2010年6月の世界の株価指数と為替 

2009年末→5月末→6月末(先月末比)(昨年末比)で見ていきたいと思います。

今月は日本の株価指数から見てみましょう。
日経平均 昨年末10546→5月末9769→6月末9383(-4.0%)(今年-10.3%)
TOPIXは、907.6→880.5→841.4(-4.4%)(今年-7.3%)
2部株価指数は、2066.4→2179.2→2141.1-1.7%)(今年+3.6%)
日経JASDAQ平均は、1176.9→1263.0→1234.2(-2.3%)(今年+4.9%)
マザーズ指数は、416.2→413.3→387.7(-6.2%)(今年-6.8%)
ヘラクレス指数は、558.7→628.6→580.2(-7.7%)(今年+3.9%)
REIT指数は、893.2→915.1→875.3(-4.3%)(今年-2.0%)   

今月はワールドカップも有ったので、あまり相場の事を気にしてなかったのですが、(1週間以上ブログ更新さぼってしまいました。。)
一旦は上昇し「日経平均が1万円回復したんだ~」と思ってたら、最後は結局下がって6月末よりさらに4%下がった9383円で終わりました。昨年末比で10%のマイナスとなりました。
2部株価指数は-1.7%、ヘラクレス指数は-7.7%というように指数によってバラつきは大きかったですが、日本の主要株価指数は揃ってマイナスの1ヶ月となりました。

株 -3.9% (今年-7.4%)
日経平均やTOPIXとほぼ同じような動き。
先月に引き続きS株を使って少しだけ買い増しをしました。
先物ミニ・OP   0% (今年0%)
取引なし

為替
を見てみましょう。対円 
米ドルは、昨年末92.4→5月末91.2→6月末88.4(-3.0%)(今年-4.3%)
ユーロは、132.5→112.2→108.2(-3.6%)(今年-18.4%) 
英ポンドは、148.5→132.6→132.1(-0.3%)(今年-11.0%)
豪ドルは、82.6→77.1→74.4(-3.6%)(今年-10.0%)
NZドルは、66.7→62.0→60.7(-2.2%)(今年-9.1%) 
カナダドルは、87.6→87.4→83.1(-4.9%)(今年-5.1%)
GSG(米ドル建て商品価格ETF) 31.82→27.77→27.09(-2.4%)(今年-14.9%)

ユーロが一時107円台、対円で8年半ぶりの安値をつけるなど、話題の中心でしたが。対円で他の主要通貨の動きを見ると-0.3%~-4.9%の間で揃ってマイナス。ユーロ安というより、円高の1ヶ月だったようです。
今年から米ドル建て商品価格(海外ETFのGSGの値)も参考値としてみてますが、6月も続落でした。その為か豪ドルが-3.6%、カナダドルが-4.9%と、いわゆる資源国通貨のマイナスが比較的大きめでした。

外貨FX -0.8% (今年-5.5%)
ユーロ/米ドルを2000通貨保有中。


続いて、世界の株価を見てみましょう。 

アメリカ株 はというと、(米ドルベース) 
NYダウが、昨年末10428→5月末10137→6月末9774-3.6%)(今年-6.3%)
SP5001115.1→1089.4→1030.7(-5.4%)(今年-7.6%)
NASDAQは2269.2→2257.0→2109.2(-6.5%)(今年-7.0%)

アメリカの主要株式指数は-3.6%~-6.5%のマイナスとなりました。
6月は米ドルが対円で-3.0%ですので、円建てではNYダウが-6.5%、SP500が-8.2%、NASDAQが-9.3%と、けっこうな下落となりました。

ヨーロッパ株
はいうと、(現地通貨ベース)
ドイツDAXは、5957.4→5964.3→5965.5+0.0%)(今年+0.1%)
イギリスFT100は、5412.9→5188.4→4916.9(-5.2%)(今年-9.2%) 
ドイツ株はほぼ前月比変わらずでしたが、円建てでは-3.6%。
英ポンドは、対円であまり変動がありませんでしたので、現地通貨建てでも円建てでも5%台のマイナスとなりました。

Brics
はというと、(現地通貨ベース)
インドSENSEX指数は、17465→16945→17701(+4.5%)(今年+1.4%)
ブラジルは、68588→63047→60936(-3.3%)(今年-11.2%)
ロシアは、1444.6→1306.8→1334.1+2.1%)(今年-7.7%)
上海総合指数は、3277→2592→2398(-7.5%)(今年-26.8%)
香港H株指数は、12794→11494→11466(-0.2%)(今年-10.4%)

Bricsの6月はまちまちでした。インドとロシアが上昇で、ブラジルと中国(上海)が下落。香港H株はほぼ変わらずでした。

投資信託(含む海外ETF) -2.6% (今年-8.9%)
下落率が比較的低いのは、月の最後で株・外貨共に大きく下落したので、投資信託の基準値にまだその下落分が反映されていない、というのも有ると思います。

トータル -3.0% (今年-8.1%)

上昇した下落した、に係わらず、投資信託の積立分は続けていきます。
1月~4月は積み立て分以外はほとんど購入しませんでしたが、5月に続き6月も予算内でちょこちょこ購入をしました。
もちろんまだ下がる可能性もありますので全力買いはしませんが、来月以降も下がる・停滞するようであればちょこちょこ買っていきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

ご無沙汰しております

下げますねぇ~。
最近、トレード的に書くことがなくったので小説でも書いてます(爆)
これはこれで大変ですが新たな発見があるやもしれません。

すみパパさん こんばんは
下げますね~。まぁでも、サブプライムの時で免疫がついたんで。。

小説ですか~。新たなチャレンジですね。読ませていただきます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/657-d9827ccf

アクセス解析アクセスランキング