ミニTOPIX先物・REIT先物・core30先物とCMEシカゴ先物 

いまいち話題になっていませんが、6月16日から、ミニTOPIX先物、東証REIT指数先物、TOPIX CORE30先物の取引がスタートしました。これらは取り引き単位が85~140万円程度で、証拠金1枚あたり10万円程度から取引可能となっています。
しかし、現在のところ取扱いが有るネット証券はほとんど無いようです。メジャーなネット証券の中では唯一カブドットコム証券でのみ取扱いが有ります。今のところ機関投資家・ディーラー向けといった感じです。
ミニ日経平均先物と同じ様な取引単位なので、取り扱う証券会社が増えると個人投資家にも有る程度人気でそうな気がするんですけどね。特にミニTOPIX先物は。

 カブドットコム証券 取引単位  手数料  当初証拠金 
ミニTOPIX先物 TOPIX×1000
=約135万円
105円
※0円
10万円
東証REIT指数先物 東証REIT指数×1000
=約140万円
105円
※0円
10万円 
TOPIX CORE30先物 TOPIX CORE30×1000
=約85万円
105円
※0円
10万円 
ミニ日経平均先物 日経平均×100
=約140万円  
105円  10万円 
日経平均先物 日経平均×1000
=約1400万円
987円  SPAN×1.2倍
=約90万円 
TOPIX先物  TOPIX×10000
=約1350万円 
945円 SPAN×1.2倍
=約90万円
※8/29まで、手数料0円キャンペーン中です。


6月6日から、松井証券 でシカゴ(CME)日経平均先物の取扱いが始まりました。
取引単位は日経平均×500なので、大証の日経平均先物の半分、先物ミニの5倍となります。証拠金は現在のところ1枚あたり約65万円が必要です。また普通の先物口座とは別の口座となり、証拠金を共用する事はできません。
アメリカ時間に取引されるCME日経平均がネット証券でも普通に取引できるようになったのは、利便性が上がったと思います。(私が自分で取引するかどうかは別として。)

 松井証券 取引単位 手数料   当初証拠金
CME日経平均先物 日経平均×500
=約700万円 
1050円
※525円
イニシャル証拠金×1.1倍
=約65万円 
ミニ日経平均先物  日経平均×100
=約140万円 
105円  SPAN×0.1×1.2倍
=約9万円 
日経平均先物 日経平均×1000
=約1400万円 
525円  SPAN×1.2倍
=約90万円
※ 8/8まで手数料半額キャンペーン中です。

関連記事 日経先物ミニ・日経先物・オプション口座

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/423-38eb8c09

タワー投資顧問の真似で儲ける!!

株価がさえないREITであるが新たな動きに注目している。  それは、先月、長者番付で一躍有名になった清原部長率いるタワー投資顧問の動向である。  バリュー投資が得意な彼らが、REITに手を出し始めたということは、いよいよREITの株価も底値ということでしょ...
  • [2008/07/11 23:23]
  • URL |
  • サラリーマンの蓄財日記~間違いなく億万長者になれる~ |
  • TOP ▲

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます
アクセス解析アクセスランキング