いろいろなジャンルの本を読んどけ。 

ちょっと前に読んだ本、出口汪の頭がよくなるスーパー読書術

そちらから、一部引用すると、
「『自分の反対のもの』を読む事によって、自分の世界を広げる事ができる。」
「まず最初に読む時は、自分が大切だと思ったところではなく、筆者が主張したいところに線を引く。自分の考えにだけこだわるなら、本を読む必要がない」
「ゼロから物を考えていくには人間の寿命は短かすぎる。先人の考えを学び吸収し、そして初めて次の新しい一歩を考えだす。」

投資を始めようとする人なら、まずは、いろいろな投資スタイルの人の本を読んでみると良いと思います。そうした中で、自分にあった投資スタイルを見つけていけばいいんじゃないかと思います。「Aという投資法しか知らないでAをする」のと、「AやBがCがどういった物かを知ったうえでAをする」のとでは同じようですが、やはり違います。人によって「AもBもCも平行して器用にできる人」もいれば、「Bが得意な人」もいます。
また投資本に限らず、経済やお金などに関する本を読んでみるのもいいと思います。

人には好みが有りますので、読む本のジャンルは偏る場合も多いと思います。好きなジャンルの本をたくさん読むのはいいと思いますけど。それだけでなく、「自分と反対のもの」とまでいかなくても、たまにはちょっと違ったジャンルの本を読んでみるのもいいんじゃないかと思います。

私の場合、学生の時からあまり歴史は好きではなく、社会人になってからもそういった本はあまり読まなかったのですが。司馬遼太郎氏の本を読んで、「歴史って、時代背景と人の思考と感情と行動の積み重ねなんだな」と、30を前にして今さらながら歴史の面白さを知りました。


お盆も普通に仕事ですし、オリンピック見たりで時間を取れなく、ブログの更新頻度が落ちてます。←言い訳。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

現状維持バイアスとサンクコスト効果 ~行動経済学2 

次の問いに答えよ。  ~行動経済学1 の続きとなっていますので、まだ読んでない方はそちらを先にお読みください。


前回のアンケートでは、たくさんの人にお答えいただき、本当にありがとうございます。

回答結果は ←回答のコメントもいろいろ書いていただいて、興味深く読ませていただきました。(感謝です!)

・よくわからないけど Aのまま  35票 (13%) 
・よくわからないけど Bに変える  7票 (3%) 
・Aが当たりの確率が高いので、Aのまま  22票 (8%) 
・Bが当たりの確率が高いので、Bに変える  57票 (21%) 
・確率は同じだし、 Aのままにしとく  145票 (54%) 
・確率は同じだし、 Bに変えてみる  4票 (1%) 

さて、回答です。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

次の問いに答えよ。 ~行動経済学1 

読書の春という記事であげた1冊のうち、山崎元さん推奨の1冊 『行動経済学』をご紹介しよう
と思ってたのですが…
時間がなくて今日はうまくまとめられなかったので、この本に載っていた問題を1つ。

質問1
今、あなたはテレビのクイズ番組に出演しているとする。何題かの問題に正解し、最後の賞金獲得のチャンスがやってきた。
ドアが3つあり、どれでもいいからドアを開けるとその後ろにある賞金がもらえることになっている。1つのドアの後ろには100万円が置かれているが、残りの2つのドアの後ろにはタワシが有るだけ。 
あなたは、A・B・C3つのドアから検討をつけてAのドアを選んだとしよう。まだ、ドアは開けていない。
すると、どのドアの後ろに100万円が有るのかを知っている司会者は、Cのドアを開けた。もちろん、そこにはタワシがあるだけ。
ここで司会者はあなたに尋ねた。「ドアAでいいですか?ドアBに変えてもいいですよ。どうしますか?」

アンケートにご協力ください
さあ、あなたならどうするだろうか。Aのままでもよいし、まだあけられていないBのドアに変更してもよい。どちらを選ぶか?
よくわからないけど Aのまま
よくわからないけど Bに変える
Aが当たりの確立が高いので、Aのまま
Bが当たりの確立が高いので、Bに変える
確率は同じだし、 Aのままにしとく
確率は同じだし、 Bに変えてみる


つづき(回答)は こちらの記事です。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

バフェット を読む 

世界的に有名な投資家であり、経営者であるウォーレン・バフェット
以前から興味は有ったのですが、本とかは読んだこと有りませんでした。

バフェットに関する本はたくさん出ていて、どの本を読めば良いか迷ったので、バフェットにお詳しい[投資を楽しむ♪]のまろさんがおすすめバフェットからの手紙を読みました。
バフェットが経営するバークシャーの株主向けに毎年バフェットが書いている「会長からの手紙」を編集したものです。

これは読んで良かったです。なんでもっと早くに読んでおかなかったんだろう。とも思いましたが、後半の会計の話なんかは、投資を始めたばかりの頃読んでもあまり理解できなかったと思うので、今でちょうどよかったかも。

おすすめ関連リンク  ほんとおすすめです。
バフェットさんに学ぶ
バフェットからの手紙 [投資を楽しむ♪]

ウォーレン・バフェット [戦略的ハイテク株投資]

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

こんな時は長期投資の本でも読みましょ 

長期投資の方に おすすめリンク
私の割安株探し(イントロデュース編)
私の割安株探し(バランスシート検討編1)
私の割安株探し(バランスシート検討編2)
暴落時、ふと目に付いたニュース  [株式十八番]

バリュー投資復権の年
投資に必要な才能を復習する
リスク回避で株式売却の意味不明 [投資を楽しむ♪]

お二方のおすすめ、グレアム 新 賢明なる投資家 上を今読んでいます。

中長期の投資家ならば。サブプライム問題やノックイン債の事を気にするのもいいですが(←実際私もそういった事に対する好奇心もありますが)、こういった時こそ、長期的視点で書かれた本を読むのをおすすめです。
グレアムじゃなくても、ウォール街のランダムウォーカーでも敗者のゲームでもピーターリンチでもなんでも、お好きなのでいいと思いますけどね。

相場は上がったり下がったりするもの。
株価が下がっている事を必要以上に気にしていたら、中長期投資でもどうしても視点が目先に行きやすい。
そんな時には、これらの本を読んでみると(読み返してみると)、また中長期での視点にリセットできるじゃないかと思います。


短期投資の方に おすすめリンク
投資スタンス・投資手法を見直すいい機会かも・・・
相場格言からしても、相場は矛盾に満ちている [株と先物の勉強会]

下落(ベア)相場≠難しい相場 [昔ディーラー 今デイトレーダー ひろの旅日記]

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング