自分でコントロール出来る事と、出来ない事 

元メジャーリーガーの長谷川滋利氏の本「自分管理術-チャンスに勝つピンチで負けない」を最近読みました

その中で「なるほど!」と思い印象に残った部分を引用すると

物事には、自分がコントロール出来る部分と、出来ない部分がある。つまり、コントロール可能な範囲で仕事をするのが正解であり、コントロールできないものに関しては、最初からあきらめる。
僕が思う成功の秘訣とは、自分がコントロール出来る部分を可能な限り増やすことである。
反対に「失敗の法則」ともいうべきものは、コントロールできないものを、コントロールしようと頑張りすぎることである。自分がコントロールできないものに関していちいちイライラしてもしょうがないので、すっぱりとあきらめ、自分が出来ることに集中する事が大切である。
自分がコントロールできる部分、できない部分は把握しておく。


投資において、これを考えてみると、
自分でコントロール出来る部分は「ポートフォリオ」
本などを読んだり投資を実践する事で金融リテラシーを身に着けていくことで、よりコントロールできる部分は増えていくと思います。

がんばっても自分でコントロール出来ない部分は「株価や為替、経済の動向など」
それらをある程度は予想できるようにはなるかもしれませんが、コントロールはできません。

株価の動きを見て一喜一憂したりイライラしてもしょうがないので、株価は自分の思い通りにはいかない物だとすっぱりとあきらめて、自分ができる事に集中する。

投資についてだけではなく、仕事においても、出来る事と出来ない事を一度考えてみるのもいいんじゃないかと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

本当にこのとおりですね。
失敗して初めて、カオスをどうこうしようにも無理であることに気がついた次第です…。

でもお陰で、気持ちが楽になりました。
ここに書かれてる通りできることは限られてるし、コントロールできないことは考えても無駄だって気がついたからです(^^♪

うさみみさん こんにちは

そうですね。相場を完璧に読める人なんてまずいないですし、それを求めても。。ですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/433-d1593051

アクセス解析アクセスランキング