損切りでお悩みの方へ~ 

損切り:含み損の出ている証券を売却して損失を確定すること。

損切りするとそれ以上損を拡大する事を防ぐことができます。損切りしなかった場合、戻るかもしれませんし、さらに下がるかもしれません。
人間の心理として損切りは素早く出来ないと言われています。それを防ぐ為、株価が何%以上下がったらとか下値抵抗線を下回ったら損切りするなどといった機械的な方法(ストップロス)を用いる場合もあります。しかしこの方法は、安値で手放してしまうという側面もあります。

短期投機や、信用取引やFXなどレバレッジをかけた取引は、損切りは必須だと思います。
おすすめ関連リンク
相場で長生きするためにロスカットを身につけよう! [Heywardが初心者に送る「先物取引の手引き」

中長期投資の場合は、損切りは必須とまではいかなく、状況によりけりだと思います。

ピーターリンチは、株で勝つで「私は常にストップロスを嫌ってきた。よい株であるのに株価が下がっているものを、その価格でナンピン買いせずに逆に売ってしまうのでは、ただの悲劇にしかすぎない。何が起こっているかを常に注意深く見守ることである。-最初のストーリーはまだ納得のいくものか、もっと良い状況になっているのか-をチェックする事。」と言っています。p280~281
ただし
「・もうこんなに下がったのだから、これより下がりようがない。
 ・株価はわずか3ドル。何を失うというのだろう。
 ・結局株価は戻る
 ・10ドルに戻ったら売る
といった考えは馬鹿げている」とも言っています。p299~313
よい株でなくなったなら、売れという事ですね。

なぜ購入したのか?購入した時の前提が崩れたのなら売る。
短期の場合、株価が短期的に上がるだろう下がるだろうとの判断で売買すると思います。短期的に上がらなく逆に下がったのなら、前提が崩れたので売る。テクニカルで買いシグナルが出たから買ったのなら、少なくとも売りサインが出た時には売る。
これからも好業績が続くだろうし割安だと考えて中長期で保有するつもで買った株なら、株価が下がったという理由だけで損切りするのはさらに割安な状態で売る事になるので合理的ではないと思います。業績に対しての見通しが変わったらなら、それを売るのはおかしい事ではない。

しかし実際に前提が崩れてきた場合、人間の心理的な問題として、合理的な判断ができない事もあります。
どういった場合に売るかを買う時に事前に想定しておくというのも一つの方法でしょう。

事前にどうするかを考えていなく、損が出てから、損切りをどうするか悩んでいる人には、
「仮に現在その銘柄を保有をしていなくて購入する資金が有る場合、その銘柄を買いたいと思うか?」という有名な格言(アドバイス)が有ります。この言葉は、核心をついていると思います。過去いくら損したからよりも、大事なのはこれからどうするかです。損しているから切るというのではなく、今後上がる可能性よりもさらに損する可能性が大きい(あるいは他に乗り換えたほうが良い)と考えるなら切る。


質問掲示板に質問をいただきました。

「投信は個別銘柄株式投資とは違って、長いスパンでみるべきだとは思っていましたが
そうも言ってられない様な、そんな気がしています。
では値下がりでの損切りを、どの様に考えれば良いのか、
お聞かせ願えますか、よろしくお願いします。」

「仮に現在その投信を保有をしていなくて購入する資金が有る場合、その投信を買いたいと思うか?」
だと思います。

その投信を保有している事、損が出ている事は一旦忘れて、初心に戻ってもう一度投資について考えてみてはどうでしょう?投資を始めた時に感銘を受けた本が有ればそれをもう一度読み返してみるのもいいと思いますし、他の個人投資家がおすすめの本を読んでみるのもいいと思います。私も2005年に投資を始めて本格的な下落は今回が初めてで不安な時も有りましたが、良い本を読んで落ち着きましたし、これからどうしていこうか考える事ができました。私もまだまだ初心者で、あまり人に偉そうに言える立場じゃないんですけどね。
他のブログを読むのも良いと思います。相互リンクしているところは、私が良いと思ったものばかりです。

おすすめブログ [ある貧乏人の投資信託物語]
 過去の7年間を振り返って(その1)
 過去の7年間を振り返って(その2)
 過去の7年間を振り返って(その3)
 過去の7年間を振り返って(その4)
 過去の8年間を振り返って
 相場が荒れた時には良書でも読んで冷静になりましょう


考えた結果、どういった投資をしていくのか。
仮に今から投資を始めたとしても同じ様に購入するだろうというならそれで良いと思いますし、リスク取り過ぎだったなと感じるならポジションを減らすのも良いと思います。そうやって現在の自分が理想とするポートフォリオに近づけていく。
悩みついでに、いろいろ考えてみてはどうでしょう。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

相互リンクについて

はじめまして、貧乏父さんの逆襲の管理人どんぐりと申します。
相互リンクをさせて頂いたので、ご報告致します。

貧乏父さんの逆襲:http://isle3.net/
初心者のための株式投資入門ブログ:http://stockinvest.blog60.fc2.com/
初心者のためのFX入門ブログ:http://fxblog3.blog105.fc2.com/
の1サイトと2ブログからリンクさせて頂きました。

ふりーリンク登録時に「初心者のための株式投資入門ブログ」の名称を間違えてしまいました。
「初心者のための株式投資ブログ」になってしまっているので、“入門”を加えて「初心者のための株式投資入門ブログ」にして頂けないでしょうか。
株(初心者向け)に登録してあります。
大変申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。

損切りルールは難しい?

小生、ブログは持っていません。ROM+αです。そこで、他のブログに投稿したコメントを抜粋、引用します(↓)。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-732.html#comment_list
投信、ゼロクーポン債等々で運用していましたが、メインは日本株。そこに書いてある値段でBuy&Hold作戦でした。日本株に注ぎ込んだのは総計2500万円位(最盛時30銘柄?)。02年頃、-750万円。一時、含み損は-30%でした。10%下がったら損切り、なんて機械的にとか書いてある本もあります。機械的に損切りしていたら、1億円超え→F.I.達成→早期(セミ)リタイヤはなかったわけで、結果論でしかありませんが、「損切りせずに「ハッピーエンド」だった。あくまで、結果論でしかないと申し添えておきます。

どんぐりさん
リンクありがとうございます。修正しておきましたよ。

Werder Bremenさん こんにちは。
引用元のコメントの方全部読ませていただきましたが、参考になりました。-750万円でも耐えて冷静に投資ができるか。冷静でいられるポートフォリオにしておく。できない人は早めに損切りして楽になるのもいいでしょうし、自信のないままズルズル行くのは良くないんだろうな などと思いました。

こんばんは、貧乏父さんの逆襲の管理人どんぐりです。
リンクの修正ありがとうございます。
最初からご迷惑をおかけして申し訳ありません。
今後ともよろしくお願い致します。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/449-82860e8e

アクセス解析アクセスランキング