今日はしかたないっしょ。 

今日は遅番で、午後からの仕事でした。
午前11時のニュースの段階では、マザーズ・ジャスダックなどでの下落の一方、日経平均はプラスでした。

そして仕事から帰ってきてみたら、見事に下げてますね。
ライブドア1社の問題が、ここまで影響を受けるもんなんですね。
特に信用買いをしていた人達が、今日に沢山売ったようです。

私が株式投資を始めて以来1番の下げで、自分のポートフォーリオも1番の下げでしたが、意外と動揺やショックはない感じです。
これが、投資初めて1ヶ月とかだったら動揺しまくりだったと思う。

この下落は買いのチャンスに繋がるかなとは思いますが、明日買う勇気はないし、しばらくは様子見しようと思います。

あまり割高だなと思われる銘柄は保有してないんでこれから下げるとしても、しれてるだろうと思ってますが、損切りすべき時はすべきなんでしょうか?とにかく明日は様子見しようと思います。

それと、仕事中で売買できない時に大きく下げるのって怖いなあと思いました。メインで使ってるイートレや丸三は逆指値ないし。
携帯では売買した事ないですが、いざとゆう時の為に操作方法確かめとこうかなとも思いました。昼休み以外は携帯操作できませんけど。

でもまあ、今までが上がり過ぎだったし、この位下がるのはしかたないって思ってます。もちろん明日は上がってくれた方が嬉しいですけど。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

今日みたいな状況だと、ストップの逆指値をおいていた場合、それでストップがかかったのは意図どおりなのかノイズとみるのかなど、どこにストップをおいておくかというのが難しい問題だったりします。

また、見方を変えると逆指値のストップが新たな下落を呼んだ可能性もあります。
逆指値のストップが日本でどれくらい普及しているか分かりませんが、欧米市場ではそれなりに普及しており、プロがこれを逆手にとってこれらをさらうような手口・仕掛けもあるとのことです。

また、極端な下げ・上げの場合、以下のような問題はあります。
・指値での逆指値ストップ:発注はされてもジャンプされてしまいワークしない場合がある。
・成り行きの逆指値ストップ:思わぬ下値売り、高値買いになってしまう場合がある。

ただ、個人的には超長期保有銘柄以外は逆指値ストップはかけておいた方がよいと考えています。
http://charge.biz.yahoo.co.jp/vip/news/rtr/060117/060117_mbiz2704016.html
にあるような銘柄をストップ無しで担保に信用売買をしかけてた場合はかなりきつい状況になるかと思います。

msiさんコメントありがとうございます。
ストップって売りって事ですか?
逆指値してても、昨日のライブドアみたいに寄りからのストップ安だったら、売れなかったんでしょうね。

>msiさんコメントありがとうございます。

おじゃましています。

>ストップって売りって事ですか?

そうですね。買いから入っていれば売り手じまい。売りから入っていれば買い手仕舞い。
特に今回の場合は、利益が乗っている場合は利益確保、ロスが発生している場合はその拡大を防ぐといういみでの防御的ストップですかね。

>逆指値してても、昨日のライブドアみたいに寄りからのストップ安だったら、売れなかったんでしょうね。

状況にもよりますが、逆指値をしている場合、株式の取引における時間優先で有利に立てる可能性があります。
ライブドア自体、もしくはライブドア関連銘柄の場合でも昨日(17日)は、引けでストップ安比例配分になり、一部の売買は成立しています。
ここで、比例配分について
http://trading-fantasista.hp.infoseek.co.jp/kotoba/hirei.htm
などを参照すると
”「比例配分」は言葉の通り、「注文数に比例して株を配分します」という事ですので、買いを多く出した証券会社ほど、多く配分されます。”
さらに
"証券会社がお客様に配分する方法は、「時間」や「数量」優先など様々な要素で決めるようです。誰よりも早く注文を出したのに出来なかった、とか、株数を大量に出したのに出来なかったという事もあるかもしれません。配分方法は各証券会社によって違います。"
とあり、取引している証券会社によりますが、時間優先で先に注文を出していたい方が有利な可能性が大となります。

次に、各証券会社ごとで逆指値など条件付注文はいつ発注された扱いになるかがきもです。私が調べた中では、たとえば、楽天証券の逆指値通常注文場合時間優先的に有利にたてるサジェスチョンがあります。
興味があれば、
https://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/village_seminar_onlineseminar.html#02
「マーケットスピード逆指値付勉強会」前編 → 「逆指値付通常注文の仕組み」
の部分を聞いてみてください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/82-1c195b89

アクセス解析アクセスランキング