2010年1月の世界の株価指数と為替 

ごぶさたしてました。昨日の夜、旅行からぶじ帰ってきました。旅行記は後日書きたいと思います。

それでは、2010年1月の世界の株価指数と為替です。

2009年末→1月末(先月末比)(昨年末比)で見ていきたいと思います。今年から米ドル建て商品価格も参考値としてみていきたいと思います。海外ETFのGSGの値を参考にしています。

まずは為替を見てみましょう。対円 
米ドルは、昨年末92.4→1月末90.3(-2.3%)(今年-2.3%)
ユーロは、132.5→125.2(-5.5%)(今年-5.5%) 
英ポンドは、148.5→144.3(-2.8%)(今年-2.8%)
豪ドルは、82.6→79.9(-3.3%)(今年-3.3%)
NZドルは、66.7→63.3(-5.1%)(今年-5.1%) 
カナダドルは、87.6→84.4(-3.7%)(今年-3.7%)
GSG(米ドル建て商品価格ETF) 31.82→29.24(-8.1%)(今年-8.1%)

商品価格の下げが目立ちます。
1月は円が強かったです。他の主要国通貨は、円に対して揃ってマイナスでした。
特にユーロの-5.5%が目立ちます。どうせ下がるなら、あと2週間ぐらい早く下がってくれたら、個人的に嬉しかったんですけど。
米ドルは円に対してこそはマイナスでしたが、他の主要国通貨と比べると弱くはありませんでした。

外貨FX 0% (今年0%)
1月は取引なしでした。



つづいて日本の株価指数を見てみましょう。
日経平均 昨年末10546→1月末10198(-2.5%)(今年-2.5%)
TOPIXは、907.6→901.1(-0.7%)(今年-0.7%)
2部株価指数は、2066.4→2093.9+1.3%)(今年+1.3%)
日経JASDAQ平均は、1176.9→1210.8(+2.9%)(今年+2.9%)
マザーズ指数は、416.2→412.7(-0.9%)(今年-0.9%)
ヘラクレス指数は、558.7→569.9(+2.0%)(今年+2.0%)
REIT指数は、893.2→905.4(+1.4%)(今年+1.4%)   

上げ下げマチマチですが、-2.5%~+2.9%の間に収まっており、「先月と大きくは変わらず」といったところでしょうか。
日経平均が-2.5%とややマイナスが目立ちます。円高の影響でしょうか。1万の大台はキープしました。

株 -3.8% (今年-3.8%)
株価指数と比べて、ちょっと低い成績となりました。新規購入なし
先物ミニ・OP   0% (今年0%)
取引なし

続いて、世界の株価を見てみましょう。 

アメリカ株 はというと、(米ドルベース) 
NYダウが、昨年末10428→1月末10067-3.5%)(今年-3.5%)
SP5001115.1→1073.9(-3.7%)(今年-3.7%)
NASDAQは2269.2→2147.4(-5.4%)(今年-5.4%)

NYダウはギリギリ1万台キープです。
円建てで見ると、米ドルは-2.3%でしたので、
NYダウが-5.7%、SP500が-5.9%、NASDAQが-7.5%でした。

ヨーロッパ株
はいうと、(現地通貨ベース)
ドイツDAXは、5957.4→5608.8-5.9%)(今年-5.9%)
イギリスFT100は、5412.9→5188.5(-4.1%)(今年-4.1%) 

円建てで見ると、
ユーロは-5.5%でしたので、ドイツが-11.0%。
ポンドは-2.8%でしたので、イギリスは-6.8%です。
ユーロ安という事もあってヨーロッパ株の下げも目立ちます。

Brics
はというと、(現地通貨ベース)
インドSENSEX指数は、17465→16358(-6.3%)(今年-6.3%)
ブラジルは、68588→65402(-4.6%)(今年-4.6%)
ロシアは、1444.6→1473.8+2.0%)(今年+2.0%)
上海総合指数は、3277→2989(-8.8%)(今年-8.8%)
香港H株指数は、12794→11498(-10.1%)(今年-10.1%)

昨年絶好調だったBRICsですが、その反動も有ってかロシア以外は大きめなマイナスでした。円建てで見ると、さらにもう少し下っていると思われます。

投資信託(含む海外ETF) -6.1% (今年-6.1%)
今月は、円高&海外株安でしたので、マイナスとなりました。

トータル-4.8% (今年-4.8%)
1月前半は、なんか上がり過ぎな感じがしたので、新規購入はなし。
1月後半は、旅行中だったので新規購入なし。
今月は、投資信託の積立分だけの投資でした。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/635-fc1dd4b8

アクセス解析アクセスランキング