スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

10月の米国株式市場 売買高の4割をETFが占める 

米国で10月のETF取引高が過去最高  ロイター

バークレイズ・グローバル・インベスターズ(BGI)は14日、10月の米国株式市場で、上場投資信託(ETF)の取引高が過去最高レベルとなり、資金流入が加速したことを明らかにした。昨今の金融不安による世界の市場混乱などがその背景にあるという。
 BGIによると、10月は米国株式の全売買高の40%近くをETF取引が占めたほか、最も取引の多い証券上位10銘柄のうち、8銘柄がETFとなった。この8銘柄に中には同社のETFである「iシェアーズ・ラッセル2000・インデックス・ファンド(IWM)」や「iシェアーズ・MSCIエマージング・マーケット・インデックス・ファンド(EEM)」が含まれている。
 米国株式の全売買高に占めるETFのウエートは、8月は一日あたり平均売買高の28%、9月は同平均35%だった。
 また9─10月は、株式および債券のミューチュアルファンドから1267億ドルの資金流出となる一方、個人投資家や機関投資家が計610億ドルの資金を米国籍ETFにシフトするなど、投資家の多くは現在のポートフォリオから株式の個別銘柄保有リスクおよびカウンターパーティ・リスクを軽減する動きになっており、ETFを使ったより長期的なインデックス・エクスポージャーにシフトしている、という。

えっ?アメリカは、売買高の40%もETFが占めてるんですか。単純に割合の大きさに驚いたので記事にしちゃいました。日本じゃ考えにくい高い割合ですね。あ、でも先物ミニの売買高は結構多いか。
アメリカはストップ高・ストップ安が無いですし、個別銘柄(特に金融とか)はここのところ変動が大き過ぎて、疲れてしまうからですかね。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

うむむ

結局ETFが分かりやすいのか、米国の特徴なのか。。。それに資金ってどこから流入するんでしょうねぇ。
いずれにしても今突っ込まないことにはほんと儲からないってことだけは分かる気がしますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゆうちゃんパパさん こんにちは。
日本と違って、ETFがすごく充実してるってのはあると思いますが。それにしても4割ってのは多いですよね。記事によると、個別株や投信からの乗り換えもあるみたいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/498-5d2c2b53

アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。