FC2ブログ

アメリカがくしゃみをしたらvol.4 逆転現象 

日本の株価は前営業日のアメリカの株価の影響を強く受けるという話を、以前に書きました。

アメリカがくしゃみをしたら 
アメリカがくしゃみをしたらvol.2 
アメリカがくしゃみをしたらvol.3 

過去の検証ではNYダウよりもNASDAQとの相関が強かったです。
最近の株価を見ていてちょっと気になったので、最近のデータを調べてみました。

  前営業日
NASDAQ
GD・GU ザラ場 日経平均
2008年1月11日 0.56% 0.22% -2.15% -1.93%
2008年1月10日 1.39% -0.36% -1.08% -1.45%
2008年1月9日 -2.36% -1.13% 1.61% 0.49%
2008年1月8日 -0.21% -0.49% 0.69% 0.19%
2008年1月7日 -3.77% -0.97% -0.33% -1.30%
2008年1月4日 -2.77% -0.99% -3.03% -4.03%
2007年12月28日 -1.75% -0.97% -0.68% -1.65%
2007年12月27日 0.40% -0.24% -0.33% -0.57%
2007年12月26日 0.80% 0.39% 0.25% 0.65%
2007年12月25日 1.94% 1.21% 0.73% 1.94%
2007年12月21日 1.53% 0.08% 1.41% 1.50%
※2008/1/4の前営業日NASDAQの数字は2007/12/28~2008/01/03の累計です。

これを見ると、前営業日のアメリカの株価が上がった時に日経平均がGUしたのが6回中4回(66.7%)
前営業日のアメリカの株価が下がった時に日経平均がGDしたのが5回中5回(100%)
合わせると、前営業日のアメリカの株価と日経平均のGD・GUが同じ方向に進んだのは、11回中9回(81.8%)
アメリカが上がってもGUするとは限らないが、アメリカが下がるとGD。ちょっと情けないです。
まぁそれは置いといて、日経平均の始値においてNASDAQなどアメリカの株価が与える影響は依然大きいようです。

しかし、ザラ場の値動きはそうでもないようです。
前営業日のアメリカの株価が上がった時に日経平均が上昇したのは、6回中3回(50%)
前営業日のアメリカの株価が下がった時に日経平均が下落したのは、5回中3回(60%)
合わせると、前営業日のアメリカの株価と日経平均が同じ方向に進んだのは11回中6回(54.5%)
さらに今年になってからに限ると、6回中2回(33.3%)と相関はあまりないようです。

逆にその日の日経平均を受けて、NASDAQの株価がどうなったかを見てみると

  日経平均 NASDAQ
2008年1月11日 -1.93% -1.95%
2008年1月10日 -1.45% 0.56%
2008年1月9日 0.49% 1.39%
2008年1月8日 0.19% -2.36%
2008年1月7日 -1.30% -0.21%
2008年1月4日 -4.03% -3.77%
2007年12月28日 -1.65% -0.09%
2007年12月27日 -0.57% -1.75%
2007年12月26日 0.65% 0.40%
2007年12月25日 1.94% 0.80%
2007年12月21日 1.50% 1.94%

日経平均が上昇した日にアメリカの株価も上昇したのは、5回中4回(80%)
日経平均が下落した日にアメリカの株価も下落したのは、6回中5回(83.3%)
合わせると、その日の日経平均とアメリカの株価が同じ方向に進んだのは11回中9回(81.8%)
相関関係が高そうです。

結論
アメリカの株価は日本の株価に左右される。
日本がくしゃみをすればアメリカもくしゃみをする。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

世界の株価指数で見る、世界同時株安 

2月27日突如起こった世界同時株安。ここのところは落ち着きを取り戻したようです。
この世界同時株安、世界のいろいろな株価指数でどの位株価が下がり、現在どこまで回復したのか?
気になったので調べてみました。

まずは日本の日経平均。2月26日高値18300→3月5日安値16533(-9.7%)→3月23日17535(-4.2%)
TOPIXは、2月27日高値1823.9→3月5日安値1656.7(-9.2%)→3月23日1745.6(-4.3%)
日経平均・TOPIX共に1週間で10%近く下落した後、現在半値戻しの状態です。

では日本の新興市場はというと?
JASDAQ指数は、2月26日高値92.43→3月19日安値83.40(-9.8%)→3月22日85.71(-7.3%)
マザーズ指数は、2月26日高値1197→3月5日安値987(-17.5%)→3月22日1045(-12.7%)
ヘラクレス指数は、2月26日高値1925→3月19日安値1627(-15.5%)→3月22日1691(-12.2%)

JASDAQ指数は落ち幅は日経平均等と同じ位ですが、3月19日に3月5日以上の安値をつけ、戻りが遅い状態です。
マザーズ指数にいたっては、1週間で17.5%もの暴落です。安値から3割程度戻してますが、それでも1ヶ月前より10%以上下がったままです。
新興市場は今回の同時株安の原因と言われた、円キャリートレードの巻き戻し懸念それによる円高懸念、アメリカの景気の行方、なんかでは業績左右される銘柄少ないと思うのですが。結果は日経平均やTOPIX以上に下落しました。やはり新興市場は一度値が動いたらそちらの方向へ進むスピードが早いようです。

今回の世界同時株安のきっかけと言われた上海A株はどうだったんでしょう?
2月26日高値3193→2月27日安値2911(-8.8%)→3月23日3230(+1.2%)
わずか1日で8%以上の急落!しかし上海A株はここが底でした。現在は急落前の株価よりも上がってます。。あくまできっかけだったって事ですね。

上海A株は中国人向けの市場ですが、
外国人向けの上海B株は、2月26日高値188.9→3月5日安値161.4(-14.6%)→3月23日178.0(-5.8%)
香港は、2月22日高値20809→3月5日安値18665(-10.3%)→3月23日19693(-5.4%)
比較的、日本と同じ様な動きです。こちらは急落前の株価までは戻せてません。

今回の世界同時株安の真の震源地といわれるアメリカは?
NYダウは、2月20日高値12796→3月14日安値11940(-6.7%)→3月23日12511(-2.2%)
S&P500は、2月20日高値1460→3月5日安値1374(-5.9%)→3月23日1436(-1.6%)
NASDAQは2月22日高値2531→3月14日安値2332(-11.8%)→3月23日2460(-2.8%)
サブプライムローンがどうだとか、景気減速懸念だとか言いながら、NYダウやSP500は日本よりも下がってません。
NASDAQは日本の新興市場とは違いマイクロソフトやデルなどの大企業も入ってますが、それでもやはり株価はダウやSP500よりも大きく動くようです。
どの指数も安値からは3分の2以上戻してます。
「アメリカがくしゃみをしたら日本が風邪とひく」とは言いますが、アメリカ以上に下げて戻りも遅い日本。。まあ、日本の場合は円高懸念というのも株価の上昇を抑える要素になってるんでしょうけど。

ヨーロッパ各国の株価指数はどうだったんでしょう?
ドイツDAX、2月26日高値7028→3月14日安値6448(-8.3%)→3月23日6899(-1.8%)
イギリスFT100、2月19日高値6444→3月14日安値6001(-6.9%)→3月23日6339(-1.6%)
フランスCAC40は、2月末高値約5750→3月14安値約5300(-7.8%)→3月23日約5640(-1.9%)
(※CAC40はゴールデンチャートに入ってなかったのでフランスのヤフーファイナンスでみた大体の数字)
どの指数も比較的同じ様な形のチャート、下げ幅です。
安値からは4分の3ぐらい既に戻してます。
この1ヶ月間、ヨーロッパの株価はアメリカの株価や日本をはじめとするアジアの株価などに反応して、上下してた印象があります。
逆に言うとヨーロッパ自体の懸念ではなかったので、戻りも早かったのかもしれません。

中国以外のBrics各国は?
インドSENSEXは、2月8日高値14652→3月5日安値12415(-15.3%)→3月22日13308(-9.2%)
世界同時株安前の2月は、世界的に株価が上昇していた国が多いのですがインドは、2月8日を高値に一足早く下落していました。
2月27日前後の株価は14400位だったので、ここから見ると→(-13.8%)→(-7.7%)
ブラジルは2月22日高値46452→3月5日安値41179(-11.4%)→3月21日45630(-1.8%)
ロシアは2月26日高値1971→3月5日安値1738(-11.8%)→3月23日1914(-2.9%)
Brics諸国は4カ国とも3月5日が安値で10%以上の下落でした。

株価ではないですが、為替のチャートも見てみると、
米ドル/円は2月22日高値121.63→3月5日安値115.15(-5.3%)→3月23日118.06(-2.9%)
ユーロ/円は、2月23日高値159.63→3月6日安値150.72(-5.6%)→3月23日156.85(-1.7%)
NZドル/円は、2月27日高値85.77→3月6日安値77.38(-9.8%)→3月23日84.00(-2.1%)
スイスフラン/円は2月26日高値98.30→3月5日安値94.26(-4.1%)→3月23日96.81(-1.5%)
3月5日・6日を底値に反転してます。
またNZドルなどの高金利通貨の下落幅が大きく、あまり金利が高くないスイスフランの下落幅が比較的小さかったです。

まとめ
2月28日前後に急落し、3月5日前後と3月14日前後のダブルボトムになった国が多かったです。アメリカやヨーロッパ・日本などは典型的なダブルボトム型のチャートになってます。
一方、Brics諸国は3月5日まで大きく下がり、3月14日にはそれ程下がりませんでした。円から見た為替も2月27日から3月6日位にかけて大きく下げてますが、その後だいぶ戻しています。
今回の世界同時株安は、2月27日に上海A株が急落した事がきっかけに始まった3月5日前後までの円キャリー取引の巻き戻し・リスクマネーの収縮懸念といった前半と、サブプライムローン問題が引き金になったアメリカの景気減速懸念の後半の2つに分けられそうです。NZドル/米ドルの為替チャートを見ると分かりやすく、3月5日ぐらいを境に反転してます。

アメリカやヨーロッパといった国は6~8%程度の比較的値下がり幅が小さい落ち着いた動き。日本の東証1部は9~10%。Bricsや日本の新興市場・アメリカのNASDAQなどは10%越えの下落でした。
ちなみに円建てベースで見ると、今回は円高も同時に進行した為、アメリカやヨーロッパ株の落ち込みは日経平均よりも大きかったです。
Bricsはここ何年か10%以上の上昇でしたし、日本の新興市場は2005年なんかは5割以上の上昇でした。新興国の市場や、先進国の新興市場は、値動きが大きく上昇を期待できる半面、世界同時株安などの局面など下がる場合も大きく反応する傾向があるようです。

今回の世界同時株安のきっかけと言われた上海A株だけが、2月27日を底に3月5日も3月14日もそれほど下がらず、ついにはいち早く急落前の株価に戻りました。Going my wayな中国人。
一方世界同時株安と言われたこの間に大きく下げ戻りが遅いのは日本の新興市場。

(念のため注:中国の株価がどんどん騰がっていくのがいい事だと言ってるわけではありません)

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

アメリカがくしゃみをしたらvol.3 

今日は、アメリカと日本の株価の関係を調べる「アメリカがくしゃみをしたら」の第三弾です。
今回は日米共に暴落となった、G.W.明けの5/8~5/19の10営業日のデータを調べてみました。

I、NASDAQと日経平均の関係。
まずは前回前々回も調べた、前営業日のNASDAQ指数の上下(1)と日経平均の上下(6)の関係です。

NASDAQは10日間中2日上昇、その翌営業日の日経平均は上昇1回、下落1回。 (連動率50%)
NASDAQが下げた8日間の翌営業日は、日経平均は上昇2回、下落6回。(連動率75%)

NASDAQは8日続落とさえません。さすがに日本の日経平均は17日、19日は反発しましたが、他の6日間は下落につき合わされた感じです。
ちなみに、前回、前々回とNYダウではなくNASDAQとの関係を書いてますが、これはNYダウよりもNASDAQの方が連動率が高かったからです。
せっかくなんで、今回は前営業日のNYダウの上下(2)と日経平均の上下(6)の関係も調べてみました。

NYダウは10日間中4日上昇、その翌営業日の日経平均は上昇1回、下落3回。 (連動率25%)
NYダウが下げた6日間の翌営業日は、日経平均は上昇2回、下落4回。(連動率66%)

とやはり今回もNASDAQよりは連動率が低いです。ただし、NYダウが関係ないって事は決してないと思います。

Ⅱ、寄付前外国証券注文状況と日経平均の関係
寄付前外国証券注文状況(3)と日経平均の関係を調べてみました。

寄付前外国証券注文状況は10日間中3日買い越し、その日の日経平均は上昇1回、下落2回。 (連動率33%)
売り越しだった7日間の、日経平均は上昇2回、下落5回。(連動率71%)

トータルでは連動率60%となっています。サンプルが10日で連動率60%ってのは少し微妙ですね。5月11日より7営業日連続の売り越しとちょっと最近極端なので、相関関係も低くなってると思います。売り越しが続いてる理由は、アメリカの投資機関が決済売りをしやすい時期である事と、円高が進んだのでドルベースで見た時の日経平均はそんなに下がってない事、アメリカが下げたので日本も下がるだろうと考える人が多い、などでしょう。おそらく。

Ⅲ、シカゴ日経平均先物と日経平均の関係
日経平均先物について勉強したので、今回はシカゴ日経平均先物大証日経平均先物より上がったか下がったか(4)と翌営業日の日経平均(6)の関係を調べてみました。

シカゴ日経平均先物が大証日経平均先物よりも上昇したのは10日間中4日、その翌営業日の日経平均は上昇2回、下落2回。 (連動率50%)
シカゴが大証よりも下げた6日間の翌営業日は、日経平均は上昇1回、下落5回。(連動率83%)

また、今回はシカゴ日経平均の大証比の上下(4)と翌営業の日経平均の始値が前日の終値よりも上がった[GU]か下がった[GD]か(5)も調べてみました。

シカゴ日経平均先物が大証日経平均先物よりも上昇したのは10日間中4日、その翌営業日の日経平均はGU3回、GD1回。 (連動率75%)
シカゴが大証よりも下げた6日間の翌営業日は、日経平均はGU1回、GD5回。(連動率83%)

日経平均の始値が、シカゴ日経平均先物にさや寄せする形で始まってるのが、見てとれます。
これは連動率高いですね。

  1.NASDAQ  2.NYダウ 3.寄付前
外国証券注文
4.CME対大証比 5.日経前日終値
→始値 
6.日経終値前日比 
5/8   +   +  +   +  +  +
5/9    +  -  +  -  -  -
5/10    -    +   +   +  -  -
5/11   -  +   -  -  -  -
5/12   -  -  -  -  -  -
5/15   -  -  -  -  -  -
5/16  -  +   -  +  +  -
5/17  -  -  -  +  +  +
5/18  -  -  -  -  -  -
5/19  -  -  -  -  -

 +

1.前営業日のNASDAQの上下。2.前営業日のNYダウの上下。3.寄付前外国証券注文状況(買い越しが+で売り越しが-。4.シカゴ日経平均先物が大証日経平均先物と比べて上がったか、下がったか。5.日経平均の始値が前営業日の終値と比べて上がったか下がったか。6.日経平均が前日よりも上がったか下がったか。

このように、アメリカと日本の株価(特に始値)は切っても切れない関係です。
私は寄付き前に、[マーケットクリップ本日の注目点]でNASDAQ・NYダウとシカゴ日経平均の動きを、[トレーダーズウェブ]で寄付前外国証券注文状況マーケットの話題を読むようにしてます。どっちもだいたい8時20分には更新されてます。
それから最近相互リンクしました[デイトレモーニング30]では寄付き前に、NYダウ・NASDAQ ・日経225期近(CME)・NY円・原油 期近(WTI) ・外国証券寄付前成行注文 ・各市場の騰落レシオをUPされています。これは便利そうです!

おすすめ関連リンク
米国株と日本株の前日比 [ちィきんトレーダ損切日記]
「シカゴ日経前日大阪比と日経前日比」「シカゴ日経前日大阪比と寄付外人売り買い越し」「ナスダック前日比と寄付外人売り買い越し」の3つの相関グラフが掲載されてます。
(書かなくても分かると思いますが)右上から左下の対角線上に点が多いと連動率が高いです。
どのグラフも正の相関が強いですね。特に大きく動いた時(中心から遠い時)の連動性が高いです。やはりこれらは密接に関係してますね。
私は10日間のデータを取るだけでも結構大変だったのに、こちらは1ヶ月以上のデータです。Good job!

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

アメリカがくしゃみをしたらvol.2 

昨年の12月8日にアメリカのNASDAQ指数と日本の日経平均の関連性を調べたアメリカがくしゃみをしたらとゆう記事を書きました。

最近の軟調な相場では、どう影響しているのか?再び直近の10日間、アメリカの2月7日~2月21日(日本の2月8日~2月22日)で調べてみました。

NASDAQは10日間中5日上昇、その翌日の日経平均は上昇2回、下落3回。
NASDAQが下げた5日の翌日は、日経平均は上昇1回、下落4回。

ここ10日間では、連動率が10回中6回で60%です。NASDAQが下げた翌営業日に日経平均が下がる率は80%です。
ひらたく言ってしまうと、ここ最近はNASDAQが上がっても日経平均が上がるかどうかは分からないけど、NASDAQが下げたら日経平均もつられて下がると。

また昨年一貫して買い越しが多かった外国人投資家が、売り越しが多くなっている事も、最近の日経平均の値下がりの要因の一つと言われてます。外国人投資家の動きの目安として、寄付前外国証券注文状況がよく使われます。この数値はアナリストレポートや[素人投資家の挑戦]や[猿でもできる株式投資法]等でよく取り上げられるので、私も気にして見るようになりました。

この外国証券注文状況は、2月8日から2月20まで連続で売り越しが続いていましたが、昨日・今日は買い越しに転じました。ちょっと明るい兆しですね。

明日の株価がどうなるかも、今晩のニューヨークの株価と明日の寄付前外国証券注文動向に左右されそうです。どちらもプラスなら日経平均も上がる、どちらもマイナスなら日経平均は下がる可能性が高くなると思われます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング
FC2 Management