小売業の業績を見る2~営業利益 

小売業の業績を見る1~販管費の伸びで見る規模拡大 の続きです。

イオン 2005年2月期   2006年2月期   2007年2月期   2008年2月期   2009年2月期    
営業収入 4,195,843 18.3% 4,430,285 5.6% 4,824,775 8.9% 5,167,366 7.1% 5,230,786 1.2% 営業収入
営業利益 146,777 11.0% 166,105 13.2% 189,728 14.2% 156,040 -17.8% 124,373 -20.3% 営業利益
販管費 1,266,476 18.3% 1,368,584 8.1% 1,548,365 13.1% 1,697,944 9.7% 1,732,199 2.0% 販管費

売上は、伸び続けています。しかし営業利益は、2008年2月期・2009年2月期と2期連続でマイナスです。なぜ売上は増えているのに営業利益は減るのか?


イオンの損益計算書を見てましょう。
2009年2月期(P22)
売上高4兆7061億円売上原価3兆74214億円売上総利益(粗利)1兆3319億円です。
イオンの場合、売上以外のその他営業収入があり、5247億円です。
売上総利益その他営業収入を足した1兆8566億円営業総利益となります。
販売費及び一般管理費1兆7322億円かかっています。
営業利益営業総利益から販管費を引いた1兆2437億円となります。

ちなみに営業収入売上高4兆7061億円にその他営業収入5247億円を足した5兆2308億円となります。

一般的な小売業の場合、その他営業収入の割合が少ない事が多いので無視して、
営業利益粗利-販管費 
と見ても大丈夫な場合が多いです。しかし、複合的に事業を展開しているイオンですとその他営業収入も無視できないほどあります。

ちなみに粗利=売上-売上原価 ですが、
粗利=売上げ×粗利益率 と考えることもできます。

営業利益=(売上×粗利益率)-販管費

よって、売上や粗利益率が高い程、販管費は低いほど、営業利益は大きくなります。

イオンの様にその他営業収入が折る程度大きいなら、
営業利益=(売上×粗利益率)+その他営業収入-販管費


少し話しが飛びますが。
ホンダの決算説明会の資料を見ると、
13ページに増減要因が書かれています。

営業利益は前期比で-3116億円なのですが、内訳は、
売上変動構成差要因 +1102億円
コスト要因 -746億円
販管費要因 -1099億円
研究開発費要因で+53億円
為替要因で -2427億円
となっています。

こうやって営業利益が減っている理由を、要因に分けて書かれていると、理解がしやすいですね。


というわけで次回は、イオンの営業利益が2期連続でマイナスになっている理由を、要因に分けてみようと思います。

今回のポイント
営業利益=(売上×粗利益率)+その他営業収入-販管費

売上や粗利益率が高い程、販管費は低いほど、営業利益は大きくなります。
その他営業収入も高ければ、営業利益にプラス要因。その他営業収入の割合が低い場合は、無視して考えてもそれほど影響はない。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/555-480d92ff

アクセス解析アクセスランキング