スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

【まぐれ】を読む 

まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか】を1ヶ月ぐらい前に読みました。

たまたまではないもの(つまり決まっていること)の様に見え、たまたまではないものと受け取られているが実際はたまたまであるものに関する本です。投資している人の方が読んで面白いと思いますし、投資にも応用できるところが有るますが、いわゆる「投資の本」とは、一味も二味も違います。


ちょっと唐突ですが。
高校3年生になる息子言うことが的確にあたってるのですが~ [Yahoo!知恵袋]

回答者さん側に多く見られるのは、「それは予想できた事だ」とする後知恵バイアス
経済に関心が有る人なら、質問文にあるような例の、理由と結果の関係は知っていると思います。確かに、ネット上にはいろいろな考えが溢れていて、その中に正解も有ったのは間違いないですし、経済知識を得ることができます。でも経済に関心が有る人が、経済知識からその時に(結果が出る前に)簡単に正解を選べたかどうかは、別。   
ネット上に書かれていた考えは4択の選択肢みたいなものなのかなと。

後から見れば物事はいつだって明らかだ。 【まぐれ】P78

後知恵バイアスにはもっと悪い効果がある。過去を予測するのがとてもうまい連中が、自分は将来を予想するのもうまいものだと勘違いして、自分の能力に自信をもってしまうのだ。   【まぐれ】P79 

↑これは、特にアクティブな株式投資をする時に戒めないといけないなと思います。

一方、質問者さん側がおちいっていそうなバイアスは、当たった事だけ思い出すバイアスですかね。正式名称わかんないのでテキトーな名前ですけど。
言われた事なんて、全部覚えていない(少なくとも日常生活では意識しない)。でも、実際に起ればそう言っていたなと思い出す。実際に起らなかったことは、そのまま忘れたまま。
預言者の予言とかも、これと同じ?

ただ、今までの人生で見聞きした事を全て知覚しながら生活する必要はないですしむしろ大抵はじゃまですので、こういうバイアスがかかる様な、必要な時だけ思い出す脳になっているのは合理的だと思いますけどね。
ちょっと話それますが。本をたくさん読んでいると、もちろん全部は覚えきれずに忘れていくのですが。読んでいると、実経験や以前に読んだ本の内容をふと思い出して、内容が自分の中で繋がる時がありますよね!それが個人的に読書の醍醐味だと思ってます。

息子さんの
「調べたら普通にわかるよ。当たってるんじゃなくて、当たるんだよ」は、
【まぐれ】的な模範解答ならば、

「想像できた事も想像できなかった事も含めて起りうるいろいろな可能性があったけど、どういう結果になる可能性が高いかは調べたら普通にわかるよ。今回はその高い確率の方に出たので当たった。」 
になりますかね。数学の様に一つの絶対的な答えが有る問題でなければ、将来の出来事はリスクと不確実性が有りますので。

確実というのは、いろいろな違った歴史の中で、その現象が実現する場合の数が一番多いということだ。一方、不確実性とは、それぞれの事象が実現する場合の数がとても少ないということである。 【まぐれ】P42

たちの脳は非線形性を扱うようにはできていない。たとえば2つの変数の間に因果関係がある場合、人は、原因のほうの変数が安定していれば結果のほうの変数も必ず安定しているものだと思う。 【まぐれ】P221


息子さんが、現状や過去を調べて、ロジック的に将来どうなる可能性が高いかを判断できているのは、素晴らしいと思います。


まとまりのない記事ですみません。
偉そうに書いてきましたが、私も普段バイアスがかかった考えしています。

まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか】の関連おすすめ本

行動経済学
こちらの本を先に読むとわかりやすかな。人間のバイアスについていろいろ書かれています。

影響力の武器
心理学の本。【まぐれ】の第11章偶然と脳にかかれている、人間の動物的行動パターン「ヒューリスティック」についてもっと詳しく書かれています。

エコノミストは常に間違う
実際の経済は不確実性に溢れているので、正確な予想とその対処をするのはいかに頭が良い人でも難しいというのを知るには。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

よい本と評判ですね

アマゾンのレビューにも書いてある、「その数学が戦略を決める」もぜひあわせて読みたい本です。両方の本は”確率モデル”に支配される世界を上手に紹介したものだと思います。
そうそう、いまは、不確実性が高まっていますのでそんなときは、エントロピー(この業界的にはボラティリティーですね)が下がるまでじっと耐えるっていうところかと(持論です)

こんばんわ。
>後知恵バイアス
自称よくあたる占い師とか、スピリチュアルな人とか、ワイドショーのコメンテーターとか、うんざるするほどよく見かけます。

ちょっと違うかもしれませんが、
私は世の中のさまざまな事象をそのまま鵜呑みにするのではなく、なぜ、どうしてと自分で考えるくせをつけるように努力しています。(^^)
未来は予測できないですから。

どこぞの首相のように主観的な考えを、客観的と思い込むことだけは避けたいですね。

心に留めておかねばいけませんね

特に勝っている時には「かぶとの緒を締める」天狗にならないようにしないといけませんね。

さて、100年に一度の不況の真っ只中で思うところありまして、この度ブログ名称を変更いたしました。お手数かけますが、リンク欄の名称の変更をお願いできましたら助かります。
◆新名称:我が子のために株式投資「負けない投資」
今後ともよろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

muraさん こんばんは。
「その数学が戦略を決める」は、なかなか面白そうですね。今度読んでみたいと思います。良い本を教えてくださってありがとうございます。

みきぱぱさん こんばんは。
自分で考えるくせ、大事だと私も思います。

ゆうちゃんパパさん こんばんは
そうなんですよね。勝っている時はどうしても気持ちが大きくなってしまいがちですので、そういう時こそ意識的にそういった事を考えないとなと思います。
ブログ名の件、了解いたしました。


sinmaiさん はじめまして。

> [まぐれ]という言葉が気になりまして。ビギナーズラックとはどの位の期間をいうものなのでしょうか?(毎日売買を繰り返していると仮定して)

ビギナーズラックにあたるのは、最初の数回の取引じゃないでしょうか。でも、この本でいう【まぐれ】は、単純なビギナーズラックの事だけではないですよ。

> また、証券会社は初めの内、儲けさせるがなど本当でしょうか?

おそらく、それは無いんじゃないでしょうか。証券会社は、お客さんに確実に儲けさせる方法が有るなら、自分らがその方法で儲けてると思いますよ。大手証券だったら、優良顧客だと思えばIPOぐらいは、あてがってくれるかもしれませんが。

> 株は怖いといわれていますが、借金以外で何かあるのでしょうか?

お金以外では、特別ないんじゃないかと思いますが。あえて言うなら、はまってしまうと、時間ですかね。

こんにちは

今年最大のまぐれは、
10月限プット権利価格9000円を4円で購入。暴落時に途中リカクしましたが、SQ決済していれば、4000円が100万円でした(笑)
ポジ全体のバランスを考えてのことなので、必ずしもまぐれではないのですが、こういうこともあるのですねぇ。

同著者の「ブラックスワン」の翻訳を心待ちにしています。

ご丁寧な回答、感謝致します。ありがとうございました。

予知夢

たまに見ます。
会社が京浜工場地帯で、化学工場なんですが、ここが火の海になる夢は、正夢になってほしくありません(@_@;)
夢の中で私は、逃げ延びました(笑)

すみパパさん こんにちは。
良い本のご紹介ありがとうございました。
4000円→100万円とは、すさまじい破壊力ですね!これが売りで入っていたとしたら。。
こういったことが、確率は低くても有りえるということなんですよね。

sinmaiさん こんにちは
どういたしまして。

ダモさん こんにちは
余地夢だったら困りますが、たしか火事の夢って吉兆とか言いませんでしたっけ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/509-06980f7d

ブログ名称を変更しました 「負けない投資」

思うところありまして、この度ブログ名称を変更いたしました。 お手数ですが、リンク欄等の変更をよろしくお願いします。 ◆新ブログ名: ...
  • [2008/12/20 17:55]
  • URL |
  • 我が子のために株式投資 「負けない投資」 |
  • TOP ▲
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。