スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

バーゲンの話 

バーゲン
皆さんはバーゲンは好きですか?


私は好きです。同じブランド(ショップ)の服をいつもより安く買えるチャンスですので。

ついつい目移りしてしまいますが。服にかける予算は限られてますし、バーゲンだからといって予算以上にたくさん買い過ぎるのはちょっと…。
また、いくら3割引、5割引きだといっても自分に似合わない服や長く着られない服を買うのは、安物買いの銭失いになるのかなと。もともとの定価がブランドネームによって高過ぎだったかもしれないですし。一方、なんとか売り切りたいという事で原価割れで売っている商品も有ると思います、そういった商品はお買い得ですが、いくら安くても自分が着ない服を買ってもしょうがないです。逆に、この服良さそうと思って見たら、セール対象外だったりすんですよね。。
「長く着られる」というのは、そんな頻繁には服を買わない私の基準であって、人によって流行の服をどんどん取り入れていくというのは「あり」だと思います。ただブームみたいになってしまうと、流行が終わるのも早かったりするので、それは流行に敏感な人向けだと思います。
選ぶ時は、既に自分が持っている服との相性や同じ様な色ばっかりにならないようにしようとか考えながら選ぶ事になると思います。ちなみに私はカーキが好きなので、カーキの服の割合がちょっと多めですが。

バーゲンだからと言って、買わないと損とばかりに買うのは、結果的に損になるかもしれません。
それでも、自分にあった服、長く着られそうな服、好きなショップの服を、いつもより安く買えるチャンスが有るのがバーゲンだと思います。
買った時は良さそうと思っていても、その後あまり着なかったという服も中には有りますが。。
値段が安くて良い商品を見つけた時は嬉しいです。定価を出して買った服も、バーゲンで4割引で買った服も、着てしまえば一緒ですし。
やっぱり私はバーゲンが好きです。


※このブログは、株のブログです。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

今の相場もバーゲンセール中ですかね?

この記事は投資をバーゲンに例えたものですよね?(笑)

私はバーゲンで服を買うことはあまりありません。
成人してから体型がほとんど変わらないので、着れなくなった服はなく、破れるまで着ているのと、実父と義父の体型より少し小さいので、2人のお下がりで済ますことができます。(笑)
でも、そんなことをしても節約にはあまりなりませんでした。(TT)

この話は投資とはまったく無関係です!(笑)

僕もバーゲン大好きです。
あ、株の話ですよ(^^)

欧米株式は・・・

PERがNYダウは12倍、DAXは10倍割れ寸前、FT、CACは10倍割れ。買い増しには良いチャンスかな(↓)?
http://www.capital.co.jp/world_index.pdf

コメントありがとうございます!

silencejokerさん みきぱぱさん 水瀬 ケンイチさん Werder Bremenさん
こんにちは。

分かりづらかったかもしれないので、念の為補足すると、
3割引・5割引ってのは例えば1年前とかとの比較。
>バーゲンだからと言って、買わないと損とばかりに買うのは、結果的に損になるかもしれません。(まだ下がるかもしれませんし、個別株投資ならババを引いてしまうかもしれませんし)
それでも、自分にあった服、長く着られそうな服、好きなショップの服を、いつもより安く買えるチャンスが有るのがバーゲンだと思います。(少なくとも1年前よりも今の方が長期投資の買いをするのに適している。)
ってニュアンスの記事です。

ちなみに、私の服に対する考えとして読んでいただいてもOKです。ショップのセールとかはわりあい好きで、行ったりします。

定価では

絶対買わない主義です。洋服って仕入値10分の1以下ですよ。多分。
最近は、見栄張らずに「この服1000円だよー」とか言う人が多いですよね。(韓国語講座のオバちゃんとかも)一番高い服着てる人で2900円で、レベル低すぎーって笑ったことあります。(真夏だった所為もありますが。)私も1000円でよく買うけど、絶対言わない(笑)毎週違う服着て行くので、質より量です!!

ダモさん こんにちは。
仕入れの話は、業態によってピンキリだとおもいますが。
ブランドなどの服は、売価に対する製造コストが占める割合は少ないでしょうね。

定価の何割引か原価がなどというよりは、コストパフォーマンスが大事かと思います。その服をどう着こなすか、あるいは自分の満足度がどうなのか。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/431-d85580d1

アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。