スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

7月の世界の株価指数と為替 

12月末→3月安値(昨年末比)→6月末→7月末(先月末比)(昨年末比※3月安値を下回ったものは赤字)で見ていきたいと思います。

日本の株価指数を見てみると
日経平均 12月末15308→3月安値11691(-23.6%)→6月末13481→7月末13377(-0.8%)(今年-12.6%)
TOPIXは、1475.7→1139.6(-23.0%)→1320.1→1303.6(-1.2%)(今年-11.7%)
2部株価指数は、3277→2666.1(-18.7%)→2870.3→2764.0(-3.7%)(今年-15.6%)
ジャスダックインデックスは、72.17→59.64(-17.4%)→60.92→59.75(-1.9%)(今年-17.2%) 
マザーズ指数は、783.2→555.6(-29.0%)→540.4→510.1(-5.6%)(今年-34.9%)
ヘラクレス指数は、1180.3→898.8(-23.8%)→907.3→801.8(-11.6%)(今年-32.1%)
REIT指数は、1869→1254.2(-32.9%)→13951→1343.6(-3.7%)(今年-28.1%)

2月決算企業の第1四半期、そして3月決算企業も第1四半期決算が始まりました。予想より良かった企業は買われました。
しかしここ数年第1四半期で通期業績を下方修正した企業はあまりなかったと思うのですが。今年は下方修正した企業も多々見られ、それらは発表後株価が下がっているものが多かったです。上がった企業と下がった企業があって、日経平均やTOPIXなどのトータルでは微減でした。
それに対して、マザーズ指数は-5.6%、ヘラクレス指数は-11.6%と大幅下落で、年初来安値を更新しました。特に不動産関係の銘柄の下落が目立ちました。

株 -1.3%  (今年-5.3%)
日本の消費傾向として最近、ニュースなどで節約志向について言われています。アークスニトリなどが節約志向の追い風を受けて決算も良く、株価も堅調。
なぜだか、ホンダSHOEIが決算発表前に上がっていて、トータルで一時は前月末比+5%位で前年末比でもプラスになったのですが。発表後はまた元に戻り、結局前月末比マイナスで終わりました。                                         

先物ミニ・OP  0% (今年-4.0%)
取引なし

次は為替を見てみましょう。対円 
米ドルは、111.1→95.8(-13.8%)→106.2→107.8(+1.5%)(今年-3.0%)
ユーロは、165.4→151.7(-8.3%)→167.2→168.3(+0.7%)(今年+1.8%) 
英ポンドは、224.2→192.5(-14.1%)→211.5→213.9(+1.1%)(今年-4.6%)
豪ドルは、98.4→88.1(-10.5%)→101.8→101.5(-0.3%)(今年+3.2%)
NZドルは、87.0→76.8(-11.7%)→80.9→79.1(-2.2%)(今年-9.1%) 
カナダドルは、114.5→95.6(-16.5%)→104.0→105.2(+1.2%)(今年-8.1%)

5年ぶりの利下げを発表したNZドルが下落しました。

外貨FX -8.3% (今年-20.0%)
日米欧では、年内は欧州の経済が一番苦しそうなので、1ヶ月以上前からユーロをショートしていますが。売るべきは通貨ではなく株だったかも。少しレバ高くし過ぎたので、8月中に少し減らそうと思います。

世界の株価を見てみましょう。

アメリカ株 はというと、(米ドルベース) 
NYダウが、12月末13265→3月安値11650(-12.2%)→6月末11350→7月末11378(+0.2%)(今年-12.0%)
SP500は1468.4→1257.0(-14.4%)→1280.0→1267.4(-1.0%)(今年-13.7%)
NASDAQは2652.3→2155.4(-18.7%)→2293.0→2325.6(+1.4%)(今年-12.3%)
アメリカ株の7月は、1日で2%以上下がったり・上がったりの一喜一憂相場でしたが、終わってみれば前月比小動きでした。

ヨーロッパ株
はいうと、(現地通貨ベース)
ドイツDAXは、8067.3→6167.8(-23.5%)→6418.3→6479.6(+1.0%)(今年-19.7%)
イギリスFT100は、6456.9→5414.4(-16.1%)→5625.9→5411.9(-3.8%)(今年-16.2%)
イギリス株は、3月安値を下回りました。

Brics
はというと、(現地通貨ベース)
インドSENSEX指数は、20287→14677(-27.7%)→13462→14356(+6.6%)(今年-29.2%)
ブラジルは、63886→57824(-9.5%)→65072→59505(-8.6%)(今年-6.9%)
ロシアは、2290→1946.8(-15.0%)→2303.3→1966.7(-14.6%)(今年-14.1%)
上海総合指数は、5262→3357(-36.2%)→2749→2776(+1.0%)(今年-47.2%)
香港H株指数は、16125→10450(-35.2%)→11910→12507(+5.0%)(今年-22.4%)
今年下げがきつかった、インド株や香港H株は結構戻しました。しかし上海株は微増にとどまる。
反対に、今年調子が良かった資源国ブラジルとロシアは、それぞれ-8.6%と-14.6%の大幅下落。一時147ドルまで上がっていた原油が、120ドル台前半まで調整した影響もあるのかと思います。

投資信託(含む海外ETF)-0.7% (今年-15.3%)
良くも悪くも先月とほとんど変わっていません。マネックスなどで保有していた投資信託を一旦売って、フィデリティ証券で買い直ししました。

トータル-1.1% (今年-11.3%)

↓1月に書いた内容を継続していきます。
前にも書きましたが、長期戦も覚悟のうえで、弾切れにならないようなペースでちびりちびり買っていきます。
今年は、売りたいと思う値段までは上がらないのかなと思うので、逆に買う事に専念できそうですし。投信などの毎月の積立は継続しつつ、割安だと思うものを少しづつ買っていければいいなと。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

お疲れさまです。今年は同様に買い場だと思います。

なにをかっても今後にプラスになる可能盛大だと思います。

silencejokerさん こんにちは
そうですね。
現時点での、世界の景気が良くはないのは確かですが、長い目で見ていきたいです。

投信

こんにちは。
一時調子よかったブラジルくんは、急落してしまいましたが、最近またもどしていますね。
あいかわらずコモディティと世界株の逆相関が面白いですね。
今日たまたま不動産屋と話をしていたら日本の不動産業界はアネハ問題に端を発する建築基準の厳格化とサブプライムでやられた銀行の貸し渋りによりかなりひどいことになっているようですね。でJREITも下がっているんですが、私はコツコツと小額で拾っています。
やはり、投資対象の分散とともに、投資時期の分散というのが重要ですよね。

すみパパさん こんにちは
7月は6月に続いて、コモディティと世界株の逆相関、そして為替(外貨)にはあまり相関せず。でしたが、8月もこのまま続くのか。それとも去年8月や今年の1・3月の様に、トリプル安となるのか。ちょっと興味深いです。

そうですね。不動産、今は悪い話ししか聞こえてこないですね。
私はあまのじゃくなので、J-REIT興味が出てきました。買うとしても、投信を使って、ちょっとだけ になると思いますが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/441-e0d6d8f0

アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。