台湾旅行記 

台湾へ行ってきました。1元(台湾ドル)=2.8円弱。1元が3円弱と思って計算すればほぼOK。
円高の恩恵もあって、物価は日本の半分位かな。特に食べ物と交通機関が安い。

台湾の写真スライドショー(←PDFです右クリックで保存。)Adobe Reader 8なら音楽付きになります。よくわからないのですが、Adobe Reader 9やその他のPDFソフトなら音は出ません。写真を早く飛ばしたい時は左クリック、終了は「Esc」キーです。


初日は台北に夜着。それからホテル探し。
安めのホテル探しmy鉄則1 バスターミナル周辺は安めのホテルが有る
にしたがってホテル探しを開始するも、安宿街と反対側から探し始めてしまい30分近くウロウロ。蒸し暑い中、スーツケースを持っての移動で若干嫌になる。
ちなみに安めのホテル探しmy鉄則2は、受付カウンターが1階ではなく、2階や3階のホテルは安い。

さて、無事ホテルも見つかり、荷物を置いて、士林夜市へ。
露天などが多く並び、人もたくさんで、お祭りみたいです。毎日がお祭り。
お祭りの露天や人混みが好きな人にとっては、楽しいとこだと思います。日本の露天みたいに、高くないしね。
夜市
※注 写真は士林夜市ではなく、基隆夜市です。

2日目は、中正記念堂やニニ八記念館・和平公園なんかを観光。中正記念堂では手塚治展(別料金)をやってて、むしろ普通の展示よりそっちを見てる時間の方が長かった。
台北 


膨湖島への旅

たまに大都市に行くのも活気が有って良いのですが、自分はどっちかというと海外は田舎好きなので、離島へ行くことに。松山空港からマーコン(馬公)へ。
マーコンに夕方近くに着いたけど、バスが時間を過ぎても、なかなか来ず。
マーコンは夕焼けが綺麗だって言うんで、なんとか間にあってくれ。
バスは10分遅れできたけど、集落を回って遠回りするので結構時間がかかり結構やきもき。
ケチらずタクシーにしとけば良かったかなとも考えたけど。なんとか間にあって~。

 

間にあった~!しかも超綺麗!!

ちなみに、夜もライトアップされて綺麗。台湾のライトアップはここに限らず原色過ぎて、ちょっと趣きは少ないけど、これはこれで綺麗。

3日目は、日帰りツアーで七美島と望安島へ。
七美島はたしかに景色がよいです。あと炸花枝丸(イカのすり身揚げ)と、一口蟹のから揚げもうまかった。
けど海は基本的に岩場で、今回の旅の目的の一つ、「白い砂浜、エメラルドグリーンの海」は見られず。

望安島もたしかに景色良し。海亀の産卵地でもあり、海亀保護センターみたいなのが有り、カメ好きな私には楽しいところでした。
保護センターの前の海には、少し砂浜が有り、エメラルドグリーンの海の片鱗がうかがえます。
観光マップを見ると、望安島にはワンガンコウビーチというのが有り、写真で見る限り、きれいな砂浜なので。そこに行けば念願のエメラルドグリーンの海を見られるんじゃないだろうかと期待を膨らます。

海亀保護センターの後、ツアーバスはワンガンコウビーチへは行かず、港へ。。船に乗って、
ツアー糸冬了

思ったより早く帰ってきたので、ホテルで少し休んだ後、サトウキビの産地でも有る膨湖島の名物、黒砂糖カキ氷を食べる。食べる前はくどいかなとも思ったけど、これが意外とあっさりでうまし。具は好きなのを指さして選べるんで、白玉とかタピオカみたいなやつとか、味しない系を多めに選らんだのも有るでしょうけど。
その後、路線バスでアーカン(二嵌)へ。珊瑚礁を壁材に使った、昔ながらの住居とかを見られます。ノスタルジーに浸れるところ。

翌日4日目は、このままでは台湾本島へも日本へも帰れないので、吉貝島へ。
吉貝島では、島降りたら大量の貸しバイク(スクーター)屋さんが。みんな借りてるんで、自分も借りました。帰りの船まで3時間半で200元。安し。しかもパスポートとかの身分証明書のチェックやデポジットも無し。小さな島だからでしょうけど、平和なとこなんですね。
サイクリングロードみたいな、信号も無くクルマが基本的には通れない道(バイクはOK)が島の外周にあるので、初心者にも安心です。
そこをバイクで疾走。

時速20~30キロで(笑)。日本でもほとんど乗った事ないし、ノーヘルだし(島の人みんな、かぶってなかった)、事故って怪我しても海外旅行保険とか効かないかもしれないしで、安全第一。
でも気持ちいいですよ~。
途中停まって写真とったりしながら、1時間近くかけて島を3分の2周。そしてついに。


これですよこれ。見たかったのはこんな海。
海

白い砂浜、エメラルドグリーンの海 そしてビキニの女性

とりあえず、足だけでもと、海に入りましたが。

水温も最高にきもち良かったので、服を全部脱ぎ捨てて海へ。(ズボンの下には念の為海パンをはいてました。でも着替えは持ってこず。準備をしてたんだか、してないんだか。。)

満足したので、台湾人達が遊んでる方へ。こっちにはシャワーも有るし、飲み物とかも売ってます。
ジェットとか、ボートとか見てて面白そうなので、自分もやろうかと思ったけど。
「旅行会社でバウチャーをもらってないのか?」との事。「持ってないけど、ここでお金払って遊べないの?」と聞いたけど、ダメらしい。(自分の語学力のせいで誤解が有ったかもしれませんが)。

帰りの船まではまだ1時間以上有ったので、バイクで島をもう1周する事に。慣れてきたので、横道に入ったり、ちょっとスピード出してみたり。天気とバイクの風で濡れたのも乾くし、気化熱で涼しくて気持ちいいし、すごくいい感じ♪。

しかしバイクを一回停めてゆっくりしてから戻ったら、エンジンがかからず、焦る(汗)

地元の人に助けを求めたら、20秒位なんかいろいろいじったら、あっさりエンジンがかかる。
お店みたいな所だったので、せっかくなので水(15元)を購入。5元が無かったので10元を2枚出したら、おつりが無かったらしく、笑顔で「10元でブーカチ(遠慮しなくっていいよ)。」
好きです台湾♪好きです吉貝島♪♪

マーコンに戻り、タクシーで空港へ。台湾では初めてのタクシーで、日本でもほとんどタクシーに乗らないので、メーターをドキドキしながら乗る。これぐらいで収まればいいなと思っていた金額(500元)内で空港へ到着。タクシーは日本の半額から3分の1位かな。


台南に行きたいなと思っていたけど、台南行きの飛行機はあいにく満席。しかたないのでお隣のカオシュン(高雄)へ。

海にも入って多少疲れたので、カオシュンからまっすぐ台南へ行ってホテルでゆっくりするという選択肢も有りましたけど。
せっかくカオシュンに来て、素通りするのもなんだったので、

夕暮れの蓮池潭を散歩。蓮池潭は日本では竜虎塔ばかりが有名ですが、西岸は小さな見所も多く、散歩するのにぴったり。(暑くない時なら)

そして、愛河の夜景を見る。右手にカメラ、左手に缶チューハイを持っての散策。いい気分だね~。素通りしないで良かったカオシュン。
夜景

結局台南には夜10時に着いて、そこからホテル探し。1軒目で即決しましたけど。それから飯食いに行って、シャワー浴びて、洗濯(手洗い)。
ハードスケジュールだね。


台南 喰いだおれ

台南に着いた日の夜は、度小月で、台南の名物担仔麺を。おかわりして、2杯食べました。

次の日の朝は、喰い倒れるつもりだったので、ホテルの朝食はジュース位にするつもりだったのですが。サラダとか有ったので、野菜中心に結構食べてしまう。さすがに炭水化物は控えましたけど。
再発号でちまきを食べて。日本人好みな感じの味で美味しかったです。
上海湯包館蟹黄湯包を食べ。
暑いのに、せっかく夏の台湾に来たので、マンゴーの産地、玉井へ。マンゴーカキ氷を食べる。
マンゴーかき氷
これが旨い。今までの人生ベストカキ氷ですね。日本のかき氷はなんでシロップだけで食べたりするんですかね。台湾みたいにいろいろのってる方が断然うまいのに。

台南に戻って、上海華都でまた小龍包
もう食えません。。

台南のグルメ所は、こちらのブログの台南編をほとんど真似しちゃいました。ブログ見てると、どれもすごく美味しそうだったので。


チャンイー(嘉義)へ。

6日目。泥湯の有る、関子嶺温泉へ。「美人の湯」としても名高いそうで。お風呂の底の方とか泥有りますし、風呂桶に泥を持ってきてくれるので。それを体に塗ると泥パックみたいな感じになっていいみたいです。お湯はぬるめ(推定30~35度)ですけど、台湾は暑いのでこれ位が気持ちいいかも。隣にきれいな水の浴槽もありましたけど、ほぼ水風呂的な温度でした。男女別の内風呂は水着不要。露天風呂は混浴なので水着が必要です。


温泉へ行く時に乗り換えの街、チャンイーは鶏肉が有名な所。ここに来たなら鶏肉飯を食べるのはマストですね。タレの濃さ量も絶妙でうまし!

チャンイーからは、阿里山に行こうかなと思ってたのですが、登山鉄道は運休中との事。バスで行こうかなとも思いましたが、天気も悪くなってきて、行っても御来光は見られないかな~と思ったので、バスで台北へ。
台北~ジーロン(基隆)とバス乗り継いで、ジォウフェン(九份)へ。土曜日の夜ということもあってか、観光客多し。
写真写りの良い、絵になるところです。


ジーロンに戻った後、夜市へ。初日は慣れない台湾という事も有り圧倒され100%は夜市を楽しめませんでしが、約1週間で台湾にもだいぶ慣れたので、今回は100%楽しめました。

7日目。
11時近くまで熟睡。っていうか寝坊。朝8時にタイマーセットしてたはずなのに、鳴らなかったの気付かなかったのか。

台北の大来小館でお昼を食べた後、ウーライ(烏来)へ。
ウーライは温泉でも有名なところ。前日も温泉に入ったので、入る気全然無かったのですが。
滝など主要な所を観光したところで、突然の土砂降り。
雨宿りも兼ねて、温泉へ。家族風呂みたいな感じ。

風呂から上がると、雨も小降りになっており、コンビニでビール。
そして来た時に目をつけていた山猪(イノシシ)串を購入。これがビールに合うんだな~♪

台北に戻って、おみやげとかを買い物。

最後の夜は、マッサージへ。
本に載ってた2時間2000元。その後朝まで寝ててもOKなところに行こうと。

しか~し、地図のところには無くなってた。
でもその辺りはマッサージ屋の多いところだったので、2時間1000元のところへ。
肘とか使ってぐりぐりする、痛気持ちいい系のマッサージでした。
マッサージが終わり、時刻は夜の2時。
帰りの飛行機の時間を考えると6時位には起きたい。
1000元有れば、ホテルで寝れるけど、どうせ3・4時間しか寝られないし、熟睡して寝過ごすのも怖い。そこでとった選択は。

公園のすべり台で寝る!
台湾の夜は温かいし、治安も悪くないし、ベンチよりは寝やすいし、寝過ごす事も無さそうだし。

予定通り?1時間位寝って、時刻は4時。
別のマッサージ屋2時間1000元へ。ウトウト と、痛さで目が覚める を繰り返しマッサージが終わると、朝6時。完璧だね。

豆乳と揚げパンや卵焼きなどの中国式朝食を食べて、空港へ。空港へのバスや飛行機で睡眠。目覚めると日本。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

へぇ

台湾にこんなにきれいな海があるんですねぇ。
しりませんでした。

カキ氷もおいしそう!

レンタルバイクいいですね♪

ダモさん こんにちは。
いや~きれいな海でしたよ。

短い旅ならどうしても台北近郊になってしまうと思いますが。
離島、おすすめです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/697-549fbb1d

アクセス解析アクセスランキング