スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

家計簿のすすめ 

今回は、少しFPっぽい内容。

昨年の収入と消費支出、投資や預金などに回したお金はいくらでしたか?

もちろん収入や何にお金を使うかは人それぞれで、自由ですし、絶対的な正解はないと思います。
今回の主題は、最低限、上記の事は把握しておいた方が良いという話です。
(このブログを読まれるような方は、把握されている方の方が多いと思いますが)

把握する為に使うのが、家計簿
家計簿と言っても、レシートを全部とっておいて「豆腐68円」などまで細かく記入する必要ないと思います。
私の場合は、口座の入出金だけはきっちり入力して、現金として使う為にATMから降ろした分とクレジットカードの使用分から、月の消費支出を把握するといったざっくりしたものです。1万円以上の買い物とかは、何買ったか書いてますけど。

家計簿に関しては、
2008年 家計決算 [投信で手堅くlay-up]と
[公開家計簿WAKABA]が参考になると思います。

家計簿ソフトに関しては、家計簿[VECTOR]でいろいろなソフトが公開されているので、自分にあった家計簿ソフトを見つけてください。
ちなみに私は3年半前からファイナンシャルプランナーが作った家計簿を使用しています。それまでは、年にいくら使ったか(消費支出)はちゃんと考えた事ありませんでした。「給料内で生活できて、預金が増えてるからまぁいっか」みたいな感じで。
個別株投資されている方なら、家庭決算書2009が面白いかも。

銀行や証券口座などにいくら残っているのかのストックは把握している人がほとんどだと思いますが、月や年の可処分所得(手取り収入)と消費支出のフローも知っておく。そのうえで、投資と預金にいくら振り分けるか考える。
家計簿は、細かく書くほど分析に活かせますし、細かく書くほど時間がかかって面倒くさいです。ご自分にあった記入方法や家計簿ソフトを試しながら見つけてみてください。

<追記>
他の家計簿ソフトも少し試してみたのですが、「マスターマネー家計版」が自由度が高く良い感じです。フリーソフトじゃなくてもいい人なら、これがおすすめです。
作ってるメーカーのサイト(無料体験版が有るので、興味が有る方は試してみてください。ただし、自由度が高いので家計簿ソフトは初めてって人は慣れがいるかも。
ちなみにアマゾン 等で買った方が安いです。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

ご紹介ありがとうございます。
行き当たりばったりにならない、計画的な投資には家計簿が役に立ちますよね。
「家庭決算書2009」というソフトは初めて知りましたが面白いですね。

じゅん@さん
こんばんは。
そうですね。長く続けていくには、計画的な投資をしていく必要が有りますね。
それから、生活費を知る事は老後へ向けてのライフプランを練るうえで必要だと思います。

10年以上

つけています。
各月の公共料金や、冬に灯油を何回かったかとか、お祝いや香典をいくら出したかとか後から見返すと参考になることがあります。

ダモさん こんにちは。

なるほど~。お祝いや香典については、考えたこと無かったです。いろいろな効果が有りますね。自分も長く続けたいなと思います。あまり細かいことは書いてないですけど。

同感

私も家計簿をつけて3年目になります。

FPネコさん こんばんは。
コメントありがとうございます。

家計簿はなかなか良いですよね。
私の家計簿はほんと大雑把ですが。だからこそ、続けられてるのかなと思います。自分の性格的に。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/527-192fb90d

アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。