スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

EMB(新興国債券海外ETF)の国別投資割合比較。  

5月15日より、楽天証券で新興国債券に投資する海外ETFEMBの取扱いが始まりました。
EMB(新興国債券型海外ETF)はどの様な国にどの位の割合含まれているのか?気になったので調べてみました。

比較として、STAM新興国債券インデックス(新興国債券型投信)、EEM(新興国株式型海外ETF)、STAM新興国株式インデックス (新興国株式型投信)の国別割合も載せています。
 


EMB STAM新興国債券 EEM STAM新興国株式
ロシア 11.7% 0.7% 8.0% 5.7%
ブラジル 11.5% 10.0% 15.4% 14.9%
トルコ 8.9% 10.0% 1.3% 1.4%
フィリピン 7.7%
1.3% 0.6%
マレーシア 7.1% 10.0% 0.5% 3.3%
メキシコ 7.0% 10.0% 5.8% 4.5%
ベネズエラ 4.9%


インドネシア 4.5% 8.8% 1.7% 1.4%
ペルー 4.5% 2.5% 0.5% 0.6%
コロンビア 4.4% 5.1% 0.2% 0.6%
南アフリア 4.4% 10.0% 8.4% 8.2%
中国 3.5%
12.3% 18.4%
ウルグアイ 2.4%


パナマ 2.3%


チリ 1.6% 2.6% 2.4%

1.7%

イラク 1.5%

ブルガリア 1.4%


アルゼンチン 1.3%
0.7% 0.1%
ウクライナ 1.0%


エルサルバドル 0.7%


エクアドル 0.6%


タイ
10.0% 1.7% 1.4%
ハンガリー
10.0% 1.6% 0.4%
ポーランド
10.0%
1.1%
エジプト
0.4% 0.7% 0.6%
韓国

11.9% 12.0%
台湾

10.7% 11.4%
インド

6.4% 6.5%
イスラエル

3.9% 3.9%
チェコ

2.2% 0.6%
モロッコ


0.5%
香港

1.8%
アメリカ 3.7%
0.3%
オランダ 1.9%



98.5% 100.1% 99.7% 98.1%

EMBはロシア11.7%、ブラジル11.5%、トルコ8.9%、フィリピン7.7%、マレーシア7.1%、メキシコ7.0%といったところの投資割合が多くなっています。
BRICsでは、ロシア・ブラジルが大きな割合を占めているのに対して、中国は3.5%、インドは0.0%です。ここら辺は、外国向け債券の残額の違いなどが出ているんですかね。

STAM新興国債券インデックスは、ブラジル・メキシコ・マレーシア・タイ・トルコ・南アフリカ・ハンガリー・ポーランドの8カ国がそれぞれ10%、その他の6カ国で30%となっています。 分かりやすいといったら分かりやすい、ざっくりとした配分となっています。ここら辺は、できてそれほど時間たってないってのもあるのかな。

EEMSTAM新興国株式の2つを見比べてみると、対応指数は同じMSCI エマージング・マーケット・インデックス(厳密にはEEMはドル建て・STAMは円建てのインデックスです)ですが、意外と国別投資割合が違ったりします。
気になったので、同じくMSCI エマージング・マーケット・インデックスに対応のバンガードの海外ETF VWOを見てみると、同じETFでも1年で結構国別割合が変更になったりしているようです。
なので、あまり細かい差は気にしなくてもよいかもしれませんね。

新興国債券型と新興国株式型を見比べると、中国やインドは株式型では割合が高いが債券型では割合が低い。逆に東南アジア諸国やトルコなんかは、株式型では割合低めですが債券型では割合高めです。

↓以下はぜんぜん関係ない話です。


今、釧路に来てます。先週は根室で花まる、昨日はまつりやと回転寿司に行ってきました。どっちもお腹いっぱい食べて2000円しなかったです。あまり高級なネタは食べてませんが、いや~おいしかったです。
あと、カウンターだけの居酒屋浦島も良かったです。魚はもちろんうまいし、肉もおいしかったです。先週行って良かったのでもう1回行こうと思ったら、今週はお休みでした。残念。
南蛮亭のザンギも、ボリューム満点で良かったです。

って、なんかおいしいもの食べにだけ釧路に来たかのようなかんじですが。一応?ちゃんと仕事もしてますよ。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

こんばんは。

こうして見るとけっこう違うものなんですねえ・・・意外です。確かにここまで異なると好みは分かれるでしょうね。


お腹いっぱい食べて2000円しないなんて・・・うらやましっす!!

新興国とはいえ、インデックスにおいてずいぶん比率が違うなぁとい宇野がストレートな感想です。

なぜこれがインデックスに選ばれたか?理由があると面白いですね。

ただ、運用方法てきに無駄にコストがかからずにいろいろな商品を比較できるのはいいと思います。

Kenさん こんばんは。
私も実際に調べてみるまで、ここまで違うとは思ってませんでした。
寿司、いいでしょーv-14

矢向さん こんばんは。
インデックスと一言で言っても、いろいろな指数がありますからね。
細かい、選定方法とかは興味ありますね。
STAMはきもちアジア重視な感じがしますが。

新興国債券のETFを参考にさせて頂きました。トラックバックさせて頂きました。今後とも宜しくお願いします。

lazyさん コメントありがとうございます。

TBうまく反映されてないようですね。
なんででしょ。

また、ぜひTBやコメントお待ちしております。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/586-5d4e9116

アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。