FC2ブログ

ETF一覧  へのリンク 

「国内上場ETFの一覧」を作ろう と思ったのですが。今は本数が増えたので時間がかかりそう。時間がかかるわりに既存のETF一覧を大きく超えるものは作れなさそうなので、「既存のETF一覧の紹介+自分なりの補足」という形にしました。

ETF[モーニングスター]

国内ETFのまとめ[かえるの投資.com]

上場投信[Yahoo!ファイナンス]~これは「上場」のキーワードで検索したものなので洩れが有るかも。

東証上場ETF一覧[東証]
大証上場ETF一覧[大証]

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

リーマンショック 投資信託の値動きと連動性 

週末明け、海外の株が、そして日本の株が大きく下がりました。
この時の、投資信託のリターンを見てみましょう。数字は、中央三井インデックスシリーズのものです。

  9月12日 9月16日 増減
日本株 9406 8927 -5.1%
日本債券 10614 10656 0.4%
外国株式 11092 10504 -5.3%
外国債券 16543 16346 -1.2%

日本株は、外国株式に負けず劣らず下げてますね。アメリカの金融危機の問題は、日本には関係ない事はないですが、欧米と同じだけ下げなくても。。という感じはします。同時に円高が進んで輸出企業の株が売られたというのも有るでしょうが。
外国債券は、おそらく債券価格は上がっていると思いますが、それ以上に円高が進んだので-1.2%でした。
唯一プラスだったのが日本債券で、+0.4%。株の下落率から見ると債券の上昇幅が小さく見えますが。日本の金利が年1%台な事を考えれば、4日で0.4%の変動はそれなりに大きいかも。


もっと、長いスパンではどうでしょう。こちらも中央三井インデックスシリーズのものです。参考モーニングスター

日本株 1-3月期 4-6月期 7-9月期 10-12月期 1-12月期

2008年

-17.20%

8.80%

--

--

--

2007年

2.30%

3.60%

-8.50%

-8.80%

-11.50%

2006年

5.20%

-8.20%

1.80%

4.40%

2.70%

2005年

3.30%

-0.40%

20.30%

16.90%

44.80%

2004年

13.20%

0.90%

-7.10%

4.30%

10.60%

日本債券

1-3月期

4-6月期

7-9月期

10-12月期

1-12月期

2008年

1.20%

-1.40%

--

--

--

2007年

0.50%

-1.00%

1.40%

1.20%

2.10%

2006年

-1.40%

-0.70%

1.60%

0.20%

-0.30%

2005年

0.70%

0.90%

-1.50%

0.10%

0.20%

2004年

-0.10%

-1.10%

1.60%

0.40%

0.70%

日本株がプラスの時、日本債券は12回中6回プラス(連動率50%)
日本株がマイナスの時、日本債券は6回中5回プラス(連動率16%)

日本株とは逆相関が強く、日本株と日本債券の相性は良さそう。ただ、リターンの絶対値が低いのが難点。

海外株式

1-3月期

4-6月期

7-9月期

10-12月期

1-12月期

2008年

-21.00%

3.90%

--

--

--

2007年

1.10%

11.60%

-3.70%

-2.90%

5.40%

2006年

5.80%

-3.40%

8.60%

9.70%

21.70%

2005年

1.70%

4.40%

7.00%

7.30%

21.80%

2004年

0.40%

3.60%

2.10%

4.70%

11.20%

日本株がプラスの時、海外株式は12回中12回プラス(連動率100%)
日本株がマイナスの時、海外株式は6回中2回プラス(連動率67%)
こちらは、日本株と同じ方向に動くことが多いですね。ただし、3ヵ月ごとの変動の幅を見ると結構違います。日本株の方が良い時も有れば海外株の方が良い時もあるので、日本株と海外株を一緒に保有するのは、それなりにリスク分散となります。

海外債券

1-3月期

4-6月期

7-9月期

10-12月期

1-12月期

2008年

-5.20%

3.90%

--

--

--

2007年

0.30%

3.50%

-0.70%

2.50%

5.80%

2006年

-0.60%

0.10%

6.00%

3.00%

8.60%

2005年

0.20%

2.20%

2.10%

3.20%

7.80%

2004年

-0.30%

-0.20%

7.10%

1.90%

8.50%

日本株がプラスの時、海外債券は12回中9回プラス(連動率75%)
日本株がマイナスの時、海外株式は6回中4回プラス(連動率33%)
こうやって見ると、2004~2007年の年リターンが高いですね。ただ、これはこの間の円安(特にユーロなどに対して)によってかさ上げされた部分も結構有ると思います。
日本株がマイナスの時でも結構がんばっていて、日本株との相性は結構よさそう。ただし2007年以降を見ると6期中5期が日本株と同じ方向に動いています。
海外債券は、「債券」+「外貨」と考える事もできると思います。「債券」の要素としては株と逆相関だが、「外貨」としての要素は株と正相関になる事が多い(特にここ数年)。その為、為替の変動が小さい時は株との相性は良い。為替の変動が大きい時は、株との相性はそこそこ。


リターンの低さから、個人投資家に人気のない日本債券型ファンド。
しかし、個人的には興味が有りますので、今後、何回か日本債券型のファンドについて調べて、記事を書こうと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

投資信託のアンケート。大きな道も1歩から。 

[かえるの気長な生活日記。]で、投資信託に関するアンケートをされています。

インデックスファンドが充実してほしい(1)
インデックスファンドが充実してほしい(2)

こういった行動が、すぐには結果とならなくても、なんらかの投資環境の向上へと繋がっていくと良いですね。アンケートは9/15までとの事ですので、ぜひ!

私も負けじと刺激を受けて、ブログ運営がんばっていきたいと思います。
が、今週は何かと忙しいので、時間のかかる記事は書けなさそうです。。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

野村アセットETF売買単位を10分の1に引き下げ 

野村アセットのETF22本が9/1から現状の10分の1の金額から取引できるようになるようです。 例えばTOPIX型1306の場合、現状は1口13万円程度なのが、1万3千円程度から売買できるようになります。

野村アセット、ETF売買単位を10分の1に下げ 22本で [NightWalker's Investment Blog]
野村アセット、ETF売買単位を10分の1に下げ [梅屋敷商店街のランダムウォーカー]
を読んで知りました。


1日の取引額が一定の金額まで無料な証券会社をまとめると、
1日10万円まで無料
松井証券
SBI証券
岡三オンライン証券
※現状、上記3社は無料対象外銘柄は無いようですが、判断により特定銘柄を無料対象外とする場合が有ります。

1日20万円まで無料
丸三証券 ※無料対象外銘柄一覧
野村證券(←の記事はちょっと古いです。。現状は、ほっとダイレクト口座と書面の電子交付の申込みが条件です。)

全て一日定額手数料の場合です。ワンショット手数料で無料のところは無いはずです。


ドルコストで投資信託を積立する「投資信託積立」と、直接ETFを積み立てる「直接ETF」と、それらを組み合わせた「リレー投資」とを比較してみました。

「投資信託積立」 「直接ETF」 「リレー投資」
購入手数料  ノーロードファンドは無料。(A) 0.1%程度。
一定金額まで無料の証券会社を使えば無料。(B)
(A)+(B)
信託報酬 年0.5%程度(C) 年0.25%程度(D) リレー前(C)
リレー後(D) 
ドルコスト  ○  ×→△ ○ 
楽さ 自動積立を使えば一番楽チン。自動積立を使わない場合は、「直接ETF」と同程度  自分で購入する必要有り。  一定期間ごとに投信を売却してETFを買う必要がある。 
税金  トータルの売却時に トータルの売却時に  投信の売却時+トータルの売却時に

・手数料に関しては、投資信託はノーロードファンドを、ETFは上記の一定金額まで手数料無料の証券会社を、使えば無料となります。

・信託報酬はTOPIX型の場合で、投資信託が年0.5%程度なのに対して、ETFはそのおよそ半分の0.23%となっています。100万円を1年保有した場合で2500~3000円程度の違いとなります。

・ドルコスト平均法は、
価格が高い時は少しだけ、価格が安い時に多めに買う形になるので、より多くのリターンを期待できる。
時間的分散効果でリスクが軽減される
という二つの効果が有ります。②に関してはこれまで、1万円から購入可能な「投資信託積立」と「リレー投資」が有利で、15万円程度から購入可能な「直接ETF」が不利でした。しかし今回の変更で2万円以下で買えるようになりますので、差はほとんど無くなります。
①に関しては、「投資信託積立」と「リレー投資」はOKですが、「直接ETF」だと難しいです。積立金額が有る程度大きい人(例えば月10万円の人)ならば、ETFが14000円の時は7口、ETFが20000円なら5口といった具合に、多少ドルコストっぽい買い方もできるでしょうが。
投資額が大きくなく「直接ETF」でドルコストっぽい運用をしたいの有れば、面倒くさいですが株価が下がっている時は購入間隔を短めに、上がっている時は購入間隔を長めにするという方法も有ると思います(例えば1日1000円としてETFの1口か2口の購入金額になったら購入する)。

楽さは、投信の自動積立を使うのが一番楽です。ETFの場合は自分で購入する必要が有ります。投信でも自動積立を使わない場合は、自分で購入する必要があります。リレー投資は、一定期間ごとに投信を売却してETFを購入する必要が有ります。

「投信積立」の良い点は、手軽さ簡便さと、ドルコスト。 欠点は、信託報酬。
「直接ETF」の良い点は、信託報酬が低い。 欠点は、ドルコストでない(今回の改正でだいぶ改善され、そのうち分散買いの効果は遜色なくなります。)
「リレー投資」の良い点は、ドルコストと低信託報酬の両立。 欠点は、めんどくさいのとリレー時の税金の扱い。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

投資信託キャンペーン一覧 2008夏 

2008年夏の、投資信託キャンペーンをまとめました。
2007年冬に手数料キャッシュバックキャンペーンを行っていた、ジョインベスト証券楽天証券オリックス証券は今回は行わないようです。

  キャンペーン内容  条件(期間中に~)  期間 
フィデリティ証券 手数料全額キャッシュバック
(キャッシュバック金額上限50万円)
投資信託の購入  ~8/29 
  ファンド購入金額の1%キャッシュバック
(キャッシュバック金額上限2万円) 
新規口座開設
+合計50万円以上ファンド購入
~8/29 
マネックス証券 手数料全額キャッシュバック  投資信託10万円以上の購入  ~7/25 
リテラクレア証券 手数料全額キャッシュバック  対象のファンド14本を購入 ~9/30
ネットウイング証券 手数料全額キャッシュバック  対象のファンド13本を購入  ~7/31 

フィデリティ証券は、昨年に続いて手数料全額キャッシュバックキャンペーンを行っています。

さらに、口座開設キャンペーン一覧にも書きましたが、新規口座開設+ファンド50万円以上購入で、キャンペーン期間中のファンド購入金額の1%キャッシュバック(上限2万円)も行っています。キャンペーン期間中にファンドを売った場合はその分マイナスされます。積立購入分は対象外です。
最低50万円と有る程度の資金が必要になりますが、新規口座開設の場合は上記のキャンペーンとWになるようです。MRFやETF以外の全てのファンドが対象で、ノーロードファンドでも1%のキャッシュバックとは太っ腹だと思います。

私は1%がキャッシュバックされるこの機会に、口座開設しようかと検討中です。ノーロードで信託報酬が低めな住信STAMシリーズの取扱いも有りますし、せっかく手数料全額キャッシュバックをやっているので、中央三井インデックスシリーズや新興諸国株のファンドを購入しても良いかなと(他の証券会社で保有している分も一部売却して)。MRFは残念ながら対象外ですが、値動きの小さい日本債券型のファンドでも1%キャッシュバックされます。

一昨年までは手数料全額キャシュバック、そして去年は手数料半額キャッシュバックだったマネックス証券ですが、今年の夏は全額キャッシュバックです!マネックスでノーロード以外で買いたいファンドが有る人にとっては、毎度ありがたいキャンペーンだと思います。

リテラクレア証券ネットウイング証券では、対象のファンドのみ手数料全額キャシュバックのキャンペーンを行っています。
HSBCのBRICsシリーズなど、購入手数料が高めのファンドを購入する人には良いと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング