FC2ブログ

ミニ株を買いたいvol.2 

前回のつづきです。
前回のブログを書いた後、ミニ株に関するサイトいくつかを覗いてみてみました。大きく儲けるのは難しいだろうけれども、物は試しで一度ミニ株をやってみる事にしました。

でミニ株をする証券会社選びです。
アイザワ証券うつみ屋証券ジェット証券大和証券野村證券マネックス証券丸八証券リテラクレア証券SMBCフレンド証券なんかがミニ株を扱っています。

チェックポイント1、手数料率が1%以下
前回、0.735%が手数料の相場みたいだと書きましたが、証券会社によっては、1%以上の手数料がかかる所も有るようです。手数料1%以上の所はここで脱落です。残るはアイザワ証券、ジェット証券、マネックスビーンズ証券、丸八証券、リテラクレア証券、SMBCフレンド証券です。ジェット証券が銘柄数は少ないですが一律525円と安いです。丸八証券は最低が1050円からとやや高めですが、0.525%です。一度に約14万3000円以上買う場合は、最低735円0.735%よりもお得になります。SMBCが正直いまいち分かりません。按分だったらいくらなんでも手数料安すぎですよね。

チェックポイント2、Money Lookに対応している
正直5つも証券口座を持つとなると、さすがに多いとゆうかパスワードとか混乱しそうです。Money Look対応しているとゆうのを条件にします。
残るのは、ジェット証券、マネックスビーンズ証券、リテラクレア証券と一機に3つに絞られました。

チェックポイント3、個別チェック。
ジェット証券について説明を良く読むと、「ミニ株の新規受付は終了しました」って書いてあるじゃん。よく読めよ!俺。
よってマネックスビーン証券(以下マネと略)とリテラクレア証券(以下リテと略)の一騎打ちです。
ミニ株手数料率は同じ0.735%だが、マネが735円~、リテが945円~。とマネがややリード
ミニ株取扱い銘柄はマネが約300(将来的には2000程度に増加予定)、リテが約2400と、リテの勝ち。
一応、普通の株をみてみるとマネが手数料1件1050円~なのに対し、リテが1日30万円までが399円、50万円までが525円とイートレード証券と同等かそれ以上の安さです。しかし、マネは逆指値やW指値など特徴的な売買方法を持っています。
株以外の取扱い商品を見てみると、どちらも同じような感じ。
とリテがここまでは優勢。 が、
マネは今、口座を作ってクリスマスまでに3万円以上入金すると3000円キャッシュバックのキャンペーン中
結局、この3000円の誘惑に負けて、マネックスビーンズ証券に口座を作る事にしました。取扱い銘柄の少なさに関しては、とりあえず買おうかなと候補にあげている銘柄は扱ってるから良しとする。普通株の手数料に関しては、丸三イートレードが有るから良しとします。

ずいぶん長々と書いてしまいましたが、結局伝えたかったのは、マネがいいよって話しではなくて、こうゆうふうに考えて証券会社を選んでみたよとゆう事。もちろん人によって優先順位は違うので、出てくる答えは違うと思います。多少手数料が高くても、今すでに持っている口座でミニ株を扱っているのなら、そこで取引するのもいいと思います。
これから株をはじめたいけど予算が少なめなので、ミニ株を中心に買おう。でも安い単位株も買いたいって人にとっては、リテラクレア証券の料金体系はすごくいいと思います。一番かもしれません。


で昨日マネックスビーンズ証券に申し込みをしたのですが、申し込んだ後に、そのキャンペーンのページからの申し込みじゃないと3000円もらえないとゆう事が判明…。
結局今日また申し込みし直しました。申込書が2通送られてくる事になります。マネックスさんごめんなさい。
別のキャンペーンで「真鍋かをりのココだけの話」(1365円)とゆう本のプレゼントもやってます。真鍋かをりファンは必見ですね♪   ん?
んん??例え真鍋ファンであっても、現金3000円もらってそこから本を買いますよね。こっちのキャンペーンの応募者って何人位いるんでしょうね。

<ブログ内リンク>初めてのミニ株注文
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

ミニ株を買いたい 

今日アークスを100株売ってしまったので、持ち株はとうとうアークスの100株とドッドウエルの100株だけになってしまいました。
新しく購入する株を物色中なのですが、なかなかピンとくるのがないです。次の購入候補として目をつけていたエイジスは、目をつけている間に2週間で1割位すでに上がってしまって、今さら買ってもなあって感じですし。予算的にあまり高額な銘柄は買えないし。

そこでミニ株です。みにかぶ。
ミニ株とは、まー知ってる人が多いでしょうが、通常の売買単位の10分の1の単位で売買できる株です。例えば株価6700円・単元株数100のホンダの場合、67万円+手数料がないと買えませんが、ミニ株だと10株の6万7千円+手数料からで買うことができます。ミニ株によって予算内での投資可能銘柄が格段に増えるのがメリットです。ヤフー吉野家の様に単元枚数が1の銘柄はミニ株が有りません。

普通の株と比べて劣る点をあげると、
1、手数料が高い。証券会社によって若干違いますが0.735%で最低735円からってのが相場のようです。10万円以下の売買なら735円、20万円の売買なら1470円です。普通の株で20万円ならイートレード
だと手数料472円です。売る際も同じ手数料がかかります。
ちなみにミニ株を買い増していって、単元枚数になったら普通の株として売る事ができます。
上のホンダの例で見てみると、イートレードで普通に100株買った場合は、6720円以上に上がればトータルでプラスになります。一方ミニ株で20株買った場合、株価6800円になってようやく、トータルでのプラスになります。

2、株主総会に出席できない。株主優待が受けられない。
ミニ株は名義は各証券会社になるので、株主総会での議決権は無く、株主優待ももらえません。配当金は、もらえます。

3、指値注文ができない。
ミニ株は基本的に翌日の始値での成り行き注文になります。なので値動きの激しい銘柄だと少し冒険になるかも。1の手数料の事も合わせて考えると、短期での投資には向きません。

まとめると、単位株を普通に買える場合はそっちを買う方がお得だが、予算的にきびしい時は、ミニ株を買うのもひとつの手。
でミニ株をやりたいのですが、4つも証券会社に口座を持ってるのに、どこもミニ株を扱ってないです…。イートレードにはミニ株に良く似たS株とゆうのがあって、ミニ株が単元の10分の1からなのに対し、S株は1株から買う事ができます。ただし手数料が1.5%最低525円と、ミニ株の約倍です。
ミニ株を扱っている主な証券会社は、アイザワ証券、うつみ屋証券、ジェット証券、大和証券、野村證券、マネックスビーンズ証券、丸八証券、リテラクレア証券、SMBCフレンド証券などです。扱い銘柄数や手数料等が証券会社によって若干違うので、詳しくはオンライン証券一覧をご覧ください。

ブログ内リンク ミニ株を買いたいvol.2
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング