スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

小売業の業績を見る4~月次と逆販管費率 

昨日は、雪が降ってちょっと驚きました。もう夏タイヤに換えてたのでおそるおそる帰りました。

話かわって、今日の日経MJの記事「SC売上高既存施設ベースで3月は前年比8.3%減少」「ホームセンター売上高既存店ベースで6.9%減少、3月来店客数も減」。ホームセンター売上高は、客数が0.3%減で客単価が約6.6%減との事。ホームセンター大手DJホールディングスの月次
小売で働いている私の個人的感覚でも、「客数はそれほど減ってないが客単価が落ちている」って感じでいたので小売全体がそういう傾向なのかもしれませんね。自動車などで40%減などの数字に慣れてきているのでパッと見のインパクトは無いですが、一般的な小売の利益体質を考えると、これが続くと結構厳しい感じです。3月はまだまだ「冬」だったようですが、これから上向くと良いのですが。それか多少売上が減っても大丈夫な体質にしていくか。


イオンを見た時と同じ様に、いくつかの小売業の数字を見てみましょう。
まずは、北海道の食品スーパー2社。

マックスバリュ北海道 05年3月期 前期比 06年3月期 前期比 07年3月期 前期比 08年1月期 前期比 09年1月期 前期比
売上 59,928 3.7% 59,985 0.1% 59,865 -0.2% 50,806 -15.1% 76,043 49.7%
売上総利益 13,294 1.6% 13,475 1.4% 14,044 4.2% 12,128 -13.6% 18,388 51.6%
売上外営業 1,328 7.8% 1,297 -2.3% 1,248 -3.8% 1,030 -17.5% 1,385 34.5%
販管費 14,160 3.6% 14,170 0.1% 14,448 2.0% 12,691 -12.2% 19,604 54.5%
営業利益 462 -29.1% 595 28.8% 844 41.8% 466 -44.8% 168 -63.9%
粗利益率 22.2% -2.1% 22.5% 1.3% 23.5% 4.4% 23.9% 1.8% 24.2% 1.3%
逆販管費率 4.33 0.2% 4.32 0.0% 4.23 -2.2% 4.08 -3.4% 3.95 -3.3%
マックスバリュ北海道の数字です。07年まで3月期決算、08年から1月決算に変更になった為、08年1月期は10ヶ月の変則決算です。その為、前年比だけの前期比だけで見ると分かりにくいですが。販管費の前期比と比べて見てみたり、逆販管費率(※販管費率の逆数で、これが3.95なら1億円の運営費がかかる店なら3.95億円の売上があるということ)などを見てみると、ちょっとは分かりやすいと思います。粗利益率は順調に上がっていますが、逆販管費率が08年1月期、09年1月期と連続して大きく下げている為この2年で営業利益は大幅に減少しています。
今年度の月次を見てみると、2月3月と連続して既存店売上高が10%以上の大幅マイナスです。もしこの数字が続けば逆販管費率はさらに悪化していますので、次回の決算は大変厳しい数字になると思われます。大幅な売り上げ減をなんとか止めたいところですね。

アークス 05年2月期 前期比 06年2月期 前期比 07年2月期 前期比 08年2月期 前期比 09年2月期 前期比
売上 204,597 9.2% 222,886 8.9% 229,777 3.1% 241,455 5.1% 253,896 5.2%
売上総利益 45,286 11.4% 49,758 9.9% 51,344 3.2% 54,438 6.0% 57,784 6.1%
販管費 39,166 11.3% 43,408 10.8% 43,997 1.4% 46,305 5.2% 49,203 6.3%
営業利益 6,120 12.4% 6,351 3.8% 7,347 15.7% 8,133 10.7% 8,580 5.5%
粗利益率 22.1% 2.0% 22.3% 0.9% 22.3% 0.1% 22.5% 0.9% 22.8% 0.9%
逆販管費率 5.22 -1.9% 5.13 -1.7% 5.22 1.7% 5.21 -0.2% 5.16 -1.0%

続いてはアークス。こちらも逆販管費率が08年2月期、09年2月期と下げていますが、マックスバリュ北海道と比べてその落ち幅が小さい為、営業利益はプラスを前期比プラスをキープしています。こちらは、月次は発表していません。


調子が良さそうな会社をみてみましょう。

ファーストリ 05年8月期 前期比 06年8月期 前期比 07年8月期 前期比 08年8月期 前期比 ※09年上 前期比
売上 383,973 12.9% 448,819 16.9% 525,203 17.0% 586,451 11.7% 357,424 -39.1%
売上総利益 170,290 4.3% 212,418 24.7% 248,395 16.9% 293,682 18.2% 178,054 -39.4%
販管費 113,598 14.5% 142,062 25.1% 183,431 29.1% 206,189 12.4% 108,197 -47.5%
営業利益 56,692 -11.4% 70,355 24.1% 64,963 -7.7% 87,493 34.7% 69,856 -20.2%
粗利益率 44.3% -7.6% 47.3% 6.7% 47.3% -0.1% 50.1% 5.9% 49.8% -0.5%
逆販管費率 3.38 -1.3% 3.16 -6.5% 2.86 -9.4% 2.84 -0.7% 3.30 16.1%

まずは、ユニクロが好調なのファーストリテイリング。8月決算ですので、※09年上は2月までの上半期の数字です。その為、前年比だけの前期比だけで見ると分かりにくいですが。販管費の前期比と比べて見てみたり、逆販管費率などを見てみてください。月次データを見て見ると、2009年上半期は既存店で売上高が前年比+12.9%と非常に好調です。
その為、逆販管費率は16.1%も大幅に上昇しています。既存店の伸び以上の数字になっているのは、衣料品の場合冬物の方が単価が高い為、通期よりも上半期だけの方が高い傾向があるからじゃないかと思われます。
当然これだけ既存店売上高が伸びれば、営業利益は良くなります。
ファーストリテイリングは、単純に小売というよりもASP(製造+小売)ですので、粗利益率は高く、逆販管費率は低めになります。


今回のポイント

前期比の変動は、売上などよりも利益の変動の方がずっと大きくなります。

月次を発表している企業は、月次も見てましょう。特に既存店売上高の推移。
逆販管費率も既存店売上高と同じ様な数字で推移すると仮定して計算してみると、次回決算のおおまかな予想がつくと思います。ただし、粗利益率は月次では分からないので、その変動によって予想とはずれるでしょうし、逆販管費率と既存店売上高の推移は全くのイコールではありません。

※あくまで、小売企業の決算の見方の一例です。銘柄推奨ではありません。株式投資であれば、業績と株価との兼ね合いだと思いますが、ここでは業績を主体に書いてきました。 

決算、業績だけを見れば今回書いた企業は、ファーストリテイリング>アークス>マックスバリュ北海道 となるでしょうが。業績が良い企業は株価は高めに、良くない会社は株価は低めの傾向があるでしょうし。こらからどうなっていくか、伸びしろが有るのかというのも重要なとこです。
そこが株式投資の難しいところでもあり、面白いところですね。 

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/557-2b54bdc9

アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。