スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

アメリカがくしゃみをしたらvol.2 

昨年の12月8日にアメリカのNASDAQ指数と日本の日経平均の関連性を調べたアメリカがくしゃみをしたらとゆう記事を書きました。

最近の軟調な相場では、どう影響しているのか?再び直近の10日間、アメリカの2月7日~2月21日(日本の2月8日~2月22日)で調べてみました。

NASDAQは10日間中5日上昇、その翌日の日経平均は上昇2回、下落3回。
NASDAQが下げた5日の翌日は、日経平均は上昇1回、下落4回。

ここ10日間では、連動率が10回中6回で60%です。NASDAQが下げた翌営業日に日経平均が下がる率は80%です。
ひらたく言ってしまうと、ここ最近はNASDAQが上がっても日経平均が上がるかどうかは分からないけど、NASDAQが下げたら日経平均もつられて下がると。

また昨年一貫して買い越しが多かった外国人投資家が、売り越しが多くなっている事も、最近の日経平均の値下がりの要因の一つと言われてます。外国人投資家の動きの目安として、寄付前外国証券注文状況がよく使われます。この数値はアナリストレポートや[素人投資家の挑戦]や[猿でもできる株式投資法]等でよく取り上げられるので、私も気にして見るようになりました。

この外国証券注文状況は、2月8日から2月20まで連続で売り越しが続いていましたが、昨日・今日は買い越しに転じました。ちょっと明るい兆しですね。

明日の株価がどうなるかも、今晩のニューヨークの株価と明日の寄付前外国証券注文動向に左右されそうです。どちらもプラスなら日経平均も上がる、どちらもマイナスなら日経平均は下がる可能性が高くなると思われます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

日本の株価を引っ張りまわす、アメリカそのものを買ってしまうという戦略(=S&P500やウィルシャー5000に連動するインデックスファンド)はいかがでしょうか?(^^)

アメリカ株のインデックスファンドではないですが、国際株ファンドの積立の申し込みしました。半分はアメリカ株です。でも15%位は日本株なのが、ちょっとびみょーかも。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/94-960806b4

今後の相場展開は如何

昨日は、米国市場がプレジデント・デーで休場となり、「鬼の居ぬ間に洗濯」とばかり今年2番目の上げ幅で取引を終へた東京市場ですが、さて、今後の相場の行方はどうなるのでせうか。
  • [2006/02/22 19:26]
  • URL |
  • 猿でもできる株式投資法 |
  • TOP ▲

相場展開は未だ方向定まらず

昨日も残念ながら、日経平均ベースで上値抵抗線を上回ることができませんでした。今後の株価の動きが心配されるところですが、今日の動きも今後を占う上で大変重要な日になります。
  • [2006/02/23 00:33]
  • URL |
  • 猿でもできる株式投資法 |
  • TOP ▲
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。