経営数値重視でのスクリーニング 

バフェットからの手紙より
「私たちの目標は素晴らしい企業を見つけて、それを相応の価格で買うことであり、月並みな企業をバーゲン価格で買おうなどとは思いません。」
「私たちが選ぶ企業の条件は、その内容を私たちが理解し、将来にわたり長期的に好ましい業績が見込め、経営幹部は誠実で有能な人々であり、魅力的な価格で購入できることです。」

私は今までスクリーニングする時はPERやPCFRなど株価指標の割安さを重視だったのですが、
経営数値重視でスクリーニングしてみました。今回はリテラクレア証券スクリーニングを使用。

実際に以下のようなスクリーニングをしたのは、10日位前なのですが、こういったスクリーニングが有効なのか長い目で検証したいというのがあったので、かえるさんの真似をしてスクリーニング結果をブログに残しておく事にしました。スクリーニング結果は本日2008年3月5日現在の数字です。

経営数値と言ったらまずはROE

日本と欧米の企業の質の差 [投資で億万長者・ミリオネア]より

▼NYSE…約2800社のうち 『ROE 20%以上…561社 率にして20%』
▼S&P500…500社のうち ROE 20%以上…164社 15%以上…274社 10%以上…366社
 一方、日本は…
▼東証一部…1732社のうち 『ROE 20%以上…たった104社、率にして 6%に過ぎない』 15%以上…237社、10%以上…543社
▼日経225…225社のうち ROE 20%以上…18社 15%以上…41社 10%以上…102社
との事。
スクリーニング条件として、15%か20%か迷いましたが、今回はROE20%以上を条件にしました。
・株主のお金100万円を使って1年で20万円以上稼ぐ企業。このROEが続くとしたら、5年以内で株主資本分稼ぐ企業。

ROEの高さだけでスクリーニングすると、レバレッジがたくさんかかっている(借金が多い)結果としてROEが高い企業も拾ってしまいます。
株主のお金100万円と借金100万円を使って20万円稼ぐ企業Aも、株主のお金100万円と借金400万円を使って20万円稼ぐ企業Bも、ROEは同じ20%となります。
自己資本比率を条件に入れてもいいと思いますが、今回はROAを条件に入れました。上記の例ならば、企業AのROEは10%、企業BのROEは4%となります。
今回はROA10%以上を条件に加えました。
・100万円のお金を使って、1年間で10万円以上稼げる企業。

経営の数値を見るのなら、売上のうちどのくらいが利益となっているかをみる売上高利益率も見逃せないですね。売上高経常利益率も見てみる事にしました。今回はビジネスモデルとして薄利多売じゃないところが良いと考えたので、売上高経常利益率が10%以上を条件に。
・売上100万円あたり10万円以上の経常利益を得ている企業。
(蛇足ですが、私が保有する自動車部品メーカーはPERなどの指標は割安なのですが、この売上高経常利益率が低いのが難点です。)

企業の業績を見る場合、売上や利益が増えているのか減っているのかは非常に大事ですね。
本来は将来的にどうなっていくかの方が重要でしょうが、未来を確実に予想するのは難しいので、実績値をもとに評価。
売上高伸率10%以上を条件に。
・昨期の売上実績がその前年よりも10%以上増えている企業。

売上を伸ばす為に無理をしている企業よりも利益も同時に安定して伸ばしている企業の方が良いと思うので。
経常利益伸率10%以上も条件に加えます。
・昨期の経常利益がその前年よりも10%以上増えている企業。

スクリーニングと言えばやはりPERは欠かせないですね。普段割安さを重視してスクリーニングする際は15倍以下やさらに低い数値を条件に入れるのですが。今回は、「相応の価格で買う」=割高な企業をはじくというのが、主目的ですので。PERが20倍以下を条件に。
・株価が一株利益の20倍を超えるまで買われている企業を除外します。

以上の条件でスクリーニングしました。
参考として、PBRと配当利回りも表示させています。

スクリーニング結果をもとに、自分が事業内容を理解でき、将来像を描きやすい企業を中心に、
さらに細かく調べました。
その結果、投資したいと思う企業が一つ見つかったので、2単元保有していた他の銘柄の1単元を売って、
銘柄の組み換えをしました。
ちなみに、このスクリーニング結果に残ったうちの一つは、既にまめ株で保有していた銘柄でした。その銘柄に関しては、少しづつ買い増したいなと。


当たり前ですが、今回スクリーニングした結果の銘柄は推奨銘柄という訳では有りませんし、このスクリーニング項目・数字が正解だという事は有りません。
よければ自分でどういった企業に投資したいかを考え、自分好みのスクリーニング項目・数字でスクリーニングしてみてください。
あなた好みの銘柄が見つかるかもしれませんよ。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/386-632a1f3d

アクセス解析アクセスランキング