スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

4本値で振り返る2008年世界の株価指数と為替 

2008年の世界の株価指数と為替を4本値で振り返ってみたいと思います。
年前半は、資源高・原材料高・インフレ・サブプライム問題
年後半は、サブプライムの問題っていうよりも金融危機、株安・資源安・デフレ・円高
といったところでしょうか。

まずは、日本の株価指数を見てみると 

  2007終値  2008高値  2008安値 2008終値 
日経平均  15308  15157
(-1.0%)1月大発会
6995
(-54.3%)
10月
8860
-42.1%) 
TOPIX  1475.7 1461.3
(-1.0%)1月大発会 
721.5
(-51.1%)10月
859.2
-41.8%) 
2部株価指数  3276.8 3258.8
(-0.5%)1月大発会

1847.2
(-43.6%)10月

1939.1
-40.8%
ジャスダックインデックス  72.17 71.76
(-0.6%)1月大発会 
40.36
(-44.1%)10月 
48.2
-33.2%) 
マザーズ指数  783.2 774.4
(-1.1%)1月大発会 
255.9
(-67.3%)10月
323.5
-58.7%) 
ヘラクレス指数  1180 1168.6
(-1.0%)1月大発会 
420.7
(-64.3%)10月 
495.0
-58.1%) 
REIT指数  1869 1858.0
(-0.6%)1月大発会
683.4
(-63.4%)11月
900.4
-51.8%) 
( )内は2007終値比 高値・安値を記録した月です。
4本値だと普通一番左は始値だと思いますけど、細かい事は気にしない気にしない。

2008年の大発会は、日経平均が-616円(-4.0%)としょっぱなから大幅下落で始まったのですが、その後も下げ続け終わってみると日本の株価指数の2008年高値は、この大発会となりました。
2006年・2007年と大幅に下げもう下げしろは少ないのかなとも思われたマザーズ指数やヘラクレス指数は、さらに-58%と半分以下になりました。日経平均やTOPIXも10月の最安値時には半分以下となりました。最後は少し戻して終了。

おすすめ関連リンク
2008年という過去の相場と、2009年という未来の相場(ポジティブ編) [株と先物の勉強会] 

上記より一部引用

本来、株(価)とは、「高ければ売られ・安ければ買われる」ものだと思うが・・・
本年(特に10月は)、投資家心理とファンドの已むを得ない懐事情が支配し
「下がるから売る・売るから下がる・下がるから売らなければならない」
このスパイラルに嵌った感がある。

10月以降、外部・内部環境は一段の悪化を示しているが
未だに10月安値を割っていないのは、2008年10月相場が、如何に心理と
已むを得ない売りによる、極端な下げ幅だったかの、証左ではなかろうか。 

~もちろん1段の景気悪化により2009年にこの10月安値を割らないとは言えませんが、「株価は短期的には需給(ミスターマーケット)によって大きく動く」というのを、改めて実感した今年(特に10月)の値動きでした。

2008年の年初来騰落率(上昇)ランキング~1位は、電気自動車・ハイブリッド自動車関連として人気を集めた古川電池でした。
2位のコマスタジアムは、東宝によるTOBです。
有名どころでは、2008年2月に新規上場したセブン銀行が着実に上がり続け+112.5%と倍以上になりました。

2008年の年初来騰落率(下落)ランキング~2008年は不動産銘柄を中心に上場廃止となる銘柄が多かったですので、下落率ランキングというよりも上場廃止銘柄一覧みたいになっています。。

クソ株ランキング2008 [ニコニコ動画]~おすすめと言いつつ、18分と長いのでまだちゃんと見てないですけど。クソ株ランキング2007は面白かったので、時間有る時にでも見ようと思ってます。

いろいろな企業の四本値

  2007終値  2008高値  2008安値  2008終値 
三菱UFJ  1047  1173
(+12.0%)4月 
427
(-59.2%)12月 
549
(-47.6%) 
トヨタ自動車 6040  6400
(+6.0%)2月 
2585
(-57.2%)12月 
2905
(-51.9%) 
新日鉄 692  705
(+1.9%)5月 
243
(-64.9%)11月 
290
(-58.1%)
商船三井 1426  1687
(+18.3%)5月 
357
(-75.0%)10月 
542
(-62.0%) 
三菱商事 3060  3950
(+29.1%)5月 
923
(-69.8%)11月 
1238
(-59.5%) 
東京電力 2890 3280
(+13.5%)9月 
2480
(-14.2%)5月 
3000
+3.8%) 
アサヒビール 1892  2175
(+15.0%)4月 
1368
(-27.7%)10月 
1539
(-18.7%)
JR東日本 92万2千 95万2千
(+3.2%)1月 
60万
(-34.9%)10月 
68万9千
(-25.3%) 
ファーストリテイリング  7980  14550
(+82.3%)12月
7270
(-8.9%)3月 
12980
(+62.7%) 
古川電池 185 1690
(+813.5%)6月 

184
(-0.5%)1月 

964
(+421.1%) 
ゴールドウィン 198  539
(+172.2%)6月 
116
(-41.4%)10月 
159
-19.7%)


年前半資源高・年後半資源安、これがくっきり出ているのが市況関連株の商船三井や三菱商事の株価です。5月までは全体が下がっているなか逆行高でした。
逆に資源安の方が恩恵を受ける、東京電力の株価の安値が5月というのも、対照的で面白いです。
アサヒビールやJR東日本の株価を見ると、TOPIXなどと比べて下げ幅が小さく相対的に不況に強いというディフェンシブ銘柄の特徴が出ています。ただし、あくまで「相対的に」です。
古川電池は、充電池の需要が増えていくのは間違いないでしょうが、6月の騰がり方はやり過ぎですね。なんとなく2007年の乾汽船みないな値動きだなと思いました。
ゴールドウィンは、北京オリンピック前にスピード社の競泳水着が材料視され2倍以上の株価になりました。しかし、北島が実際に金メダルを取った時には材料出尽くしで下落しました。参考北島康介選手の金メダルから株価を考える [山崎元のマルチスコープ]
古川電池やゴールドウィンの様に大きく騰がった銘柄は、素早い損切りが出来ない人は手を出さないのが無難ですね。


続いては為替。対円

  2007終値  2008高値  2008安値  2008終値 
米ドル  111.1 112.1
(+0.9%)1月 
87.1
(-21.6%)12月
90.3
-18.7%) 
ユーロ  165.4  169.9
(+2.7%)7月
113.6
(-31.3%)10月 
127.0
-23.2%) 
英ポンド  224.2 222.8
(-0.6%)1月 
129.8
(-42.0%)12月 
130.1
-42.0%) 
豪ドル  98.4 104.4
(+6.1%)7月 
54.9
(-44.2%)10月 
62.4
-36.6%) 
NZドル  87.0 88.1
(+1.3%)2月 
47.7
(-45.2%)12月
52.1
-40.1%) 
カナダドル  114.5 113.2
(-1.1%)1月
70.5
(-38.4%)12月 
74.1
-35.3%) 

2008年、特に後半は円の相対的な強さが目立ちました。テレビの報道などでは米ドル安が主に報じられていましたが、ユーロ・英ポンド・豪ドル・NZドル・カナダドルなどの下落の方が大きかったです。米ドルは、円以外の主要国通貨に対してはむしろプラスでした。先進国通貨でも、こんな急劇に動くんだなというのを実感した2008年でした。


続いては、外国株です。

  2007終値  2008高値  2008安値  2008終値 
NYダウ  13265  13338
(+0.6%)1月 
7392
(-44.3%)11月 
8776
-33.8%) 
NASDAQ 2652.3 2661.5
(+0.3%)1月
1295.5
(-51.2%)11月 
1577.0
-40.5%) 
ドイツDAX  8067.3 8100.6
(+0.4%)1月 
4014.6
(-50.2%)10月 
4810.2
-40.4%) 
イギリスFT100  6456.9 6534.7
(+1.2%)1月
3665.2
(-43.2%)10月 
4434.2
-31.3%) 
インドSENSEX指数  20287 21207
(+4.5%)1月 
7697
(-62.1%)10月 
9647
-52.4%) 
ブラジル  63886  73920
(+15.7%)5月 
29435
(-53.9%)10月 
37550
-41.2%) 
ロシア  2290.0 2487.9
(+8.6%)5月

549.4
(-76.0%)10月

631.9
-72.4%) 
上海A株  5262 5523
(+4.9%)1月 
1665
(-68.4%)10月 
1833
-65.2%) 
香港H株指数  16125 16324
(+1.2%)1月 
4792
(-70.3%)10月 
7892
-51.1%) 

ほとんどの国の株価指数が1月が高値で下がり続けたのに対して、資源国のブラジルとロシアは5月まで上昇しました。しかし、年後半は一気に世界的な株安・資源安へと転じた為、ブラジルは高値からわずか5ヶ月で半分以下に、ロシアにいたっては高値から5ヶ月で4分の1以下になりました。
BRICs諸国は、-41.2%だったブラジルを除いて半分以下になりました。ただしこれは、昨年までが騰がり過ぎていた反動もあると思います。
参考記事
世界の株価指数と為替、2001~2003安値との比較。 ~こちらと比べていただけると、2001~2003年の安値水準に戻った程度だというのが分かるかと思います。

先進国の株式を円建てで見てみると
米ドルは円に対して-18.7%となっていますので、NYダウは-46%、NASDAQは-52%。
ユーロは円に対して-23.2%となっていますので、ドイツ株は-54%。
ポンドは円に対して-42.0%となっていますので、イギリス株は-60%。
と、-41.8%の日本株(TOPIX)よりも大きな下落となっています。まぁ「50歩100歩」って気もしますが。


2008年の株価を振り返ると、「大幅下落」の一言でしたが。
さて、2009年はどんな年となるでしょう。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/521-748c08e4

アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。