スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

グロソブがモーニングスターファンドオブイヤー2008に選ばれる。 

あまり話題になってませんが、モーニングスター ファンドオブザイヤー2008が発表になっています。

最優秀賞
国内株式型部門 ダイワ 好配当日本株投信 (季節点描)
国際株式型部門 DIAM 世界好配当株オープン(毎月決算コース)  『愛称:世界配当倶楽部』
国内債券型・国際債券型部門 グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)
国内ハイブリッド型・国際ハイブリッド型部門 野村 世界6資産分散投信(分配コース)

債券型では、インデックス投資家さんを中心にアンチも多い?グロソブが選ばれていますね。ちなみに私は少しだけ保有していて、好きでも嫌いでもありません。

グロソブの選定ポイントはこちら
◇類似ファンド平均を上回るパフォーマンス
2008年のトータルリターンは▲14.62%となり、ベンチマークに対しては、4.35%下回ったものの、類似ファンド平均を4.50%上回った。過去1年間の円高により、為替要因はマイナスに寄与したものの、デュレーションの長期化、日本債券の買い増しを行ったことで類似ファンド平均を上回った。過去3年、5年のトータルリターン(年率)も類似ファンド平均をそれぞれ1.10%、0.27%上回っており、中長期的にも日本国債を投資対象としている点が円高による下落の抑制に寄与した。

◇高い情報力と実績ある運用会社の助言を生かした運用
◇投資家ニーズに沿った安定分配と充実した運用情報の開示

というわけで、トータルリターンを見てみましょう。
モーニングスターファンド検索で、「国際債券(F)ヘッジなし型」「DC・ラップ口座専用を除く」で検索。271件が該当。コモディティ型もここに分類されるようです。
表示項目を「長期リターン」にして、1年リターンで並び替えして、見てみました。(結果ページにリンク貼ろうと思ったのですが、直リンクできませんでした。)
一部を抜粋

順位 ファンド名 信託報酬 運用会社 1年リターン 2年リターン 3年リターン 5年リターン
1位
MHAM ボンド・インカム・オープン 
0.26% みずほ -0.36% 0.15% 0.26% 0.09%
5位 シュローダー 月果美人 『愛称 : 月果美人』  2.02% シュローダー -4.62% -0.87% 0.65% 2.23%
10位
三菱UFJ USボンド(毎月分配型) 『愛称 : 夢満債(米ドルコース)』 
1.10% 三菱UFJ -9.26% -6.56% -2.67% 1.04%
29位
しんきん 海外ソブリン債(欧米) 
1.00% しんきん -16.04% -8.32% -3.33% 1.01%
34位
グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型) 
1.31% 国際 -17.85% -9.47% -4.27% 0.60%
52位
PRU 海外債券マーケット・パフォーマー 
0.68% プルデンシャル -20.15% -10.27% -4.43% 0.85%
60位
STAM グローバル債券インデックス 
0.67% 住信 -20.45% - - -
61位
中央三井 外国債券インデックスファンド 
0.73% 中央三井 -20.46% -10.44% -4.47% 0.74%
147位
ドイチェ・ヨーロッパインカムオープン 
1.26% ドイチェ -26.41% -13.62% -6.53% -0.60%
208位
みずほ豪ドル債券ファンド 『愛称 : コアラの森』 
1.31% みずほ -30.83% -15.71% -8.28% -1.47%
241位
海外投資適格社債ファンド 『愛称 : IGファンド』 
1.31% 新光 -35.13% -22.38% -13.20% -5.21%
271位
ニュージェネレーション世界環境ファンド 『愛称 : 水と太陽』 
1.10% ユナイテッド -59.71% - - -


グロソブ(毎月決算型)は271本中34位でした。32位・33位がグロソブの(1年決算型)と(3ヵ月決算型)です。1位から4位は分類間違いと思われるヘッジ有り型のファンドが占め。その後は、ヨーロッパやオセアニア通貨に比較して下落率が低かった米ドルを主な投資対象にしているファンドが上位を占めています。

当たり前ですが、一番リターンに影響を与えていると見えるのが、投資対象ですね。特に通貨の変動の影響が大きかったと思われます。ここ1年のリターンはグロソブが信託報酬が低いPRU海外債券マーケットやSTAMグローバル債券を上回っています。これは、PRUやSTAMが外国債券のみを投資対象としているのに対して、グロソブは日本債券も組み込んでいるというのが大きいでしょう。日本債券が組み込まれていてその割合を裁量で有る程度変化させるというのは、好みでしょうね。日本債券はいらない・日本債券との投資割合は自分で決めたいという人もいるでしょうし、状況に応じて有る程度リスクを減らしてくれるのは(リターンも減ってしまう可能性はありますが)有り難いと考える人もいるでしょうし。

海外の社債に投資するIGファンドはここ1年のリターンは-35.13%と大幅な下落、3年リターンでも-13.2%と大きな下落ですが、5年リターンだと+5.21%と、他よりも高いリターンとなっています。国債などと比べて景気回復期の上昇率が大きく、景気後退期の下落率が大きいという特徴が出ています。

リターンだけでいうなら、29位のしんきん海外ソブリン債が各期間全てでグロソブを上回っています。
こちらのファンドではなくグロソブが最優秀賞に選ばれたのは、
◇高い情報力と実績ある運用会社の助言を生かした運用
◇投資家ニーズに沿った安定分配と充実した運用情報の開示
に加えて、しんきん海外ソブリン債がしんきんでのみ取扱いなのに対して、グロソブは多くの金融機関で取り扱っているという点もあると思います。

◇高い情報力という事に関しては、私はグロソブの運用レポートはわりかし好きでよく読んでますが、他の投信のレポートと比べて良くまとまっていて分かりやすいです。
◇投資家ニーズに沿った安定分配と充実した運用情報の開示については、みきぱぱさん教えていただいた日経ヴェリタスの広告?記事 残高5兆円超 特集・巨艦グロソブ 解体新書に詳しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

2006年

秋に買ったんですが、はじめの半年は調子よかったんですよ。価格もあがって、配当もたくさん出て。。で。2007年の夏を境に落ち始めて、どんどんどんどんさがるばかり××今も下がり続けています。。2025年に終了しますが、元はとれるんだろうか?と心配しています。
持っているのはグロハイと日米リートです。

リンクフリー

http://www.world-realtime-markets.com/
上記URL世界の株価指数のページを作成しました。
リンクフリーなので、ブログでご自由にご利用ください。

こんばんわ。
某SNSの投信コミュでもグロソブの運用をめぐって議論されていました。
賛成派は分配金を評価して、懐疑派はそのパフォーマンスに疑問ありという感じでしょうか。

もちろん購入する、しないは個人の判断ですので、それに関して異議を唱えるわけではありません。

ただ、日経ヴェリタスの記事を読んだ時、理想の投信とはどういうファンドなのかなあと考え込んでしまいました。
難しいですね。

ダモさん こんにちは。
グロハイは、オセアニア通貨の為替次第でしょうね。

みきぱぱさん
毎月分配金のファンドはグロソブの他に有りますし、グロソブでも年1決算型も有りますし。
・毎月分配が必要かどうか。
・セミナーなどが充実しているが信託報酬が高めなのはどうか。
・運用(投資方針・リターン)がどうであるか。
と分けて考えてみたらどうでしょう。

分配金

毎月、中学生のお小遣い程度、入金されるので、お給料日前、ちょっと足りないなーって時に、こちらの口座からおろして使っています。それは、なかなかいいかなと思います。自分のお金、どっちからおろしても同じなんですが、気分的に”もらったぞー”っていうのが嬉しい。。。
それにしても本体価格が下がり続けてるのが気になりますが・・
なんで、分配金が出るんだろ?

ダモさん こんにちは。
グロソブなどの毎月分配や奇数月分配のファンドのメインターゲットは、退職された後の方になると思います。そういった人のニーズは、何十年後かの基準価格よりも、ある程度安定して受け取れる分配金なのだと思います。
毎月分配ファンドじゃなくても、自分で毎月一定額を解約すれば同じとの意見もありますが、中身は同じなんですが、「心理面」なんですよね。実際、儲かっている時はともかく基準価格が下がっている時は人間の心理として一定額を自分で解約して切り崩し続けるには抵抗があると思います。

イトーヨーカドーが1000円や500円下取りセールをしていましたが、これも、
「まだ使えるので捨てるのはもったいない」という心理的抵抗をうまく和らげている例だなと、感心しました。

もちろん、分配金が全て「もらったもの」ではなく、特別分配金は自分の最初に購入した分を切り崩している などといった基本的な事は販売前にきちんと説明が必要ですし、理解してから買う必要がありますけどね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/535-5fe12093

理想の投資信託とは

staygoldさんの「株をはじめる前に読むブログ」に「グロソブがモーニングスターファンドオブイヤー2008に選ばれる。 」という記事が掲載されていました。 (大変参考になりました) 日本ではつい最近までグロソブのようなファンドが大人気でした。信託報酬は高めだが...
  • [2009/02/14 10:14]
  • URL |
  • 楽(趣味)あれば苦(投資)あり |
  • TOP ▲
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。