証券税率10%→20%へ。今年一旦、売るべきか!?売らざるべきか!? 

来年2014年から、株や投資信託の税金が10%から20%になります。例えば10万円の利益が有った場合、今年売れば税金は1万円ですが、来年売れば税金は2万円に増えてしまいます。
※復興特別所得税があるので正確には、10.147%から20.315%。

今回は、来年以降も保有するつもりの株や投資信託も、今年中に一回売ってすぐに買いなおした方が良いのか、それとも売らずにそのまま保有していた方が良いのかをシミュレートしてみます。

買いなおしのメリット。
税率が低い今年のうちに売ってしまった方が、ここまでの利益分に対しての税金が低くなる。

買いなおしのデメリット。
税金が引かれる。株は取引手数料がかかる。投資信託は購入に手数料がかかるものがあるし、ノーロードでも一旦売る際に信託財産留保額が引かれる。 その為、一旦売って買いなおしをすると、しない場合と比べて投資金額が少なくなり、複利効果が薄れてしまう。

手っ取り早く結論だけ知りたい人は、まとめへ。



というわけで、作ってしまいました。税金計算シミュレーション(Excel)。
基本的に、ピンクの欄が変数ですので、そこの数字をいろいろ入れ替えてみてください。結果がイメージしやすいように元本欄もピンクにしてありますが、基本的に元本の大小は、どっちが得になるかの分岐点の結果には影響を与えません。黄色の欄が結果です。
もちろん式の意味を理解したうえで、他のところを変化させるのはご自由にどうぞ。
おかしな所等ありましたら、教えてください。

まずは、取引手数料や信託財産留保額などが一切かからないと仮定した場合の計算をしてみましょう。
今年までの利益50%、売却手数料・信託財産留保額0%、購入手数料0% を入力

買いなおし以降の利益が+125%(2.25倍)と+126%(2.26倍)の間が分岐点になります。
今後の利益が125%以下なら、今年中に一回売って買いなおした方がよく。126%以上なら今年売らずにそのまま保有の方がトータルでのリターンが大きくなります。
このケースの場合は、買いなおし時点の利益がどの位かは影響しません。


次に、株や国内上場のETFを考えてみましょう。
株式の取引手数料は、証券会社や取引金額によって全然違いますけど。SBI証券の場合、アクティブプランで1日10万円まで100円(0.1%~)、1日50万円までで450円(0.09%~0.1125%)等となっています。
今年までの利益が50%、売買手数料を売却、購入共にで0.12%として計算してみると。
買いなおし以降、+112%以上上昇した時に、今年売らずにそのまま保有の方がリターンが高くなります。
買いなおし時点の利益を+200%(3倍)になっているケースで、計算しても分岐点は+119%以上です。
このケースの場合は、今年一旦売るまでの利益はほぼ無視して構わないと思います。

投資信託は、手数料がかからないノーロードファンドなどが増えていますが、その場合信託財産留保額0.04%程度。
買いなおし時点の利益が50%。購入手数料が0%、信託財産留保額が0.04%として計算してみると。+124%以上がボーダーとなります。
このケースの場合も、今年一旦売るまでの利益はほぼ無視して構わないと思います。

新興国株式などでは、購入時手数料に3.15%とかかかるものが有ります。
ここまで手数料が大きくなってくると、買いなおし時点の利益は影響してきます。
買いなおし時点の利益が+30%以下の場合は、売却時の税金と再購入時の手数料が大きく響いてしまう為、買いなおし以降の利益が例え0%でも、買い直しをしない方が有利です。
買いなおし時点の利益が+100%の場合は、買いなおし以降の利益が50%越えが分岐点で、それ以上になるなら、そのまま保有がお得。



まとめ
手数料や信託財産留保額などを考慮しない場合、買いなおし以降の利益が+125%(2.25倍)までなら、一旦売って今年中に一回売って買いなおした方が総リターンは高く。126%以上なら今年売らずにそのまま保有の方がトータルでのリターンが大きくなります。

手数料や信託財産留保額が大きくなるほど、分岐点は下ります
買いなおし時点の利益が大きいほど、分岐点は上がります(※手数料が大きいほどこの影響は大きく、手数料が0ならこの影響も0)

株式や国内上場ETFや低コストのノーロードファンドなどでは、分岐点は+100%(2倍)~+125%程度。
なので今後2倍を越えて上がっていくかどうかを想定しての判断となりそう。
2倍とかにはなる可能性は高くないだろうなと考えるなら、今年一回売って買いなおした方がよい。


新興国株式型投資信託など、購入手数料が3.15%とかかかる投信信託は、今の利益がそれほど大きくなければ基本的には買いなおしをしないでそのまま保有が吉。ただし、すでに2倍.・3倍になっている場合はケースバイケースで。

海外ETFリレー派の人は、リレー前の投資信託は一旦売った方が得になりそうですね。

今回のシミュレーション結果よりも
売らずにそのまま保有の方が有利に働くケース
・また将来いつか、証券税率が10%等に下った場合。

一旦、買いなおしていたほうが有利に働くケース
・信託報酬等がより魅力的な投資信託が登場し、予定の利益まで行かないうちに乗り換えたくなった場合。
・証券税率がさらに上がる。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/729-871e5dd1

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます
アクセス解析アクセスランキング