負けない投資」 |
  • TOP ▲
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。