スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

相関係数で見る、出来高・流動性・投資金額と日経平均の関係 

相関係数:2つの確率変数の間の相関(類似性の度合い)を示す統計学的指標。
-1 から 1 の間の実数値をとる、1に近いと正の相関があるといい同じ様に動く傾向がる。-1 に近ければ負の相関があるといい、反対方向の動きをする傾向がある。0 に近いときは相関は弱い

おおよその目安として、
相関係数が0.7~1.0 強い関連
相関係数が0.4~0.7 中程度の関連
相関係数が0.2~0.4 弱い関連
相関係数が0~0.2 ほとんど関連がない。
符号がマイナスならば、逆方向の関連。 

主市場が東証1部の1632銘柄の、「出来高」、「流動性(=出来高÷単元株数)」、「投資金額(=株価×単元株数)」、「ベータ」「ベータ乖離」の5つの指標の相関係数を計算しました。

ベータ:日経平均の値動きと個別銘柄の値動きとの感応度合を表した指標。 日経平均が「1」動くときに、当該銘柄がどれだけ動くかを示し、1に近いほど日経平均と同じ様な動き方をする傾向がある。 

ベータ乖離:ベータが1からどれだけ離れているかです。ベータが0.7なら0.3、1.2なら0.2。これが小さいほど日経平均を同じ様な動きをする傾向がある。

  ベータ乖離 ベータ 出来高 流動性 投資金額
ベータ乖離 × -0.79 -0.12 -0.05 -0.11
ベータ -0.79 × 0.24 0.15 0.15
出来高 -0.12 -0.24 × 0.85 0.04
流動性 -0.05 0.15 0.85 × -0.05
投資金額 -0.11 0.15 0.04 -0.05 ×

ベータ乖離ベータが-0.79の負の相関、出来高流動性が0.85の正の相関となっているのが目立ちます。しかしこれらは指数の性質を考えたら当然の結果かと思います。

投資金額流動性は、負の相関【投資金額が高い銘柄ほど、取引量が少なくなる傾向が有る】となっていますが、-0.05と無相関に近いです。

出来高ベータ乖離は、負の相関【出来高が増えるほどβとの乖離が少ない(日経平均と同じ様な動きをする)】となっていますが、-0.12と非常に弱いです。
流動性ベータ乖離は、負の相関【流動性が増えるほどβとの乖離が少ない(日経平均と同じ様な動きをする)】となっていますが、-0.05とさらに弱いです。
投資金額ベータ乖離は、負の相関【投資金額(株価×単元価格)が増えるほどβとの乖離が少ない(日経平均と同じ様な動きをする)】となっていますが、-0.11とこれまた弱いです。

上記3つの結果は、先週に書いた記事
流動性の大きい銘柄ほど日経平均の影響を受けやすい?
株価が大きい銘柄ほど日経平均の影響を受けやすい?
出来高が多い銘柄ほど日経平均の影響を受けやすい?
と比べると、相関がプラスかマイナスかの方向は同じですが、相関の強さでいうと印象が違ったものとなりました。

次に、1632銘柄を「出来高」を少ない順から並べ、100銘柄づつ17グループ(最後のグループは32銘柄)に分けました。(おまけの表1)
各グループの出来高平均とベータ乖離平均を算出。それをもとに相関係数を調べてみると、
出来高平均ベータ乖離平均は、-0.42という結果で、中程度の負の相関となりました。
ついでに、17グループに出来高が少ない順番に1,2,3…とグループ名をつけ、ベータ乖離平均との相関係数を調べたところ、結果は-0.98と非常に強い負の相関となりました。
出来高の絶対値よりも、相対的な出来高の大きさの影響が強いようです。

同様に「流動性」順に並べて、各グループの流動性平均ベータ乖離平均の相関係数を計算すると、
-0.36という結果となりました。
流動性グループ順番とベータ乖離平均との相関係数は、 -0.94
出来高の場合とほぼ同様の結果となりました。(おまけの表2)

同様に「投資金額」順に並べて、各グループの投資金額平均ベータ乖離平均の相関係数を計算すると、
-0.78という強めな、負の相関となりました。
出来高や流動性の場合よりも強い負の相関となりました。
ただし、流動性グループ順番とベータ乖離平均との相関係数は、-0.82 となり
と出来高や流動性の場合よりも負の相関が弱いです。(おまけの表3)

まとめ
出来高が多い群ほど、日経平均(おそらくTOPIXとも)との乖離が小さくなる傾向がある。
流動性が高い群ほど、日経平均(おそらくTOPIXとも)との乖離が小さくなる傾向がある。
投資金額が大きい郡ほど、日経平均(おそらくTOPIXとも)との乖離が小さくなる傾向がある。

「出来高」「流動性」「投資金額」といった項目は、「日経平均と同じ様な動きをするかどうか」に影響を与える要因で有ると言えると思います。

しかし個々の企業のベータを見ると、ベータ(ベータ乖離)の値のバラつきが大きく、その結果、相関係数も0に近いものとなっている。
これは、個々の企業の値動きでは「出来高」「流動制」「投資金額」以外の要因、例えば「業績」等による影響が大きいからだと思われる。

おまけ
表1、出来高順100銘柄ごとのグループの平均値

出来高
平均
ベータ
平均
ベータ乖離
平均
グループ
順番

1,967

0.38

0.63

1

7,278

0.37

0.64

2

12,825

0.39

0.61

3

21,101

0.42

0.58

4

32,425

0.44

0.56

5

50,236

0.55

0.46

6

74,676

0.54

0.47

7

104,133

0.55

0.45

8

139,894

0.59

0.43

9

198,739

0.63

0.41

10

275,293

0.64

0.38

11

416,310

0.68

0.39

12

680,610

0.73

0.34

13

1,084,656

0.90

0.28

14

2,075,019

0.97

0.29

15

5,926,454

1.07

0.28

16

28,836,784

1

0

17


表2、流動性順100銘柄ごとのグループの平均値

流動性
平均
ベータ
平均
ベータ乖離
平均
グループ
順番

18

0.34

0.66

1

45

0.41

0.59

2

73

0.42

0.58

3

104

0.46

0.54

4

148

0.51

0.49

5

210

0.53

0.47

6

278

0.54

0.47

7

393

0.52

0.48

8

569

0.64

0.38

9

797

0.64

0.39

10

1,104

0.70

0.36

11

1,597

0.73

0.37

12

2,473

0.73

0.37

13

4,121

0.78

0.39

14

7,793

0.94

0.30

15

19,390

0.96

0.35

16

184,475

1.06

0.31

17

表3、投資金額順100銘柄ごとのグループの平均値

投資金額
平均
ベータ
平均
ベータ
乖離平均
グループ
順番

20,360

0.59

0.49

1

45,650

0.57

0.48

2

64,904

0.59

0.45

3

81,608

0.59

0.46

4

97,841

0.54

0.47

5

116,270

0.58

0.47

6

138,090

0.55

0.48

7

161,025

0.59

0.47

8

187,616

0.64

0.43

9

218,147

0.60

0.46

10

257,227

0.66

0.45

11

305,981

0.63

0.46

12

366,145

0.63

0.45

13

446,205

0.74

0.38

14

570,195

0.70

0.41

15

879,080

0.71

0.36

16

1,537,563

0.85

0.39

17

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/598-7e5b8ea4

アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。