スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

BRICsファンドを買う 

ボーナスの一部で、HSBC BRICsオープンファンドを購入しました。

知っている方も多いとは思いますが、BRICsファンドとはブラジル、ロシア、インド、中国の株式に投資する投資信託です。

ブラジル
人口1億8000万人、一人当たりGDP3300ドル、経済成長率4.5%(2004年)
南米で最大の人口と、経済規模をほこる国。
私は、6年位前にブラジル行った事が有ります。都合によりサンパウロしかいってませんが、近代的な都会でした。田舎を見てないのでなんとも言えませんが。
私はF1を観に行ったのですが、ブラジルはピケやセナ、今ならバリチェロなんかが生まれ育った国です。モータースポーツはお金がかかるので、ある程度のお金を持っていないとできません。
一方で布を丸めただけのサッカーボールで遊ぶ子供達もいます。
ワールドカップとかの時、遠い国へでも応援しに行く人達もいます。

ロシア
人口1億4000万人、一人当たりGDP4000ドル、経済成長率7.1%(2004年)
昔はアメリカと軍事や宇宙開発を争うなど、先端の科学力とそれを支える経済基盤が有った国です。
しかし社会主義経済の行き詰まり→ソ連崩壊の道を歩み、その間マイナス成長も有り、アメリカなど先進国と呼ばれる国との差は開く一方でした。しかしここのところは高い経済成長率を見せています。また世界で一番広い国なので、資源も沢山持っており、石油・天然ガス・鉄などが輸出品の上位を占めています。石油などのエネルギー資源の需要が増えてる今、資源国としても注目されています。
実家が北海道の港町だったので、カニなどの海産物を運んだロシア船がよく来ていました。彼らは町でテレビなどの電化製品を、たくさん買ってました。船員とかは比較的収入が良い方なのだと思いますが、ロシア=貧しいというイメージは有りません。

インド
人口10億2000万人(2001年)おそらく今は11億人前後。一人当たりGDP540ドル、経済成長率6.9%(2004年)
インドはこの4カ国の中では、もっとも経済発展が遅れていて、貧しいとゆうイメージが有るのではないでしょうか。実際一人当たりのGDPは一番低いです。
私は5年前にインドに行きましたが、貧富の差が大きいなと思いました。経済的に貧しい人達は昔からの日本人のイメージ通りの感じですが、お金を持っている人達は持ってます。
旅行中、知り合った人達とアドレスを交換する事が有ります。
知り合ったインド人にこれが私のアドレスと紙に書いて渡されたのはEメールアドレスでした。
近隣のネパールやバングラデシュでは、アドレスと言えば当然住所の事でした。一人当たりのGDPの違い以上にこれらの国とインドの違いを見せ付けられた気がします。
またインドは数字の0を発見した国としても有名ですが、学校では掛け算は九九ではなく2桁まで覚えるそうです。
インドのポテンシャルは高いと言えるのではないでしょうか。
またある程度お金を持っている人は10人に一人だけだとしても、1億人です。

中国
人口13億人。一人当たりGDP1100ドル、経済成長率9.5%(2004年)
世界最大の人口を誇る国であり、日本の最大の貿易相手国でも有ります。
中国は賃金の安さで優位に立っていましたが、東南アジアなどもっと賃金安い国も工業化が進んで、競争が激しくなっています。
しかし中国は儒教の教えのせいか、勤勉で細かい仕事もいとわないと言われてます。そして、良くも悪くもずる賢い人も多い気がします。
これから他国と渡り合って経済成長していくのに、この勤勉さとずる賢さはプラスに働いて行くんじゃないかと思う。
私は、4年前に中国に行きましたが、上海や北京などの都市は地下鉄も走り、ウォールマートやカルフールも有ります。
一方地方では、稲を一本一本手植えしていたり、ロバに荷物をひかせている光景も見かけました。
現在は少し中国の株価は伸び悩んでいるようですが、北京オリンピックへ向けて、経済成長は進んでいくのではないかと思ってます。

4カ国に共通しているのは、人口が多く、面積も広いので資源をそこそこ持っている。貧富の差が大きく、お金を持っている人は持っている。先進国と比べると政治情勢等の不安は有るが、これからの経済成長の余地はまだまだ大きい。

これらの4カ国に希少金属をはじめとする資源国として有名な南アフリカを加えたBRICS5ファンドとゆう投資信託も有り、最初はこちらを購入しようかと思ってました。

しかしマネックス証券投資信託のノーロード(正確にはキャッシュバック)キャンペーンをやっているので、手数料無料で買えるHSBC BRICsオープンファンドを買いました。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

コメント&TBありがとうございました。
BRICs各国について、実体験を元に語れる方はそうそういらっしゃいません。
参考になります。ありがとうございました!

どもども、こちらもTBありがとうございました。
HSBCのBRICsオープンって、実はファンドオブファンドだったんですねー。買った後で知ったおろかものです。(と言っても悪くはないのですが)
僕のブログで記事にしているように純資産は相当に増えているので、まあ放置しておけばいいのかなって思っています。
それにしても、ほんと実体験とはすごい。

コメントありがとうございます。

水瀬ケンイチさん
今回の記事がどんだけ、実際の投資において参考になるかは分かりませんが、せっかくなら自分なりの記事を書きたいなと思いました。
ブログの方に、またおじゃまさせていただきますね。

ゆうちゃんパパさん
実は自分もよく分からないで買ってました。
印刷するならいいけど、PCで見るならPDFファイルって見にくいって思うのは自分だけでしょうか。
そうですね、私も長期で保有しとくつもりです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/70-46f5421a

「会社四季報」編集長の講演会 その2

 講演の途中で、ベンチャー企業の情報はどこが一番充実しているか?という話になる。例えば、TBSのアナウンサーと噂になってる社長がいるテイク&ギブニーズという会社なんかですよ……といった調子ではじまる。ここで情報メディアとして上げられたのが、会社四季報、日経
  • [2005/12/22 20:42]
  • URL |
  • ヒラリーマンのデイトレ日記 |
  • TOP ▲
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。