スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

郵便局のメリット 

みなさんはどんな銀行、金融機関に口座を持っていますか?
私は、北海道銀行ジャパンネット銀行eBANK 郵便局に口座を持ってます。

で今日は、選挙の争点にもなっている郵便局(郵貯)に焦点を当てようと思います。
郵便局の最大のメリットは、ATMを含めて全国いたるところにあるとゆうことです。
例えば、みずほや東京三菱なんかは、大きな都市の駅前とかにしか有りません。田舎には有りません。また北海道銀行や北洋銀行とかの地方銀行はその地盤の地域にはたくさん有るのですが、それ以外の地域にはありません。また多くのネット金融の指定ATMになっているIYバンク。セブンイレブンはドミナント展開の為、進出している地域では結構田舎にも有りますが、進出していない地域も多いです。
で結局、でこでも手数料無料(平日昼間)でATMでお金を出し入れしたい場合には、郵便局が一番便利だと思います。
この大手銀行やセブンイレブンもない田舎にもある郵便局とゆう利点は、郵政民営化を反対する議員さんもこの点を強調してました。小泉さんも田舎の郵便局をぶっ潰すとは言ってませんけどね。
個人的には郵政民営化には賛成ですが、今有るネットワークが縮小するとしたらもったいないと思います。

前置きが長くなりましたが、株取引と郵便局について。
証券口座への入金方法は、証券会社によりいろいろです。詳しくは証券会社一覧の入金方法の欄を見てください。どこの証券会社でも行っている一番メジャーな入金方法は銀行振り込みです。ただし振込み手数料は、お客負担です。手数料はネット銀行で160円~普通の銀行で420円~します。ケチな私にはこの手数料がもったいなく感じます。
証券会社によっては、指定のネットバンク(ネット専業とは限らず)からの入金に限り無料にしているところが有ります。みずほや三井住友といった大手、ジャパンネット銀行、郵便局等が指定されている事が多いです。
郵便局が無料入金先に指定されているのは、E*トレード証券 岩井証券エイチエス証券オリックス証券コスモ証券内藤証券松井証券 マネックス証券丸八証券リテラクレア証券といったところです。
なお郵便局の口座を持っていているだけでなく、別に申し込みが必要なところも有るので、各証券会社のホームページをよく読んでみてください。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

配当金の受取

株券を持っていると、配当金を受取る証書が送られてくる。これを郵便局に持っていくと、配当金がもらえる。
郵便局は本人確認と称して、運転免許証などを見せるように要求する。警察でもあるまいに、なぜそのような要求をするのだろうか。家族の証書を持ってきて、自分の金にする人がいるからだという。しかし、それは家族の責任であって、郵便局の責任ではないはずである。お客を信頼しない余計な要求は中止すべきである。お互いの時間の無駄というものである。

私は今まで本人確認された事ないですけど。

ゆうちょ銀行になって変わったんですかね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/5-ffeb5fa9

郵便局の投資信託セミナーでぼったくり商品をどう説明するか見てきました(その4)

今回の記事は、一部表現がきついところがあります。お気を悪くされた方がいらっしゃいましたら、予めお詫び申し上げます。前回までの話(その1・その2・その3)の続きです。今
  • [2006/03/26 01:11]
  • URL |
  • 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー |
  • TOP ▲
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。