スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

マネックス証券での海外ETFの買い方 

・8月7日よりマネックスでもようやくVTなどの取扱い開始です。
・前回更新時よりも、マネックス証券とSBI証券での取り扱い銘柄数が増加。楽天証券の手数料が値下げとなったので、表の方更新しました。
・そもそも海外ETFがどんなものかよく分からないという人は→ゼロからわかる!海外ETF入門



マネックス証券で海外ETFの取扱いがスタートしています。

ラインナップは、楽天証券からIGOV(アメリカを除く先進国債券)を除いた形になります。
かえるさんのご協力で作った、海外ETF一覧表を更新しました。「マ」のマークがマネックスで取扱いのある商品です。表の個別のETFに関して詳しくは、楽天証券での海外ETFの買い方をご参照ください。

米国上場のETF

  楽天証券 SBI証券 マネックス証券
  2000年12月以降に口座開設をしていれば、米国株もそのまま取引可能 口座開設後、別に外国株取引開始手続きが必要。  口座開設後、ログイン画面で簡単な手続き。
売買 米ドル建て  米ドル建て 米ドル建て
手数料  1000枚まで26.25$  1000枚まで26.25$ 

25.2$
売却時は+0.1$~ 

為替手数料  片道1$あたり25銭  片道1$あたり25銭 片道1$あたり25銭 
取扱ETF数 69本 60本  68本 
取扱い個別銘柄数 約530本
(うちADR約105本)
約220本
(うちADR約30本)
約45本
購入単位 10株単位  10株以上1株単位  1株単位
売却単位  1株単位  1株単位  1株単位 
注文方法 成行き・指値  指値 成行き・指値・逆指値 
分配金  米ドルでの受け取り 米ドルでの受け取り 米ドルでの受け取り 
MMFからの購入  ○    

マネックス証券は、商品ラインナップが楽天証券とほぼ同じで、手数料がSBI証券よりも少し安いと、良いとこどりです。1株単位で購入できます。海外ETFは手数料が高めなので使わない人が多いかもしれませんが、逆指値を導入してくるあたり、さすがマネックスといったところです。

SBI証券が優れている点は、FXを通して1万ドル単位で有れば為替手数料を安くすませられるところ。

楽天証券が優れている点は、外貨MMFから直接ETFを購入できるところ。


香港上場のETF

  楽天証券  SBI証券 マネックス証券 
  2000年12月以降に口座開設をしていれば、米国株もそのまま取引可能  口座開設後、別に外国株取引開始手続きが必要。  口座開設後、ログイン画面で手続き。 
売買  円建て 香港ドル建て 香港ドル建て
手数料  ・10万円までが
525円
・10万~100万円が
0.525%
・100万円越えが
一律5250円 

・7700香港ドル(約11万円)までが
31.5香港ドル(約450円)
・7700~7万7000香港ドル(約110万円)が
0.4095%
・ 7万7000香港ドル越えが
一律315香港ドル(約5000円)

約24500香港ドル(約35万円)までが75~100香港ドル(約1420円)

約24500香港ドル越えが約0.41%

為替手数料 片道1香港ドルあたり15銭  片道1香港ドルあたり15銭前後  片道1香港ドルあたり15銭 
取扱ETF数 19本  19本  19本
取扱い個別銘柄数 約230本  約170本  ?香港上場銘柄のほぼ全て 
分配金  日本円での受け取り  香港ドルでの受け取り   

大きな違いは、マネックス証券やSBI証券は事前に香港ドルに買えておく必要が有ります。急に香港上場のETFや株を買いたいとなっても、為替取引が間に合わなく、翌日になってしまう事があります。その点、楽天証券では取引毎に自動で両替されるので、事前に香港ドルに替えておく必要がありませんので、日本円で口座に資金が有ればその場で買い注文を出せます。
ただし、売却した際も自動で日本円に両替されてしまうので、香港上場のETFや株を売ってまた買ってという取引をする人は、無駄に為替手数料がとられないのでSBI証券やマネックス証券の方が有利です。

手数料は楽天が円建て、SBIやマネックスが香港ドル建てなので解かりにくいですが。2008年8月18日の1香港ドルを14.2円として計算すると、表のカッコ内の数字になります。これは為替レートが変われば変化するのでカッコ内の数字はあくまで参考としてください。

おすすめ関連リンク
海外ETF手数料計算シミュレーション&香港上場海外ETF一覧 

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

初めまして。いつも読ませていただきます。投資は初心者ですので、何かを始めるときはいつもこちらを参考にさせていただいてます。
マネックスの海外ETF取り扱いについて早速UPしていただき、ありがとうごじました。このニュースを知ったときにぜひ、こちらで取り上げていただけないかな~~と密かに期待していたので、とても嬉しくてメールした次第です。詳細も楽しみにしています。

ヒメホタルさん
コメントありがとうございます。

こういったコメントいただけると、励みになります!
土曜(今日)か日曜日、加筆修正しようと思ってます。

いつも、内容が細かいですね。

こんばんは、モンチです。

いつ見に来ても細かい内容まで調査されていますよね(本当に脱帽です)。
個人的には一覧表(比較表?)として良く利用させてもらってます(^_^)

で、本当に細かい所で申し訳ないですが、
楽天証券の香港上場ETFの数って14本? (最近2本増えてますよ)

モンチさん こんにちは。
手抜きをして、以前書いた記事の表にマネックスを追記しただけで、楽天について調べ直ししてませんでした。

ご指摘ありがとうございます!早速訂正いたしました。

一覧表は、書くことで自分にとっても情報を整理できるので、これからも続けていきます。

僕の勘違いかもしれませんが、SBI証券では注文は指値のみだったと思うのですが、ご確認ください。

ゆうすけさん
私の勘違いです。

訂正させていただきました。コメントどうもありがとうございます。

ありがとうございました

マネックス証券の件、ご指摘ありがとうございました。
うっかり騙されてしまいました(笑)

どういたしまして

分かりづらいですよね。

最強の投信見つけました!
うれぴーです!
  • [2008/11/24 16:00]
  • URL |
  • ハイパーロスカット
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ハイパーロスカットさん
コメントありがとうございます。
良いのが見つかって良かったですねv-14

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/445-fe5f195f

インデックス投信 個人向け広がる選択肢 ~2010.4.25日経朝刊より

 日経新聞の日曜に「SUNDAY NIKKEI」というコーナーがある。ここは毎回テーマを変えて、私がこのブログの「投資初心者のための入門講座」として...
  • [2010/04/25 23:07]
  • URL |
  • 金融起業家 河合圭のオフショア投資ブログ |
  • TOP ▲

[メモ] 6,7,8月のネット証券さんの気になるニュース

さて、今回もネット証券の頑張りを皆さんのお力を借りて取りあげて見たいと思います。一番大きな話題としては、マネックス証券の海外ETFの取扱ですね。これからも楽しみにしたいと思います。 楽天証券さんの取り組みです。 (HPへ) 楽天証券で新たに2本の中国株ETFが購入?...
  • [2010/05/20 00:29]
  • URL |
  • かえるの気長な生活日記。 |
  • TOP ▲

資産運用を始めました!証券会社(マネックス証券)へ無料資料請求の巻。

定期昇給を要求する労働者側に対し、雇用確保を重視すべきとして それを見送ろうとする経営陣…1月の終わり頃からでしょうか、春闘のこんな様子がTV放映されるようになりましたよね。 ちなみに春闘とは各産業の労働組合が経営側に対して一斉にベースアップ(賃上げ)?...
  • [2010/08/31 17:33]
  • URL |
  • 通販日記。通販マニアによる評価&激安入手先と口コミ発信。 |
  • TOP ▲
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。