スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

ネット本屋 徹底比較! 

私の気のせいかもしれませんが。
株や投資をしている人って本を読む人の割合が多い気がしますし。インターネットで株や投資信託を購入する人は、ネットで本を買うのにも抵抗が少ないので、ネット本屋(ネット書店・オンライン書店)を利用する人も多いんじゃないかと思ってます。

どうせ利用するなら、なるべく便利にお得に利用したい!
というわけで、ネット本屋の比較です。
※2010年5月13日時点の情報です。キャンペーンはもちろん、条件等も今後もこれがずっと続くとは限りません。最新の情報を各サイトでご確認ください。

  アマゾン  楽天ブックス  紀伊国屋  セブンネット bk1  boox 
送料

無料キャンペーン

通常は300円
商品1500円以上購入で無料 

無料キャンペーン 300円
商品1500円以上購入で無料
300円
商品1500円以上購入で無料
セブンイレブン受け取りなら金額にかかわらず無料
 
250円
商品1500円以上購入で無料 
無料キャンペーン 
ポイント なし(Amazonポイントは本には付かなくなった

楽天スーパーポイント 1%
(楽天カードなら2%) 

kinokuniya point  1%  nanacoポイント 1%  bk1ポイント 1%   
ネットマイル     1.5% 1.5%  0.5%(1万円以上なら5%)   
Gポイント   1%  1% 0.5%     
Tモール       1.5%(200円につき3ポイント)    2% (200円につき4ポイント) 
UFJ VIASO      3% 3%  5%   
クレカのポイント  各クレジットカードによる  各クレジットカードによる  各クレジットカードによる  各クレジットカードによる  各クレジットカードによる  各クレジットカードによる 
クーポン          ~9.52%   

送料 
送料300円、商品1500円以上購入で送料無料というのが一般的なようです。
送料無料にする為に、1500円以上になるようにして注文するという人も多いんじゃないかと思います。

しかし、楽天ブックスが1年以上前から購入金額に係わらずの送料無料キャンペーンを行っており、それに対抗して、アマゾンやBooxでも送料無料キャンペーンを行っています。

bk1は送料250円とちょっと安め。セブンネットは、セブンイレブン受け取りならば、金額に係わらず無料です(ただし、宅配よりも日にちが多めにかかる)。まとめ買いせずに、今読みたい1冊だけを買いたい、且つセブンイレブンが近くに有るという人には、良いかと思います。

ポイント
本は定価販売で値引きができない為、ポイントを付与しているところが多いです。税抜き価格の1%というのが標準の様です。アマゾンでも昔は1%のポイントがもらえたのですが、現在は本ではポイントがもらえなくなってしまったようです。
楽天ブックスの楽天スーパーポイント、セブンネットのnanacoポイント等は、本以外にも使い道が多いです。
楽天ブックスは、楽天カードからの購入なら2倍の2%、さらにポイントが貯まるキャンペーンなんかもよくやってます。

ポイントモール
ポイントモール経由で購入すると、上記にプラスしてさらにポイントが加算されます。主なところは、ネットマイルGポイントTモールなどがあります。
ただし、ネットマイルやGポイントはそのままでは使い道が限られる為、再度別のポイントへ換えるのが一般的でしょうけど、1000円分ぐらいのポイントが貯まらないと交換できなかったりするので注意です。
その点Tモールでは、ツタヤをはじめ実店舗で使える所が多いTポイントですので、少量のポイントでも無駄になる事が少ないでしょう。
ポイントモールは上記以外にもいくつかありますし、クレジットカード会社の会員向けポイントモールもあります。
私はUFJのVIASOカードを利用していて、bk1などでのポイントの付与率が高くてなかなか良いので、それも紹介しようと思ってたのですが。 新規募集は終了してたんですね。。今知りました。。

クレジットカードのポイント
ネット本屋のほとんど(上記にあげた所は全て)クレジットカードの利用が可能です。クレジットカードを使用すれば、各クレジットカードのポイントやマイレージが貯まります。0.5%~1%程度が一般的です。

ポイントが貯まる例

例1)ネットマイルを経由してクレジットカードを使い、紀伊国屋で本を購入した場合。クレジットカードのポイントを0.5%とした場合。1%(紀伊国屋)+0.5%(クレジットカード)+ネットマイル1.5%で合計4%分のポイント。クレジットカードのポイントが1%ならば、計4.5%。

例2)Gポイントを経由して楽天カードを使い楽天ブックスで本を購入した場合。2%(楽天ブックス)+1%(楽天カード)+1%(Gポイント)で合計4%分のポイントがつく形となります。

ポイントに対する、注意する点
1)せっかくポイントを貯めても、使わなければ意味がない。特に一定以上貯まらないと使えないポイントなどは注意が必要。

2)10円分のポイントを得る為にもし追加で2分の時間がかかってしまったら、時給換算すると300円。ポイントを得たとしても効率的とは言えない。


Amazon(アマゾン)
言わずと知れた、ネット本屋の最大手。その為レビューなどの情報が他と比べて圧倒的に多い。また、以前に買った本などから自動で本をおすすめしてくるが、結構いいところをついてくる。
AMAZONマーケットプレイスで古本を探すことも可能。
ポイントがつかなくなったのは残念であるが。現在送料無料キャンペーンを行っているので、本1冊からでも気軽に注文できる。

楽天ブックス
一時は停滞していたが、送料無料キャンペーンなどでシェアを伸ばし、現在日本のネット本屋で2番目の規模に。既に楽天市場を利用している人ならば、IDや住所などの情報はそのまま使えるし、ポイントも共通して使える。

紀伊國屋書店BookWeb
ご存知の大手本屋。
自店のポイントも、ポイントモールのポイントも貯まるし。サイトの情報量も多い方。悪くはない。

セブンネット
セブンイレブンでの本の受け取りなら1冊から送料無料。
YAHOO!ブックスも同じところが運営しており、同様のサービスです。ただしポイントはnanacoポイントではなくYahooポイントになります。Yahooショッピングをよく利用する人には、こちらがおすすめ。

bk1(ビーケーワン)
毎月のように、3150円以上の利用で使える300円分のクーポンを発行しています。3150円分ぴったりの購入なら9.5%もの割引になります。5000円分の購入でも6%。さらに1%のBk1ポイントも貯まります。お得度が高いのでよく利用しています。

boox
送料無料キャンペーン中。Tサイトからなら、Tポイントが貯まる。


ネット古本屋の比較
ネットで中古本を扱っているところは、Amazonマーケットプレイスイーブックオフブックオフonlineなどが大手です。


 
Amazonマーケットプレイス イーブックオフ ブックオフonline
送料

1冊340円

300円
1500円以上購入、もしくはクレカで3点購入、で無料
350円
1500円以上購入で無料
ポイント なし(Amazonポイントは本には付かなくなった

1% イーブックオフで利用可

なし
ネットマイル   2.5%  2.5% 
Gポイント   1%  1%
Tモール   ~2.5%(200円につき5ポイント)  1.5%(200円につき3ポイント) 
UFJ VIASO    5% 
クレカのポイント  各クレジットカードによる  各クレジットカードによる  各クレジットカードによる 

アマゾンの中古本は、の様にアマゾンが在庫を持っているわけではなく、登録している古本屋や個人への仲介の様な形になります。その為、1冊ごとに送料340円がかかります。
イーブックオフやブックオフOnlineは基本的に一箇所からの発送ですので、送料は1冊ごとではありませんし、1500円以上購入で送料無料となります。また、イーブックオフはクレジットカード払いの場合で合計3冊購入の場合も送料無料となります。
上記だけを読むとアマゾンの悪い点が目立ってしまいますが、本自体の価格はアマゾンの方が安いケースが多いです。イーブックオフやブックオフOnlineは1冊105円~ですが、アマゾンでは1円の本もあります(送料340円からアマゾンへの手数料と実際のメール便の運賃とを引いた差額も、古本屋の取り分になる為)。
また、品揃えもアマゾンが良いです。

私のネット本屋利用方法

雑誌とかは普通の本屋で買う事が多いですし、本屋をぶらぶら見て面白そうだなと思ったものも買ったりします。しかしそれよりも、ブログやアマゾンなどネットで読みたいと思う本を見つけたり、本・雑誌で紹介されていて読みたいなと思ったりする事の方が多いので、その場で注文できるネット本屋を利用する事の方が多いです。大きい本屋が有る都会ではなく、本屋っていったらTSUTAYAぐらいしかないない様なところに住んでるってのもあります。
マニアックだったり出たばっかりではない「定番本」の場合は、近くの図書館に有るかネットで調べたりもします。

定価の半額以下で買えるなら、古本で買う事が多いです。新しい本と古本の値段がそれほど変わらないのであれば、著者や出版社へも利益が行った方が良いと思うので、新しい本を買います。古本での在庫が無い場合も当然、新しい本を買います。

3150円以上買う本が有る場合はお得度が高いBk1で購入してます。そんなに買う本が無い時は、楽天ブックスかAmazonで買ったりもします。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

ビヨもアマゾンを愛用しています☆

近所の本屋では投資がらみの本は
あまり揃ってないもんで・・。

(人´e`*)< 通販便利です~☆

ビヨビヨさん 
こんにちは!

そうですよね。品揃えが良いですし、探す手間がないのが、いいですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/650-5c876ee4

アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。