ジャングル♪ 

7月上旬にインドネシアに行ってきました。

とりあえず、写真のスライドショー作ってみました。

インドネシアの写真スライドショー [ http://www16.atpages.jp/staygold2/indnesia2.pdf ] (←PDFです右クリックで保存。)
Adobe Reader 8 [ http://www.adobe.com/jp/support/downloads/reader_80.html ] なら音楽付きになります。よくわからないのですが、
Adobe Reader 9 [ http://www.adobe.com/jp/products/reader/ ] やその他のPDFソフトなら音は出ません。再生を押せばスライドショースタート。カーソルを動かせば操作部分が出て、終了は「Esc」キーです。スライド ショーではなく自分のペースで見たい際は、×をクリックしてください。


世界遺産にもなっている インドネシア スマトラ島の熱帯雨林(ジャングル)に行ってきました。

保護センターとか餌付けされている所ではなく、ほんとの野生のオランウータンのいる森に行って、1泊2日のキャンプ。ジャングルの奥にある、天然の温泉に入ってゆっくりしたり。

象使いの村へ行って、ゾウと戯れたり、川下りとかしたり。

resize02882.jpg  resize0287.jpg  
  resize0282.jpg resize0283.jpg
 resize0285.jpg  resize0286.jpg
resize0292.jpg   resize0297.jpg  
resize0294.jpg  resize0293.jpg


実際に行こうとする人は少ないと思いますけど(実際、空港も含めてスマトラ島では一人も日本人見かけませんでした。1週間とかいて、全く日本人を見かけないのなんて、今回が2回目です)
情報(特に日本語)が少なくて苦労したので、以下は検索とかで来た人向けの情報。

Ketambe ケタンベ(クタンベ)

ケタンベってどこさ 樹上のパラダイス 本物のジャングル風呂 [齧りかけの地球]
ネットサーフィンしている時に、↑のサイトを見つけて、今回スマトラ行きを決めたといっても過言ではありません。

地図とかの情報はこちらがわかりやすいと思います。
Kutacane(クタチャネ)が大きな町なので、まずはそこを目指すといいと思います。
メダン-クタチャネ間のミニバスは何社か運行しているようですが、BTNってとこが有名で本数が多いようです。私は現地に行くまで全然知らなくて、リサーチ不足の為、ペナンバリスバスターミナル行けばなんとかなるだろと行きましたが、違いました。何人かのインドネシア人のジェスチャーをたよりにミニバスでクチャチャネ行きのバスが途中通るところまで移動。(スマトラ島ではガイドやホテルとか以外は英語ほとんど通じないので、指指しとかのインドネシア語会話集は持っていった方が良いと思います。私は持っていかなくて後悔しました。)
たくさん通るバスの中から1時間に1本位の目的のバスをヒッチハイク的に停めなければならず、かなり大変でした。。やっと見つけても満席で乗れなかったりで。バスに乗るまで3時間近くかかりました。。バス待ちの間に仲良くなった子供とかの協力でなんとかなりましたけど。
メダンでは、BTNのバスステーションに行くのがベストかと思います。
クタチャネまでは、食事休憩なども入れて、8-9時間くらいかかります。
クタチャネでは、BTNのターミナルと、クタンベに行くターミナルは少し離れてます。べチャマシーンで7000rpだったかな。クタチャネ-クタンベはバス(というか屋根のついたピックアップトラックの荷台)で1時間弱。1万rp位。
3・4人とか人数がいたり、家族連れや多少お金がかかっても楽は方がいい人は、車チャーターしちゃったり、飛行機のがいいかもですね。私は乗り通しはしんどいので、帰りはブラスタギで降りて1泊しました。クタチャネ-ブラスタギで6万rp。

キャンプはガイドと食事、寝袋とか付きで、1日35万rp。1泊2日で70万rpでした。お客の95%以上は欧米人なので、ガイドは良い仕事をすればチップをくれるのが当然という感じなので、実質8000円くらいですかね。まぁでもその価値は有ると思います。
1泊なら、川の近く(手前)で1泊。2日目の午前中に温泉へ。2泊なら2泊目は温泉の近くとなるようです。温泉目当てなら1泊だけで温泉泊も可能。ただし、川の近くの方がオランウータンがよくいる場所からは近いので、川の近く泊まりの方が、オランウータンを見られるチャンスは多いようです。
日程は希望を言えば、有る程度はアレンジしてくれます。
大自然の中での温泉は最高でしたが、メダンあたりでビールを買って持って行けば、もっと極楽だったかな。ガイドの分とかちょっと多めに用意して。一応イスラム教徒がほとんどですけど、いなかでは敬虔な人は少ないようですので。

 Tangkahan タンカハン(タンガハン)
位置関係ついては こちらのサイトが分かりやすいです。
しかし私が行った時は途中の橋が調子悪いだかで、メダンからタンガハンへの直通バスは1日1往復しかありませんでした。メダンからは13:00の便と、タンガハンからは7:30。3万rp(外国人プライスで多少ぼられたかも)
メダンからSp. Robert(シンパン ロベルト)までは1時間に1本位バスが有り1万5000rp。そこからはバイクタクシーで4万rp(言い値はみんな5万rp)。10キロ位ずっと砂利道なので、ちょい大変。
それと、ペナンバリスバスターミナルは客引きがくどくて、ちょっと閉口するかも。インド並みにクドイ。

温泉は、クタンベみたいなのを想像しているとちょっとがっかりするかも。それと狭いので太っている人は物理的に無理です。
まぁ、有るだけ嬉しいですけど。

ゾウ好きの人にはWashing Elephantは絶対おすすめです!
ちなみに野生のスマトラゾウが観たい人は、ブラスタギからブキッラワンへの1週間のキャンプトレッキングがおすすめだと、クタンベの宿の主人は言ってました。

※価格や交通などの情報は2013年7月現在です。変更になっている可能性もあります。()内の地名の発音は、自分の耳にはこんな風に聞こえた、真似して言ったら伝わったという発音です。日本語カタカナでの一般的な表記とは違うかもです。
新興国でバスに乗ったりの経験がない人には、難易度高めだと思います。それとインドネシア人はたくさんタバコ吸う人多いので嫌煙家の人と、潔癖症な人にも向かないと思います。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/727-408f6ca7

アクセス解析アクセスランキング